毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 天使のささやきの日〜ベルリン・天使の詩(87・西独、仏)

<<   作成日時 : 2005/02/17 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2月17日は「天使のささやきの日」だそうです。
北海道幌加内町の「天使の囁きを聴く会」が1994(平成6)年に制定。
天使の囁きとは、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストのことだとか。

というわけで、今日の映画は「ベルリン 天使の詩」です。
ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヴィム・ヴェンダース監督作品。
めちゃめちゃ感動した映画です。
劇場公開当時は評判が評判を呼び、ものすごくたくさんの人が映画館に詰めかけて
大阪でさえ小さな劇場では人が入りきらず、急きょ大劇場での上映になったくらいです。
私もミニシアター映画を見に来たつもりが、大スクリーンでの鑑賞になって
すごく違和感覚えた記憶が(笑)

ところが今となっては、感想サイトなんかを見てみると「難解」「眠い」「つまらん」
という意見のオンパレード。
いつの間にやら、分かりやすい映画しか受け入れられない時代になってしまったのかな。
いやいやこの映画、決してそんなに難しくはないですよ。

ただ、とても詩的な映画なのです。
詩って、ストレートには理解しにくいものですよね。
でも、感動はちゃんと伝わってくるでしょう?

ストーリーだってちゃんとあります。
人間の女性に恋をして、永遠の命を捨てて人間になろうとする
天使ダミエルの物語です。

すごく好きなシーンがあります。
人間になったばかりのダミエルが、寒い寒いベルリンの町でコーヒースタンドを見つけます。
無一文の彼が「コーヒーいいだろうな」とつぶやくと、通りがかりの男がひょいと小銭を渡してくれて。
そのお金でコーヒーを買ったダミエルは、それはうれしそうに暖かそうに、コーヒーを手にします。
「人間っていいなあ」
そんなダミエルの気持ちが、見ているこちらにも伝わってくるシーンです。

それ以来、もともと好きだったコーヒーがますます大好きになってしまい。
暖かいカップを手にするたび、しみじみ「いいなあ」って思ってしまうんです。
映画見るときはいつも必ずコーヒー飲んでます(笑)

この映画には、他にもたくさんの驚きと発見がつまっています。
ピーター・フォークって実は…そうだったんだ! とか。
もしかしたらあなたの恋人も、あなたに恋して天使をやめたのかもしれないよ。

ブルーノ・ガンツが演じた天使は、とても新鮮でした。
天使が黒いコートのオジサンっていうのも意外だったし(笑)。
そんな天使ダミエルが、他の映画にも登場するのを知っていますか?
「春にして君を想う」というアイスランドの映画。
見てびっくり、そして嬉しかったですよ。出張天使だー。


「シティ・オブ・エンジェル」はいまだに見ていません。
だって、ベルリン天使の世界観を決して変えたくはないから。
それほど私の心の中では大切な映画になっちゃってます。

★この映画は、公式映画検定「見るべき100本」に指定されています★
映画検定公式テキストブック映画検定公式テキストブック
キネマ旬報映画総合研究所

by G-Tools


★↓記事が面白かったら、クリックしてください↓★
人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

>ピーター・フォークって実は…そうだったんだ! とか。
>もしかしたらあなたの恋人も、あなたに恋して天使をやめたのかもしれないよ。
ええ、ええ(とうなずく)。ほんと、そうですね。
なんか、そう思うとじーんとしてきました・・・。
higansugimade
2005/02/17 19:13
ぴむさま、こんばんは。(^^♪
う〜ん、この作品。わたくしにとっても大切な宝物のようなものです。
ぴむさまは大阪でご覧になったんですね。わたくしは名古屋。
とっても空いてました。(笑)
ダイアモンドダストが天使の囁きって、なんだかぴったりですね。
きらきらきら〜♪ ガンツさんはちょっとだみ声の天使ですけど・・・^^
ChaCha
2005/02/17 23:21
コメントありがとうございます。
この映画を愛する人は、みんな元天使なんじゃないでしょうか!?
きっとそうに違いない♪
higansugimade さんも、ChaCha さんも。

天使がそばにきて囁くと、苦しんでいる人間の心がちょっとだけ軽くなる、
みたいなシーンなかったでしたっけ。
悲しんでいる人にどう接していいかわからないことがあるけど、
何も言わないでもそばにいて共感してあげるだけでいいんだなって
感想書きながらまた新たに学んだことでした。
やっぱり、いい映画ですねえ。
ぴむ
2005/02/18 00:02
今夜はかなりディープなブログの旅に出ています(笑)
この映画は、コメント残さずにはいられません。3回は見たと思いますよ。もう私にとっては大切な映画です。ほんといいシーンがたくさんあるんですよね。
それに比べて「シティ・オブ・エンジェル」はあかんわーなんじゃーあれは〜思わず暴れそうに・・(-_-メ)
kotan
2008/03/21 21:04
わあ、こんな深海!?まできていただいて、ありがとうございます!

ほんとこの映画はいいですよね。
人生観変わりそうなくらいの感動がありました。だから「シティ・オブ・エンジェル」は怖くて観ていません・・・。
「ベルリン天使」のほうは、私も映画館で2回とビデオでも観たし、やっぱり3回は見てると思います。勢いで続編の「時の翼に乗って」も見ましたが、こちらはちょっとガッカリでした。
ぴむ
2008/03/21 22:31
>「時の翼に乗って」も見ました
私も勢いに乗って、観ましたよ。
FAR AWAY,SO CLOSE! ちょっと失速してしまいましたが、ナスターシャ・キンスキーが出ていたのと音楽がよかったのでいいかなー
でもサントラCD誰かに貸したきりで手元にないよ。(-.-)
kotan
2008/03/22 00:05
続編は、まったく違ったタッチの作品になっていましたよね。1作目はとっても詩的だったのに、2作目は小説風。
音楽は、ラストの曲とか私も今でもなんとなく覚えてます。kotanさんのサントラは、今どこにいるんでしょうね?
ぴむ
2008/03/24 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
天使のささやきの日〜ベルリン・天使の詩(87・西独、仏) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる