毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS こどもの日/マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ(85・スウェーデン)

<<   作成日時 : 2005/05/05 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

5月5日は「こどもの日」。

GW最後の祝日ですね。
端午の節句は男の子のお祭りなので、
男の子が主人公のこの映画について書くことにしましょう。
スウェーデンの映画監督、ラッセ・ハルストレムの出世作ですね。


かわいそうなライカ犬

人工衛星スプートニク2号に乗せられて、
地球をぐるぐる回ったあげく、回収されることもなく
餓死した実験動物のライカ犬。
そんなひどい目にあった犬よりは、ぼくの人生はまだまだ幸せ。

悲しいことがあると、いつもそんな風に考える
少年イングマル(アントン・グランセリウス)は、
ママが病気で、お父さんもいないために
愛犬シッカンとも別れて、田舎のおじさんに引きとられるという
厳しい現実の中にいます。

だけどイングマル自身は決して、
自分を「かわいそうな子」なんて思いたくないし、
周囲からそんな風に同情されたくもなかったのでしょう。
子供って、そういう「意地」みたいなもの持ってないですか。
「かわいそう」という言葉は「ライカ犬」みたいな存在のためにあるのであって、
ぼくは決して「かわいそう」なんかじゃない。
そう言いたいがための「ライカ犬」だったんじゃないのかな。


子供ってたくましい

そして田舎のおじさんの家にひきとられたイングマルの新生活は、
暖かくユーモラスに、時に淡々と、ともいえる調子で描かれていくのですが、
ヤマ場は、愛犬が実は処分されていたと告げられたイングマルが、
東屋にこもって泣きじゃくるシーンでしょうか。

「もっと一緒にいたかったのに、どうして死んだの? ママ。
シッカンに言いたかった。見殺しにしたんじゃないって…」

この世で大好きだったたった二つのもの。
それを一度に二つとも失ったという、大人でさえ耐え難い現実。
今まで必死に耐えてきたはずなのに、
その分、堰を切ったように涙があふれてきて、
ライカ犬のおまじないも、もう効きません。

そんなイングマルの横に、いつの間にかおじさんがやってきて、
ただ黙って、泣きじゃくるイングマルの傍に座っています。

イングマルが泣きたいだけ泣いて、少し落ち着いてくると、
「あれ、外でみんなが騒いでるぞ。なんだか見ておいで」なんて
イングマルに言います。
思わず何事かと駆け出していくイングマル。
このシーンがすごくいいなあ。

どんな悲劇が襲っても、子供って立ち直る力を持っているんですね。
それを分かってるおじさんもナイスだし。

泣かせどころとユーモア描写を巧みに織り交ぜて
みずみずしく描いたこの作品。
ほかにもイングマルと男まさりの女の子サガとの淡い恋心や、
ちょっとおかしな田舎の人々との交流など、見どころは盛りだくさんで
なかなか一言では語り尽くせないですね。
大好きな一本です。

関連リンク:http://nonesuch.at.webry.info/200502/article_4.html

人気ブログランキングへ

もっと他の映画記事を読む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ
マイライフ・アズ・ア・ドッグ [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」(1985)
原題:Mitt liv som hund English title:My Life as a Dog 監督:ラッセ・ハルストレム Lasse Hallstr&#246m 上映時間:102 分 製作国:スウェーデン 日本公開情報:フランス映画社 日本初公開年月:1988/12 ...続きを見る
NORTHERN IMAGES ―北欧&...
2005/06/06 00:26

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
遊びに来ました。
僕もこの映画、大好きです!
また見たくなってしまいました。
yas0233
2005/05/05 01:19
yas0233さん、また来てくださってありがとう!
上に紹介したシーンで、私はもう号泣もんでした。
yas0233さんの「手紙で語る映画ブログ」ブックマークさせてもらいました。私もまた遊びに行きますね!
ぴむ
2005/05/05 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
こどもの日/マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ(85・スウェーデン) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる