毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS キネ旬ベストテンにダメ出しじゃあ

<<   作成日時 : 2005/02/06 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

今年度のキネマ旬報ベストテンは、新聞等では既に発表されていましたが、
やっと本誌が手元に届いたので、今日はその感想を書いてみます。

まず日本映画。

1.誰も知らない
2.血と骨
3.下妻物語
4.父と暮らせば
5.隠し剣鬼の爪
6.理由
7.スウィングガールズ
8.ニワトリは裸足だ
9.チルソクの夏
10.透光の樹

日本映画については、ベストテン中2本しか見ていないので、ダメ出しはできましぇん…(汗)
「誰も知らない」と「下妻物語」のみ。
(「血と骨」は、やっと原作読み終わった頃には映画が終わってた…)

「誰も知らない」1位ですか。
確かに私も、よかったか悪かったかと聞かれたら、「よかった」と答えるのですが、
諸手をあげて「好き」とは言えないんです。
話が悲惨すぎるからとかそういうことではなくて、なんか、食い足りない気がするんですよね。
このような悲惨な出来事について、映画の作り手はどう思っているのか、
というのが伝わってこない。たぶん、わざと出さないようにしてるんでしょうけど、
何かを「避けた」ような気がどうしても私はしてしまうんだな。

「下妻物語」は、ブッ飛んだ映画で、文句なく大好きです! 堂々の3位おめでとう!
正しくおバカで元気の出る映画、セカチューだとか今すぐ会いに…なんてのより
よっぽど健全です。もうー、大笑いさせてもらいました。

日本映画は、いっときのことを思ったら、面白い映画が増えてきたと思う。
一昔前だったら、今年は邦画一本も観てない! なんてこともあったもの。
今年も期待。

で、外国映画。ダメ出しいくでぇ〜!!

1.ミスティック・リバー
2.殺人の追憶
3.父帰る
4.オアシス
5.ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
6.オールド・ボーイ
7.モーターサイクル・ダイアリーズ
8.シービスケット
9.春夏秋冬そして春
10.ビッグ・フィッシュ

まず、韓国映画入りすぎ!! プロが選出するベストテンなら、バランスってものも考えんかい!
まあ、アメリカ映画があまりにも不作なもんで、「殺人の追憶」や「オールド・ボーイ」が
入ってくるのは納得できるよ。この2本は非常に面白かった。
「オアシス」は私見てないけど、まあいい映画やったらしいね。
9位の春夏秋冬なんちゃらなんて、私いつやってたのかも知らんわ。
で、いい映画だったんすか? どうもよくわからん。

次に「はぁー!?」なのは、「シービスケット」ですね。
あのこれ、そんなに特筆すべき映画なんですか?
私の感想は、もうー、この手の映画何回見たことかなーって感じで、
まるで名画座でクラシック映画のリバイバルでも見た後のような感覚に教われただけなんですが。
同じゲイリー・ロス監督なら、「カラー・オブ・ハート」のほうが
よっぽどひねりが効いててよかったと思うんだけどねえー。

なんでアメリカ映画「モンスター」が入らないかな。(12位)
ベストテンが韓流に毒されていなければ、絶対入ってた1本だと思いますよ。
シャーリーズ・セロンが思い切った汚れ役演技でアカデミー主演賞を受賞し、話題性も十分。
ストーリーも、すごくよかった。
罪のない人々を金のために次々と惨殺した女性シリアル・キラーが、犯行に到るまでの
過程を描いた作品で、その壮絶な人生は衝撃的でした。
やっぱりね、人を殺すに到るには、それなりの原因や理由があるもんなんですよ。
(だからといって、殺人が許されるというわけではないが)
でも、殺人犯はとりあえず死刑にしとけば国民が納得してる状態、というのを
維持しておきたい日本って国では、この手の映画は全国公開されないのであった。

んーあとは、「ロスト・イン・トランスレーション」(11位)も好きだったし、
「21グラム」もよかったんだけどね。
(しかしスクール・オブ・ロック(15位)が21グラム(18位)より上ってなに!?)

わが愛しの香港映画「インファナル・アフェア2/無間序曲」は12位。
読者選出ベストテンでは9位に入って面目躍如。
だけど「ブラザーフッド」(8位)より下って納得いかないよーん!
「ブラザーフッド」ってね、はっきり言うけどね、ぜんっぜん面白くねぇ!!! 
なんだーこの浪花節、と思ったね。
まー冬ソナが好きな人はこれ見て泣くんでしょうね。

なんか今年はやたら韓国映画がほめられているキネ旬ベストテンですが、
「インファナル・アフェア2」を観てみれば、歴史の長い香港映画のほうが、
エンタテインメントとして洗練され、完成度が高いのは一目瞭然。
韓流に毒されてない評論家諸氏は、正しく評価してくれているけどね。

とまあ、実はまだ観てない映画も多い私なんですが、好き放題書いてみました。
「血と骨」「25時」見なくっちゃ。宿題いっぱいあるな〜。

もっと他の映画記事を読む

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2004年ベスト10確定まであと2本!
2004年映画マイ・ベストテン改訂版のうち、9本までが固まりました。 残り一本は、近々見る二本の作品のどちらかが入るだろうと予想し、 あえて空席にしてあるのです。 &nbsp; その二本のうちの一本目は、おなじみ『誰も知らない』。 子供たちが主人公、かつドキュ ...続きを見る
Swing des Spoutniks
2005/02/28 15:09
2004年映画マイ・ベストテン改定版
去年の良い作品の中ではまだ『オアシス』を見残したままなのですが、明日から月が変わることですし、あえてここで「2004年映画マイ・ベストテン改定版」を決めてしまいます。このランキングでほぼ確定です。まずは番外編2本から。 ...続きを見る
Swing des Spoutniks
2005/02/28 15:10

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TBサンクスでした。

確かに韓国映画4本は入りすぎですよね。
僕も同じく「殺人の追憶」と「オールド・ボーイ」しか見てないんですが、残りの2本もベスト10入りするほどの傑作だったのかどうかは疑問。(「オアシス」のほうは監督が苦手なので回避しました。だって「ペパーミント・キャンディ」が・・・)

このブームは来年も続くのかな〜。
prioscar
2005/02/22 14:10
コメントありがとうございます。
「オアシス」は予告編を見て、このジャンルの話は別に珍しくもないし、
ああまたか、くらいに思ってスルーしてしまいました(笑)
実際見た人の話によると、よく出来た映画みたいなのですが、
好悪の分かれる作風のような気がして、
ベストテンにまで入るというのはちと疑問だったりします。

韓流ブーム、私も最初は面白がってましたがもう飽きた・・・(笑)
ぴむ
2005/02/22 18:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
キネ旬ベストテンにダメ出しじゃあ 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる