毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂糖の日/刑務所の中(02・日)

<<   作成日時 : 2005/03/10 00:23   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

3月10日は「砂糖の日」。

「さ(3)とう(10)」の語呂合わせで、砂糖の優れた栄養価などを見直す日です。


今日の映画は「刑務所の中」。
刑務所の中の囚人は、あま〜いものにとても飢えているんだそうです。
「ああ、洗面器いっぱいの大福が食いてえ」なんてセリフも出てきます。


これは究極のB級グルメ映画だ!

この映画、食べ物に関する描写が非常に多い。
刑務所の中では食欲以外の欲はシャットアウトされているので、囚人たちは
しぜん食欲だけに神経が研ぎすまされてくるようです。

食事は毎食麦飯ですが、実際は「くさい飯」というわけではなさそうだし、
春雨となるとの入ったスープだとか、うま煮だとか、なんだかヘルシーでおいしそうです。
もちろん三食の栄養バランスもきっちりと考えられているので、
シャバの独り者なんかよりもよっぽどよい食生活をしているのに違いありません。

その上、お正月の特別料理、パン食の日、月に一度の映画鑑賞のオヤツ。
どれもこれも、おいしそうなのだ。

その中でも極めつきは、月に何度か巡ってくる「パン食の日」の
「あずきマーガリンのコッペパン」でしょう。
甘味に飢えている囚人たちが待ち焦がれるパン食の日には、
あまーい小倉あずきやカットフルーツがついてくるのです。
コッペパンにたっぷりとマーガリンを塗り、そこへ小倉あずきを挟んで・・・。
マーガリンの塩味とあずきの絶妙なハーモニー!! 
これこそ、囚人が生んだ極上の発明品ではないでしょうかっ!?


低レベルな食へのこだわり(笑)

それから、軽犯罪の囚人が参加できる月に一度の「集会」。
集会といっても映画鑑賞会なのですが、囚人たちの楽しみは映画ではなくて、
そこで出される「おやつ」にあります。
ブルボンの「アルフォート」とコーラ。
アルフォートの袋をあけると、二つに区切られた薄いプラスチックのトレーに6枚ずつ計12枚、
個包装のチョコつきビスケットがきっちりと納まっています。

これを映画を見ながら食べる囚人たちは、一枚食べ終わるごとに、
空の袋をきっちりトレーの仕切りの片側に寄せて、
残りはあと何枚と確認しながら、それはそれは大事そうにアルフォートを食べるのでした。
そうか、アルフォートってこうやって食べるのかーと妙に納得!?

そういう妙なこだわりって食いしん坊なら持ってないですか。
とんがりコーンはとりあえず指にはめてみてから食べるとか、
アポロチョコは、イチゴ部分とチョコ部分に割ってみるとか。
・・・低レベルですまん・・・
しかし、教えられるとちょっとやってみたくなる、そんな低レベルな食へのこだわりこそ、
B級グルメの真骨頂であります。
そういえば、映画の中で、「7:3の麦飯に醤油をかけて食べるとうまいっ」て
山崎努が言ってたなー。これも今度やってみないと・・・。メモメモ。


そんなわけで、ストーリーらしいストーリーもなく淡々と進んでいくこの映画なのに、
B級グルメ好きの私は、この食い物話だけで、どんどん盛りあがってしまうのでした。
「食」に興味のある人は、絶対にこの映画を見逃さないでくださいましー。

思わずアルフォートが食べたくなった人はここをクリック

もっと他の映画記事を読む
刑務所の中 特別版
刑務所の中 特別版 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
この映画、好きです。
お菓子の食べ方ですが、昔、「ひよこ」を頭から食べるか、お尻から食べるか悩みました。結局、頭から食べて、長靴や靴の形にしたりして・・・(^^;。
ぐるんぱ
2005/03/10 01:30
そのとおおり!B級グルメのオンパレードでしたねー!

ちなみに自分は12月前に見て、なんだかお正月が楽しみになってしまい、
たいしたおせち料理ではなかったですが、妙におせちをありがたくいただけちゃいましたね!

B級グルメといえば、ずいぶん前のマンガ「かっこいいスキヤキ」(泉昌之著)はぜひ見て欲しいマンガですね!
ちょっと古い劇画調で、「スキヤキの正しい食べ方」や「駅弁のドラマティックな食べ方」にこだわったマンガです!オススメ!
おかぽん
2005/03/10 01:36
あれ・・どうしてもこの記事のトラバができない。あと猫の日も、ほりえもんにもトラバしようと思ったのだが・・・なぜ?すみません。
おかぽん
2005/03/10 21:58
ぴむさま、みなさま、こんばんは。^^
砂糖の日は「刑務所の中」かぁ・・・ぴむさま鋭すぎ。(笑)
香川照之さんは、上手い役者さんですね。最近とても好きになりました。

わたくし的「B級グルメ」な作品の最高峰は、「お菓子放浪記」というドラマ。
古すぎて、誰も知らないだろうなぁ。(笑)

ぐるさんの「ひよこ」に、激しく反応してしまいました。(笑)
わたくしは「ひよこ」の頭がいまだに食べられません。尻尾だけを割って食べて、頭はくちばしを上にしてまた箱に戻しておきます。
家族に叱られます。わたくしのせいで弟たちは「ひよこ」といえば頭しか食べたことがないくらい。(大笑)
なぜかしら?たいやきは平気なのにね・・・
ChaCha
2005/03/10 22:38
ぐるんぱさん、コメントありがとうございます。
ひよこ…たしかに食べるにはかわいすぎます。
そういえば、鎌倉には「大仏まんじゅう」なる大仏の形をしたのがあるそうで
お店に取材に行ったレポーターが頭から食べるか足からいくか迷ってましたが
頭から大仏にかぶりつくなんて、バチあたりそう…。
インドあたりの人が見たら卒倒しそうですね。
ちなみにビスコは必ずはがしてから食べませんでした?
ぴむ
2005/03/10 22:51
おかぽんさん、いらっしゃいませ!
なんだか面白そうなマンガを教えてくださってありがとう!
とても気になります。今度本屋かブックオフで探してみます!
ぴむ
2005/03/10 22:52
おかぽんさんへ追伸:
そういえば前にも他の方が、トラックバックできないっておっしゃってたことがありました。ウェブリブログのバグなのかもしれません。すみません。
あとでこちらから送ってみますね。
ぴむ
2005/03/10 22:54
ChaChaさん、こんばんは!
香川照之さんは、「迫害されしAB型同盟」というのを作ろうとしているそうで
私もいれてほしいなーと思っているのです。(笑)
メンバーには小林聡美さんもいるそうです。
「お菓子放浪記」は知らなかったです。すごく気になるー。
それにしても、「ひよこ」の頭だけ箱に戻すって…すみません、爆笑してしまいました。食べられないってのはきいたことあるけど、箱に戻す人は初耳です!
ChaCha さん、すばらしいわ…。
私の高校時代の友人で、ちりめんじゃこの目が怖いから頭だけ残すっていう
つわものもいましたけどね・・・だったら食べないほうが楽なんじゃ…。
目だけになったほうがますます怖い。
ぴむ
2005/03/10 22:59
おはようございます!
Cha Chaさんの箱に戻されたひよこの頭といい、ぴむさんのお友達のじゃこの目といい、朝から(爆!でした。いい休日になりそうです(笑)。
あ!ビスコ、もちろん「はがして、すくって」食べました(^^)。
ぐる(ぐるんぱ)
2005/03/12 10:16
Chachaさん経由でおじゃまします。
私の妹がじゃこの頭が食べられませんでした。
「顔がこっち見てるの〜!いや〜!!」って・・・(;一_一)
この妹、「頭」といわず「顔」といって聞きません。
目が合うそうです・・・変な奴です。
ちなみに私、ひよこは躊躇なく頭から食べさせていただきます。
3km
2005/03/12 20:10
ぐるさん、お楽しみいただけて何よりです。。。
ひよこについては、chachaさんが記事に書いてくださいましたね。
いやーおかしいわ。

3kmさん、はじめまして!
じゃこってやっぱり、恐怖を引き起こすものなんですかねー。
私なんかはじゃこ大好きで、小さいタコなど混じっていたりした日には
にんまりしながらぱくっ!といってしまいますが。
しかしハマグリに隠れている小さいカニは、さすがにちょっとキモいので
よけておきます。隠れたつもりが一緒にゆでられるなんて、哀れなカニですよねえ。
ぴむ
2005/03/12 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
砂糖の日/刑務所の中(02・日) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる