毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 東名高速道路開通記念日/L.A.大捜査線 狼たちの街(85・米)

<<   作成日時 : 2005/05/26 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

5月26日は「東名高速道路開通記念日」。

1969(昭和44)年のこの日、東名高速道路、大井松田ICと御殿場IC間が開通し、
東京から愛知県小牧市まで、346キロに及ぶ全線が完成しました。

今日ご紹介するのは、高速道路を逆走するという
ド肝を抜くカーチェイスが圧巻のこの映画です。


B000793DOYL.A.大捜査線/狼たちの街
ウィリアム・L・ピーターセン ウィリアム・フリードキン ウィレム・デフォー ジョン・タートゥーロ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-02-18
売り上げランキング : 6,554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



北野武にも影響を与えた一本

この映画、地方では何かとの二本立てで細々と公開されていたのですが、
あまり見た人もいないような。
「フリードキンにしては凡作」とか、評価もいまいち芳しくないのですが、
一度見るとすごく印象に残る映画です。

相棒をニセ札犯(ウィレム・デフォー)に殺された
刑事・チャンス(ウィリアム・L・ピーターセン)が、
復讐のためなら手段を選ばず、ズブズブと犯罪の深みにまでハマりながら
犯人を追い詰めていく様がなんともダーティでハードボイルド。

あの北野武監督も、「その男、凶暴につき」を監督する際に
この映画を参考にしてほしいと
関係者に勧めていたのだそうです。


この映画を見ろ!

実は私がこの映画を見直すきっかけになったのは、
かなり昔に買った「この映画を見ろ!」という一冊のムック本。
その本の中で「スゴイ映画」として絶賛されていたんです。

いわく、高速道路を逆走するという、
今までに見たこともないアクション、
それに、ラスト近くで主人公が……という
これまでの映画の常識では考えられない衝撃の展開。

そして、ここから先は激ネタバレありなので、一部反転モードにしますね。
映画好きな人には絶対見てほしいし。
(今なら2枚で1990円キャンペーンの対象商品なので、
買っても損はなし。)

反転ここから ↓
そしてラスト、チャンスと組んでニセ札犯を追ってきた、
気弱な相棒のブコビッチ(ジョン・パンコウ)が、
チャンスの女情報屋の元を訪れて、こう言います。

「俺の犬になれ」

そこには、仕草から口癖まで、まるで死んだチャンスが乗り移ったかのように
変貌したブコビッチの姿があった。

高速道路逆走も、主人公格のキャラが途中で消えてしまい、
それでも主人公の魂は誰かが引きつぐ…というオチも、

↑ 反転ここまで

もういくつの映画やドラマにマネされたかわかりません。
この映画がパイオニアでしょう。
うーんやっぱ、スゴイですよね。


出演者と音楽もチェック!

ウィレム・デフォーの、完全にイッっちゃってる悪役ぶりも
スゴイし、無名時代のジョン・タトゥーロも出てたんですね。
そして主演のウィリアム・L・ペーターセンは、人気ドラマ「CSI」で
今やすっかり人気者になってたんですねー

そして主題歌を担当したのは Wang-Chang(ワン・チャン)という
なつかしい80年代アーティスト。
「To Live and Die in L.A.」という、この映画の原題と同名の主題歌が
当時ヒットしました。映画のシーン集のMVもシブかったです。

つーわけで、刑事ドラマ&アクション映画としてはパイオニア的な作品なので、
ぜひ一度、だまされたと思って見ていただきたいです。

【TBしました】http://eigasuki.ameblo.jp/entry-403b9250033b5cedaad8de0b3836f195.html#tbox


人気ブログランキングへ

もっと他の映画記事を読む

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
更新情報
今回の更新は、以下の通りです。 ...続きを見る
桃花台便利リンク集
2005/05/27 00:45

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
Thatツ痴 relaly shrewd! Good to see the logic set out so well.
Justis
2011/07/05 01:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
東名高速道路開通記念日/L.A.大捜査線 狼たちの街(85・米) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる