毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎原爆忌なれども…

<<   作成日時 : 2006/08/08 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

8/9は、ヒロシマとともに忘れてはならない長崎原爆の日。
ぜひそれにちなんだ映画について書こうと思っていたのですが、
お目当てのDVDがレンタルショップに見当たらず…。まことにすみません。
その映画とは、これです。

B0002CHRRATOMORROW 明日
井上光晴 黒木和雄 井上正子
ビデオメーカー 2004-08-06

by G-Tools


1945(昭和20)年8月9日午前11時、長崎に原爆が落とされるまでの、
長崎の人々の生活を淡々と描いた作品。
そう、故・黒木和雄監督の「戦争レクイエム三部作」と呼ばれる反戦三部作の1作目に当たります。

ちなみに反戦三部作とは、「TOMORROW/明日」(1988年)、「美しい夏キリシマ」(2002年)、「父と暮せば」(2003年)。

黒木和雄監督は、今年の4月に急逝してしまいました。
私は黒木監督の映画はまだ「美しい夏キリシマ」しか見ていなくて、
深い思い入れがある、とは言えないのですが、でも、
キリシマの公式サイトで見た監督からのメッセージが、
ずっとずっと心に引っかかっているのです。

この映画を、戦争の足音が間近にきこえてくるような日々のなか、あかるい未来を望む観客の皆様の魂のみぎわにまでお届けできればと切に願っています。


こんな言葉を残したまま、逝ってほしくはなかったです・・・。


さて、今回は「TOMORROW 明日」を見ることはかなわなかったわけですが、
来年までの宿題として、自分に課しておくことにします。
「父と暮らせば」も見なくっちゃ。


生前は講演会で「9条を変えたら憲法は死滅する」と護憲の大切さを訴えていた黒木監督。
本当に近年は、日本国憲法の理念は踏みにじられる一方です。
自衛隊のイラク派遣しかり、靖国参拝しかり、
はては北朝鮮のスカッドならぬスカミサイルにかこつけて、迎撃ミサイルや核武装の必要性だとお?!

平気で憲法を踏みにじる与党勢力に、私たち国民はそろそろ、三行半をつきつけてやらねばなりません。私たちが「お任せ民主主義」におさらばできなければ、待っているのは黒木監督の言ったとおり、戦争、なのかもしれません。

と、原爆忌に平和への願いを新たにしつつ。

画像

9条守ろう!ブロガーズ・リンク




ガーン!! 8/8のお昼にテレビ東京で「TOMORROW 明日」放映されてたのね!!!
すっかり見逃してた!!! 
なんたるおマヌケ・・・もう、マジで逝ってきます!!!(泣)


★せめてこれは見なくては

8/12(土)
ETV特集「戦争へのまなざし〜映画作家・黒木和雄の世界」

【関連リンク】
ブログ かたすみの映画小屋〜TOMORROW 明日


人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOMORROW 明日
明日を表すTOMORROWという英語は、「朝」を表すmorgenという古英語の単語に「〜に向かって」というtoが頭について出来た単語だそうです。かつて「明日という字は「明るい日」と書くのね」という歌がありましたが、誰もが明日という日に一縷の希望を持って毎日を生きています。 ...続きを見る
かたすみの映画小屋
2006/08/09 21:39
私の戦争
先日お亡くなりになった黒木和雄監督が2年前の夏に脱稿した著書。岩波ジュニア新書にはジュニアと言いながら充分大人向けの読み応えのある本が多いのですが、これもそのひとつ。 ...続きを見る
かたすみの映画小屋
2006/08/09 21:39
長崎原爆忌
拙著 児童向け小説「ぼくたちの空とポポの木」のモチーフになった長崎の原爆投下から ...続きを見る
Epsiloncafe
2006/08/10 22:56
戦争と人を考える:1『父と暮らせば』
戦争の悲劇をひとことで表現できるキイワードのひとつ、ヒロシマ。しかし、この作品は“そのこと”をけして直接には描写せず、むしろ娘と父のささやかな生活を少しのユーモアをまじえて綴りながら観客に静かな感動を与えてくれる作品です。 ...続きを見る
よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
2006/08/21 21:38
『東京地下要塞』見学!原爆投下がなかったら、全国2000箇所に完成し、日本は降伏しなかったかも?
新説 東京地下要塞 ― 隠された巨大地下ネットワークの真実 左の写真で見学ツアー動画が再生。中央と右がワッチミー!TVへリンクします。 ...続きを見る
『黒澤映画ゼミナール』〜黒澤明的リーダー...
2006/10/15 12:48
原爆投下は戦争犯罪ではない
アメリカによる原爆投下は、戦争犯罪ではないホロコーストだと主張すべきである。戦争犯罪だとしてしまうと、アメリカに賠償させることができなくなる ...続きを見る
真ラサ#lhasaのブログ
2008/07/29 19:38

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
レンタルになかったのは残念ですが、この映画は買って何度も見て多くに人に伝える価値の充分ある映画ですよ。それと買えばこの映画を作った方々のためになります。
また拙blogでも紹介していますが、岩波ジュニア新書から出ている監督の著書、『私の戦争』はこの三部作の解題にもなっている隠れた名著です。
サンタパパ
URL
2006/08/09 21:38
サンタパパさん、こんにちは。
そうですね、DVD購入も視野に入れます。「父と暮らせば」は8/24にNHK BS2 で放映されるみたいです。三部作全部見たら、ジュニア新書のほうも読んでみたいです。そして、黒木監督の遺作で戦争レクイエム4作目ともなる「紙屋悦子の青春」も見ないとですね。
ぴむ
2006/08/10 20:28
『スーパーマン・リターンズ』へのトラバ&コメントありがとうございました!
さっそくトラバ返しさせていただくと共に、記事一覧にこちらの記事を見つけましたので今週8月24日にBSで放送予定の『父と暮らせば』をトラバさせていただきました。
これからもよろしくおねがいします!
よろ川長TOM
URL
2006/08/21 21:43
よろ川長TOMさん、コメントありがとうございます。今度こそ「父と暮らせば」を忘れないように録画して見ます。よろ川長TOMさんの映画記事はネタバレなしなのにとっても詳しくて、読んでいて楽しいですね。これからもよろしくお願いします。
ぴむ
2006/08/21 23:46
「夕凪の街桜の国」はご覧になりましたか?今起きている問題が何なのか考えさせられる映画でした。
おむこ
2008/07/25 18:41
おむこさん、こんにちは。
「夕凪の街〜」見ましたよ。まだ記事にしてなくてすみません。
いい映画でしたよね。原爆の悲劇が決して過去のものではない、現代につながっているというメッセージがあったように思います。マンガが原作ということですが、若い世代がこのようなしっかりした作品を描けるということに希望を感じます。
ぴむ
2008/07/25 21:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長崎原爆忌なれども… 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる