毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夜中の弥次さん喜多さん(ネタバレあり)

<<   作成日時 : 2005/05/09 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

上映終了間近! になって、やっと見てきました。

B000A1ONSY真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション
宮藤官九郎 長瀬智也 中村七之助
角川エンタテインメント 2005-10-07

by G-Tools


映画公式サイト
しりあがり寿公式サイト

前半お笑い!

弥次さん(長瀬智也)と喜多さん(中村七之助)がホモの恋人同士で、
しかも喜多さんヤク中というブッ飛んだ設定で展開する東海道お伊勢参りの旅。
冒頭からいきなり濃厚なキスシーンの二人…
でも意外と違和感ないのは、七之助は歌舞伎役者で女形もお手の物だからとして、
長瀬くん、直情型のべらんめえ弥次さんを演じながらも
このシュールな世界の中で浮くことなく、しっかり馴染んでいたのが◎でありました。

他の出演者も盛りだくさんで、前半はお笑いワールド。
芸人さんも出演して、お笑い好き必見! のノリ。
おぎやはぎの「さむらいけらい」に(爆)。
板尾創路は「寒い芸人」ってことだったと思うのですが、
「いつもの板尾より面白いじゃん」と思えてしまった…。

「歌の宿」では、お笑いプラスミュージカル風味。
歌手デビューする弥次さんと喜多さん。
しかしこの映画、どうせ時代考証無視なんだから
CDデビューかと思いきや、ソノシートだってんだから
この妙な時代考証っぷりがたまらんわい、べらんめー!
(そして気になるヒゲのおいらん…)
音楽、楽しいっす♪ サントラ欲しいっす。
たわぁ麗溝堂へ買いに行こう。


後半シュール!

で、「王の宿」あたりから展開は一気にシュールに…。
これが原作のテイストなんでしょうか?
そうだとしたら、よくぞここまで映像化したものです。
ただ、ついて来れない人は徹底的について来れなくなるのがこの辺で…。

私なんかは、デイヴィッド・クローネンバーグの「裸のランチ」を
思い出してしまいました。
この映画も「妻殺し」がきっかけで
ヤク中主人公が一気に「インターゾーン」に突入するのでした。
そう、「ヤク中幻覚映画」というカテゴリーがあるのだとしたら
(あるんかね?)
まさしくこの弥次さん喜多さんもそうなのです。
ヤク中の幻覚の定番・ピンクの象さんも、まんま出てきますしね…。
(ちょっと眉毛濃いけど)

しかし弥次さん喜多さんは、ヤク中幻覚ワールドだけにとどまらず、
「この世のリアル」を追い求め、人間の生と死まで見つめてしまいます。
それにしても人間、死んだらみんな荒川良々になるんかい(爆)

そんな二人だからこそ、ラストの決着はもう少し工夫して欲しかったなーと
ちょっと残念に思うのであります。
あと、尺がちょっと長いよね。
いろいろ詰め込みたくなる気持ちはわかるのですが、
この内容なら90分くらいにまとめてほしかった。
映画にはその内容にふさわしい「尺」ってものが
おのずとある気がするのです。弥次喜多は90分だったよ。たぶん。

んーでも楽しかったです。
悪フザケ映画万歳。


人気ブログランキングへ

もっと他の映画記事を読む

真夜中の弥次さん喜多さんでおなじみヒゲのおいらん
真夜中の弥次さん喜多さんでおなじみヒゲのおいらん [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真夜中の弥次さん喜多さん
 荒川良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々良々 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2005/05/09 23:12
『真夜中の弥次さん喜多さん』は、切なくって泣けるお話だった。
※今回のエントリは、映画『真夜中の弥次さん喜多さん』をご覧になっていない方にはサ ...続きを見る
創難駄クリキンディーズ2004福岡
2005/05/20 20:16
真夜中の弥次さん喜多さん ★★★★☆
ボーダレスな時代のボーダレスな映画でリヤル探しの旅に出る。 ...続きを見る
みかんのかんづめ
2005/05/21 00:53
真夜中の弥次さん喜多さん
『真夜中の弥次さん喜多さん』 ...続きを見る
39☆SMASH
2005/12/01 23:22
「真夜中の弥次さん喜多さん」
たまには日本映画も見なくては・・・ この作品は、劇場公開時に見るか見ないか迷った作品。 結局、今回DVDで見ることになった理由とは・・・ ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2005/12/31 00:12
映画のご紹介(118) 真夜中の弥次さん喜多さん(2005年)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(118) 真夜中の弥次さん喜多さん(2005年)-宮藤官九郎の笑いのセンスは ...続きを見る
ヒューマン=ブラック・ボックス
2006/05/29 07:42
『真夜中の弥次さん喜多さん』 てやんでーべらんめー
シュールすぎてグロすぎて、 意味の分からない映画だった…。 まぁ原作の方も、意味分からなかったけど。 ...続きを見る
*モナミ*
2006/12/10 11:46

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
中村七之助って、しりあがり寿の絵、そっくりですよね〜。
ぐる
2005/05/10 13:41
わはは! そのとおりかも。
七之助と長瀬くんがイチャイチャしまくってる図が
妙にかわいかった映画でした。
ぴむ
2005/05/10 20:50
んー、この映画はどうなんでしょう。
カンクローいわく「この映画なら、多少はずしてもしょうがないか、と思われるかなぁと思って選びました・・・」
確かそーいうコメントを残していたかと思います。

そーいういいわけ可能な題材を初監督作品に選んだクドカンの、センスのよさや、ずるさ、も含めて、見るのに勇気の必要な映画ですね。

原作のヘタウマな漫画のトーンだからこそ成しえた、圧倒的なシュールレアリズムな世界観がどう料理されたのか・・・一見の価値はありそうなんですかね?

しかし・・・中村のキャラ設定は、確かに原作ファンでも納得なキャスティングですよね!
おかぽん
2005/05/12 01:03
おかぽんさん、こんにちは。
うーん、「はずした」と思う人も確かにいるかも、
賛否半々ですかねー。
私は楽しかったですけどね。
笑いがツボにハマるかどうかが分かれ目ですね。

でも、今までにもつげ義春の『ねじ式』など、
不条理マンガの映画化は試みられてきましたが
イマイチ消化しきれなかったことを思うと、
弥次さん喜多さんはなかなかよくできたほうだと思いますよ。一見の価値はあるかと。
いろんな人がカメオ?出演しているのを発見するのも楽しいです。
ぴむ
2005/05/12 21:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夜中の弥次さん喜多さん(ネタバレあり) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる