毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「キスの日」について

<<   作成日時 : 2005/05/23 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

キスの日」について
今日は「キスの日」だったんですね。
って、のん気に感心している場合ではなく、本当ならいつもの映画記事を
書かねばならんところなのですが、今日はちょっとサボって、印象に残った
キスシーンについて少々書いてごまかしたいと思います!?

それにしても、日本初の映画の中のキスシーンが、GHQの押し付けだったとは、
ちょっと複雑な心境ですねえ。まあそれはさておき。
キッスは民主主義の象徴だったのかあ。

さて私の印象に残ったキスシーンといえば、まず「ブレードランナー」の
ハリソン・フォードとショーン・ヤングのキスシーンが思い浮かびます。
少々強引なキスシーンにシビれてしまったあたり、私もまだまだ青かった!?

最近では、「ロスト・イン・トランスレーション」のラストの
キスシーンも好きでした。二人の最初で最後のキス、ちょっとジーンと
きましたです。

とまあ、キスシーンのない映画を探すほうが難しそうですが、
みなさんは、お気に入りのキスシーンなんてあるのでしょうか。
もしあったら、コメントorトラックバックで教えてもらえたらうれしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
> GHQの押し付けだったとは、
> ちょっと複雑な心境ですねえ。

へぇ〜、GHQはおもしろいことしますねぇ。
人気取り政策みたいなモンでしょうか(笑)。

で、僕のイチオシキスシーンですが、メアリー・スチュアート・マスターソン主演『恋しくて』からです。
幼なじみのことが好きなんだけど、そいつは別の女の子が好き。それじゃあってんで「私がキスの練習台になってあげる」といってキスをする。ふだんは男まさりで気が強いのに、このシーンで見せる「けな気さ」に心打たれます(笑)。
albrecht
2005/05/23 23:54
コメントありがとうございます。
「恋しくて」いいですよねー。
「キスの練習」だなんて、泣かせますよね。
思わずエリック・ストルツをぶん殴りたくもなりますが(笑)。あんなニブイ奴もないもんだわー。
ぴむ
2005/05/24 21:18
> あんなニブイ奴もないもんだわー。
ホントですね!(笑)

ついでに、もう1つおすすめ(?)キスシーン。
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で、ヘドウィグとトミーがキスするシーンです。
あらゆる意味で衝撃的、もはやふつうのキスシーンでは満足できない上級者向けといったところでしょうか(笑)。
albrecht
2005/05/25 21:48
>『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で、ヘドウィグとトミーがキスするシーンです。

わー! この映画も好きですー。
たしかに上級者向け…。でも、切ないといえば切ないですよね
ぴむ
2005/05/26 01:04
>『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
ぴむさんも好きだったんですか!?
僕もこれ好きで・・・てゆうか、レンタルで観て感動して、DVDを買って、さらにサントラも映画版とオリジナルミュージカル版と2つ買ってしまいました(笑)。で、今度、三上博史の舞台版も観にいく予定です。あきれてしまいます(笑)。
albrecht
2005/05/28 01:06
ヘドウィグはもう、音楽も最高でしたよね。
舞台版はどんなんでしょう?
また感想きかせてくださいね。
ぴむ
2005/06/01 22:28
albrechtです。
巷でびみょーに流行ってるらしいミュージカル・バトンというものが僕のところに回ってきたのですが、ぴむさんも参加してみます?
http://albrecht.txt-nifty.com/alternativity/2005/06/1_a973.html
いきなりバトンを渡す前に、意向を伺おうと思いまして。
で、音楽にはこだわりがありそうな方々に聴いてまわってるところです(笑)。
albrecht
2005/06/23 02:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「キスの日」について 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる