毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS オカルト記念日/キャリー(76・米)

<<   作成日時 : 2005/07/13 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

7月13日は「オカルト記念日」。

1974(昭和 49)年のこの日、オカルトブームの火付け役となったアメリカ映画
「エクソシスト」が日本で初公開されたことから、オカルト記念日といわれています。


オカルトとかホラー映画って、実は苦手分野であまり観ていません。
だって怖い(笑)。そんな数少ない鑑賞歴の中から、この映画を。
「キャリー」のほうね。

B0009W7Z3Yヒューマン・キャッチャー〈特別編〉/キャリー〈特別編〉
レイ・ワイズ ビクター・サルバ ジョナサン・ブレック ニッキー・アイコック
¥ 1,782
近日発売 予約可


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↑ いつでも自宅で肝だめしって。嫌だー!!(笑)

何が怖いって「キャリー」のラストシーン。
大昔にテレビで見たんですが、もうひっくり返りそうになりましたね。
このシーンは私の中で「映画 3大びっくり」第 1位です。ちなみに 2 と 3 は

●「エイリアン 2」の、エイリアンの幼虫が標本瓶の中で突然動くところ

●「遊星からの物体 X」の中盤あたりで、物体 X がバーンてなるとこ
(↑小学生並みの表現力)


後に「キャリー」はビデオで観て、原作も読みました。
ビデオ見てみたら、無名時代のトラボルタが出てましたね。
原作はスティーブン・キングの処女作で、失敗作だと思って
ゴミ箱に捨てていたのをキングの奥さんが拾って、
面白いからぜひ世に出すべきだと言ったのだとか、
あとがきに書いてありました。


青春残酷物語

…ですね、この話は。
学校でかなり陰湿ないじめにあっているキャリー(シシー・スペイセク)。
家に帰れば、宗教狂いの虐待母(パイパー・ローリー)。
(この母が自分ちを「汚れなき聖マリア教会」とか名付けているのがコワイ)

救いのないキャリーの境遇…。
そんな中、クラスメートのスー(エイミー・アーヴィング)はいじめを反省して、
キャリーをプロムの花形にしてあげようと、
学校一の人気者男子トミー(ウィリアム・カット)にエスコートを頼むのですが…。

プロムでベストカップルに選ばれ、ステージで幸せに包まれるキャリー。
ところが次の瞬間…!

これ、あまりにも有名なシーンですよね。
すべては自分を辱めるために仕組まれた罠だった!
スーとトミーはほんとに反省していたらしいんですが、
いじめグループのお陰で壇上でずぶ濡れになり、
嘲笑を浴びたキャリーにとっては、「すべて罠だった」
これが真実になってしまったんですね…。

そして怒りと絶望とともに、キャリーの潜在的な超能力が一気に爆発。
プロム会場はパニックと化し、やがて恐ろしい惨劇が…。

クライマックス、デパルマ監督の凝ったカット割映像も、ラストのビックリも、
今ではちょっとB級チックな感じがしますが、
そのほうが味があっていいかも、なんて思います。
スティーブン・キングも自らの小説を「文芸作品」だなんて
間違っても言わないそうですから、うん、これでいいのだ。

もっと他の映画記事を読む

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦後日本システム崩壊の前兆(1)地下鉄サリン事件=霞ヶ関支配の終焉 2003.12.X 初出
90年代後半から、一年に一度は 訳の分からない事件、のニュースを聞くようになり ... ...続きを見る
仙台インターネットマガジン ★仙台のフリ...
2005/07/30 07:11
id-671988-a
Blog Records:id-671988-aComments... ...続きを見る
id-671988-a
2006/10/30 09:31
『キャリー』この映画を見て!
第171回『キャリー』  今回紹介する作品は超能力を持った少女の悲劇を描いた青春ホラー映画の傑作『キャリー』です。 ホラー小説の第一人者であるスティーヴン・キングの同名長編小説を映画化した本作品。原作者のキング自身も大変気に入っており、「私の作品の中でもっとも忠実に映像化されている」と絶賛しています。 監督は独自の映像 ...続きを見る
オン・ザ・ブリッジ
2007/08/19 22:07

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オカルト記念日/キャリー(76・米) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる