毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS キネマ旬報にスピードワゴン!

<<   作成日時 : 2005/09/19 12:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『キネマ旬報』の最新号が届きました。
定期購読しているので、20日の発売日より少し早くゲットできるのですよね(^^)

意外なことに、表紙からいきなり「スピードワゴン」の文字が目に飛び込んできました。
私の大好きなお笑いコンビですがな。
一瞬、手にした雑誌が『お笑いポポロ』なのかと思いましたが、
『お笑いポポロ』の表紙がペ・ヨンジュンなわけありません。
これはやっぱり『キネマ旬報』なのです。

さっそく中を開けてみると。
「特別企画・映画で泣く!」
という、泣ける映画の特集記事のインタビューなのでした。

各界の著名人が、おすすめの泣ける映画を挙げています。
内田春菊やみうらじゅんに混じって、なんでお笑い芸人の彼らが!?
しかもお笑いブームで人気の若手芸人数ある中で、
なんでスピードワゴンが選ばれたんでしょ!?

あ、わかった。
きっと、もう20年近くもキネ旬を愛読している私へのサービスでしょう。

んなわきゃーない

編集部にスピードワゴンファンが誰かいるのかな??

ちなみに彼らの泣ける映画とは、
(こっから先ネタバレ。発売日前なのでいちおう反転モードにしときます)


ボケ担当・小沢一敬が「蒲田行進曲</f>」。
あー、私も大好きな映画です。
ちなみに「パッチギ!</f>」でもボロ泣きしたそう。わかるわかる。

ツッコミ担当・井戸田潤(ご結婚おめでとう)は、
「クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を挙げていました。

これは私、テレビでちらっと見ただけなんですけど、確かにクライマックスの
テレビ塔でのしんちゃんのシーンは泣けましたな。
アニメの主人公ががんばるシーンには私も弱いです。
実写の3倍増しで涙腺がゆるみます!</f>



最近は漫才が主流のスピードワゴンですが、
NHKの「爆笑オンエアバトル」で披露していたコントには、
独特のドラマ性があったんですよね。
そんなこんなで、キネマ旬報社の「男優倶楽部 vol.7」にも
「コントの世界の男優たち」ってことで、ラーメンズやドランクドラゴンとともに
特集されていたこともあるのですよ。

今でもキネ旬誌がスピードワゴンに注目してくれているというのは、
ファンとしてなんだかうれしいことであります。

お笑いファンとしては彼らに、お笑い芸を極めてほしい! って
言わなければいけないところなのでしょうけど、
スピードワゴン、いつか映画や役者の世界にも進出してこないかな?
というのが、映画好き&スピードワゴン好きな私の密かな願望だったりするのです。
そしてもちろん、「あまーい」ネタばかりでなく、コントもまた見せてくださいな!</f>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キネマ旬報にスピードワゴン! 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる