毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「プロデューサーズ」と、なぜかYMCAの話

<<   作成日時 : 2006/05/16 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

映画「プロデューサーズ」を見ました。
スランプに陥ったプロデューサーが、こうなったらワザと大コケのミュージカルを作って、
出資金を誤魔化してトンズラしよう、とたくらむお話です。

確実にコケるミュージカルにするために選んだ脚本が、

「春の日のヒトラー」

ヒトラーを狂信する人物が書いた、とんでもない脚本です。
それに最悪の演出をつけるために選んだのが、ゲイの演出家&振付師のみなさん。
この人たちがまたハチャメチャで最高!

しかし、どっかで見たことあるような人たちだ…と思っていたら、
albrecht さんのブログ記事で謎が解けました。
そうだ、ビレッジ・ピープル!!

ビレッジ・ピープルといえば、名曲「YMCA」です。
そう、日本では西城秀樹がカバーして、大ヒットしましたね!!

西城秀樹が星条旗柄の洋服に身を包み(!!)
子供たちを従えて、両腕でアルファベットを作るジェスチャーをしながら

♪すばらしい Y・M・C・A〜♪

と歌っていたあの頃。
YMCAとは健康的な青少年の象徴、といった印象でした。
そして、私もそう信じていました。

さて当時ラジオでは、ビレッジ・ピープルの元歌もよくかかっていました。
その歌を何度か耳にした私は何やら

漠然とした違和感

を感じましたが、そのことについて話題にする大人は、
なぜか一人もいませんでした。

ラジオだから、歌っている人たちがどんな人かはよくわからなかったのですが、
そんなことは、当時中学生の私が、大人に聞いたりしてはいけないことだったのです(?)
だからまあ、体育会系の男性グループなのかなーと勝手に想像していました。

それから30年近い歳月が流れ、テレビで「ベストヒットUSA2006」を見ていると、ビレッジ・ピープルの「YMCA」のプロモーション・ビデオがかかったのです。
「いや〜懐かしいな〜」
なんて思いながらそのPVを何気なく見た(丁寧にも歌詞の対訳つきだった)私は、
テレビの前で凍りついてしまいました…。

ビレッジ・ピープルはこんな格好ですし↓
B000CBNZVSベスト・オブ・ヴィレッジ・ピープル
ヴィレッジ・ピープル
ユニバーサルインターナショナル 2006-01-25

by G-Tools


歌詞がまたすごかったんです…。

<全英語歌詞はこちら>
http://www.lyrics007.com/Village%20People%20Lyrics/Y.M.C.A.%20Lyrics.html

サビの部分を一部勝手訳してみますと、

♪YMCAに泊まるのは楽しいな〜
 YMCAには、ヤングマンのお楽しみがなんでも揃っているのさ〜
 泊まってる男の子全部と、お付き合いできるのさ〜

…って、「すばらしいYMCA」の意味が違うわ

と、YMCAから抗議がこなかったのが不思議すぎるくらい、
危険な歌なのでした。

こんな恐ろしい歌を、子供たちの前でヒデキが堂々と歌っていたとは
(歌詞は違うけど。でも「素晴らしいYMCA、やりたいことなんでもできるのさ」は直訳だぞ(爆)
日本という国はいったいどうなっているのでしょう。

しかし、近年になってレイザーラモンHGがまたYMCAをカバー。
やっとこの歌も本来の姿に戻ったのでありました。めでたしめでたし。

…て、映画の話はどこいった。
あ、そうそう、結局この大コケするはずだった「春の日のヒトラー」は皮肉にも大ヒット。
ヒトラー+ゲイという取り合わせが、バカウケしてしまったのです。
マイナスとマイナスはプラスになる、の法則ですかね(?)

ともかくこの映画、ギャグが過激で面白かったです。
ヒトラー信者が公然とキチ○イ扱いなのにも笑いました。
日本の一部の戦争好きなオカシイ人たちも、これくらいの扱いを受けたほうが
よろしいのに、と思いました。
-------------------------
(…しかしビレッジ・ピープルにヒデキのアルファベット・ジェスチャーを見せたら、
ビックリするんじゃないですかね!?)

------------------------------
さらにあっ!!
じゃ同じくビレッジ・ピープルの「In the navy」も超意味深ソング!?
…と思ったら、こちらは海軍へのリクルートソングみたいだった。
少なくとも表向きは。

http://www.sing365.com/music/Lyric.nsf/In-The-Navy-lyrics-Village-People/D2802DEA6FD3433B48256DF20009B3FA

日本だったら「♪自衛隊へ入ろう〜」みたいな歌なんでしょうか。
(それはそれでまた危険な…)

「In the navy」に関しては、ピンクレディーがカバーした(「ピンクタイフーン」だったっけ?)
歌詞の
「♪やっちゃいな やっちゃいな やりたくなったらやっちゃいな」
のほうが意味深ですね。(笑)


そして数年後、ビレッジピープルの「♪マッチョ マッチョメ〜ン」
で「さすがにこれはおかしい!!」と、やっと気づく日本人…
なのだろうか。
(気づく人はとっくに気づいていたはずですよね、70年代の日本人。
大人ってウソつき!!)

★↓記事が面白かったら、クリックしてください↓★
人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プロデューサーズ
?THE ?????PRODUCERS? ...続きを見る
Old Cinema Parad...
2006/05/16 21:58
『プロデューサーズ』
Keep it gay! タイトル:『プロデューサーズ』 監督:スーザン・ストロ ...続きを見る
Albrecht's Alternati...
2006/05/18 01:02
『プロデューサーズ / THE PRODUCERS』 ☆今年50本目☆
メル・ブルックス監督が1968年に作った映画作品を、2001年ブロードウェイでミュージカル化し大ヒット!トニー賞では史上最多12部門を獲得。その作品を再度映画化。 ...続きを見る
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
2006/06/07 07:38
『プロデューサーズ / THE PRODUCERS』 ☆今年50本目☆
メル・ブルックス監督が1968年に作った映画作品を、2001年ブロードウェイでミュージカル化し大ヒット!トニー賞では史上最多12部門を獲得。その作品を再度映画化。 ...続きを見る
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
2006/06/07 07:38

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぴむ様
albrechtです。
>日本という国はいったいどうなっているのでしょう。
平和なんですね!(笑)
昔のベスト・ヒットUSAの「懐かしのヒット」見たいなコーナーでビレッジ・ピープルが取り上げられてて、僕は、そこで初めてYMCAが「ゲイ・ソング」だということを知りました。当時はカルチャー・クラブやブロンスキ・ビート、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドと第2のゲイ・ブームでしたからね!(笑)
ただ、ビレッジ・ピープルたちは、このニューウェーブの波に乗ろうとして失敗(笑)。以下のURLの「ルネッサンス」というアルバム・ジャケットを見て上げてください。
http://kore.mitene.or.jp/~jamboree/village%20people%20album.html
もう、お腹いっぱいです!!
albrecht
URL
2006/05/18 01:01
albrecht さん、ありがとうございます。
URLを開いた途端、反射的に閉じそうになりました(爆)。
勇気を出して見てみると、「マッチョマン」のほうが「YMCA」より先だったんですね!でも、当時日本には輸入されてませんでしたよね!禁輸!?
マッチョマンの歌は、映画「アダムスファミリー2」で初めて聴いたような気がします。
そして「ルネッサンス」に爆笑!ハードゲイとニューウェーブは相容れないと見える…。
そういや「ゴー・ウェスト」はペット・ショップ・ボーイズがカバーして、意外な取り合わせにちょっとビックリでした。あーなぜかビレッジ・ピープル話はネタがつきないなあー。楽しやゲイワールド♪
ぴむ
2006/05/18 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「プロデューサーズ」と、なぜかYMCAの話 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる