毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫の日〜ベティ・ブルー 愛と激情の日々(86・仏)

<<   作成日時 : 2005/02/22 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 5

2月22日は「猫の日」。
「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」という猫の鳴き声の語呂合わせということで、
1987年に制定されたのだそうです。なんだかかわいいですね。

今日は「ベティ・ブルー」について書きます。
ラストシーンに猫が出てきます。

映画との出会い

と言っておきながら、いきなり違う映画の話で恐縮ですが、
リュック・ベッソンの出世作「サブウェイ」を見た私は、
ローラースケート野郎の役をやっていたお兄さんに一目惚れ。
無名の俳優さんだけど、またいつかお眼にかかれないかしら、なんて思っていてしばらく後。
旅行に行ったロンドンで、小さな映画館の前を通りかかったとき、
私は見逃さなかった! あのお兄さんのスチール写真が貼ってあるのを。 
それが「ベティ・ブルー」初回公開版のワンシーンでした。
私が同行の友達を無理やり引っ張って、映画館に駆け込んだことはいうまでもありません。

そんなわけで、この映画の何たるかをまったく知らずに白紙の状態で見ました。
しかも場所はロンドン、問題のボカシもありませんでした。
幸せな出会いでありました。いろんな意味で!?

リアルな恋愛映画

この映画、恋愛映画としてはベストです。私の中で。
これを見てしまったら、他のあらゆる恋物語が、ただの作り話にしか思えない。
ベティ(ベアトリス・ダル)とゾルグ(ジャン・ユーグ・アングラード)の恋愛が、
あまりにもリアルだから。

ちょっと待ってよ、ものすごくショッキングで痛々しいこのストーリーのどこが
リアルなの!? って言われそうな気もしますが、
そうじゃなくて、恋人としての二人の描き方がリアルだと思うんですよ。
つまり、「愛」と「性」を切り離せないものとして、真面目にリアルに描けている映画って、
あまりないと思いませんか。
映画ってラブシーンとなるといかにも、はい、これからはサービスカットですよー
なんて、とってつけたような雰囲気になりがちじゃないですか。
逆に性描写をやたら強調して、アダルト向け映画の雰囲気になってしまったり。

この映画は真面目です。性も真っ向から描いています。
それがリアルだと思うんです。

たとえば、冒頭からいきなり激しいセックスシーン。面食らった人も多いと思いますが、
でも、恋人同士ならふつーにやることですよね?
それにこんな風に、セックスから始まる愛もあってもいいのかもしれない。

白い猫

二人の激しい愛は、やがて悲しい結末を迎えます。
ベティを自らの手で苦しみから解放してやったゾルグは、
自室に戻って静かに小説を書き始めます。
窓から白い猫が入ってきて、ゾルグにそっと寄り添うと、どこからともなくベティの声が聞こえてくる。
まるで、ベティが猫に生まれ変わったかのように。
思えばベティは、まさに猫のような女性でしたね。

静かで美しいラストシーンは、二人がやっと安らかな境地に達することができたような、
ハッピーエンドのような気さえしてくるのです。
おかげで、私の鑑賞後の気持ちはそんなに重くなかったですよ。

現在は無修正完全版が「ベティ・ブルー インテグラル」としてDVD化されてます。

人気blogランキングへ
ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版
ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2008-09-24


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
猫の日
2月22日を猫の鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」ともじって決められた日で、猫の日制定委員会が1987年(昭和62年)に制定した。猫は、肉食目ネコ科のほ乳類。漢字の「猫」と言う字は、猫は苗を荒らす鼠を捕まえて苗の害をなくす獣と言う意味があるそうです。(http://www.elrosa.com/tisen/60/60972.html 雑学の泉(猫)) 猫ふんじゃった、歌詞が2番まであったんですね、結構、残酷?な詩ですが・・・、なぜかこれだけピアノが弾けるんです(笑)。 ...続きを見る
徒然なる記念日@WebryBlog
2005/02/25 08:06
『ベティ・ブルー インテグラル』
世の中には、自分がどれほど愛されているかを確かめたいがために、恋人に無理難題を要 ...続きを見る
Albrecht's Alternati...
2005/02/28 07:30
猫の日記念!
今日は2月22日!ご存知、猫の日! ...続きを見る
ネオ・ビジョンかわら板
2005/03/10 02:11
ベティ・ブルー [インテグラル]
Amazonより、以下あらすじ ゾルグはペンキ塗りや配管工をしながら生計を立てていた。ある日彼はベティと出会い、その晩から二人は激しくお互いを求めあう。 ゾルグが書きためていた小説を読んだベティは、彼を小説家にしようとする。 あまりに激しい愛に自ら傷ついてゆく19歳のベティと、彼女のすべてを愛し、受け入れようとする35歳のゾルグ。激しい2人の愛は、やがて安息の地を求めて…。 ...続きを見る
Kaleidoscope
2005/10/15 10:01
[映画] ベティの愛を受け止められるゾルグの想いは
すげぇ〜の一言だと思うぞ。 Read more... ...続きを見る
ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブロ...
2006/02/27 16:24
ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版
初めて観たのはもう10数年も前か。そのときは確かすごい衝撃を受けて,涙さえ出ず,再見したいとは思わなかったこのベティ・ブルーをつい先日レンタルショップで観て懐かしさのあまり,借りてしまった。いつのまにか「リニューアル完全版」になっていて3時間余りもの長さになっていたから最後まで鑑賞できるか不安だった ...続きを見る
虎猫の気まぐれシネマ日記
2007/10/14 01:13
『ベティ・ブルー インテグラル完全版』この映画を見て!
第198回『ベティ・ブルー インテグラル完全版』  今回紹介する作品は純度100%の恋愛映画『ベティ・ブルー』です。本作品は『ディーバ』で鮮烈なデビューを放ったジャン=ジャック・ベネックスが脚本も兼任して製作した力作で、情熱的な女と作家を目ざす男の鮮烈な愛を描いています。公開当時は切ないストーリリーと美しい映像、そして ...続きを見る
オン・ザ・ブリッジ
2008/02/03 18:32
ベティ・ブルー/インテグラル 完全版
海辺のバンガローで静かに暮らすゾルグは、ある日ベティと出会い愛し合うようになるが…。 ...続きを見る
映画感想
2008/10/04 03:16

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、ぴむさん
TBありがとうございました
記念日って調べてみると歴史が見えて結構楽しいですね
それに映画を結び付けるとは素晴らしい
これからも楽しみにしています!
gykan
2005/02/25 08:04
> 現在は無修正完全版が「ベティ・ブルー インテグラル」としてDVD化されてます。

『インテグラル』は3時間もありましたよ〜。
最近は1時間半映画ばっかりだから長かった〜(笑)。
albrecht
2005/02/28 07:34
さすがに3時間は長いですよね。
実は主演のアングラードも「自分は2時間の映画を想定して演技しているので、
2時間版がベストだと思う」って言っているのですよ。
ファンにはインテグラル見逃せないのですが、初めてみる人は「愛と激情の日々」バージョンでもいいような気もします。
ぴむ
2005/02/28 22:02
はじめまして 拙ブログの記事にTBをいただきありがとうございました。
こちらからもTBを試みましたが,反映されないようで,申し訳ありません。
この「ベティ・ブルー」は,とても刺激の強い,脳天に一撃をくらうような物語でもあるので,そんなに何度も鑑賞できるものではないと思いますが,人生の中で一度は観ておきたい,ラブストーリーの金字塔だと,私的には思っています。
なな
2007/10/06 19:54
ななさん、TBの件ごめんなさい。
わざわざコメントをいただき、ありがとうございます。
ラブストーリーの金字塔、まさに私もそう思ってます!おっしゃるとおりキツイ内容だけど、私はロンドンで1回と、日本公開で1回と、インテグラル日本公開で1回、ビデオで1回と、つごう4回は見てしまいました。それもこれも、アングラードにハマってしまったからなのだわ〜。なんでも彼女の言うこと聞いてくれる彼は、理想の恋人かもね!?
ぴむ
2007/10/08 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫の日〜ベティ・ブルー 愛と激情の日々(86・仏) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる