毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙の日/エイリアン(79・米)

<<   作成日時 : 2006/09/11 22:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 10

9月12日は「宇宙の日」。

科学技術庁(文部科学省)と文部省(文部科学省)宇宙科学研究所が1992(平成4)年に制定しました。
日付は一般公募で決められましたが、この日は1992(平成4)年に毛利衛がアメリカのスペースシャトル・エンデバーで、宇宙に飛び立った日です。


---宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない---

というのは、この映画の公開当時のキャッチコピーです!

エイリアンエイリアン
リドリー・スコット シガニー・ウィーバー ジョン・ハート


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


当ブログでは「エイリアン2」のレビューは以前書いたのですが、「エイリアン」はまだでしたのでこの機会に。
こちらはリドリー・スコット監督のSFホラー作品。
「SFホラー」ってのは、この映画がこと始めなんじゃないかと思います。

私は残念ながらリアルタイムでは観ていないのですが、リアルで劇場鑑賞した人の話によると、ほんっとに怖かったそうです。
なんせ、誰が生き残るのか最後までわからなかったと。

それもそのはず、ヒロインのリプリーを演じたシガニー・ウィーバーは当時まだ無名の女優。
屈強な男どもがみんな殺られてしまって彼女一人が生き残る、という
今となっては王道のホラー・パターンも、おそらくこの映画が初めてじゃなかったでしょうか。

そしてその恐怖の元・宇宙生物エイリアンの造形&設定があまりにも秀逸だったことですね。
Designed by H.R.ギーガーのこの宇宙生物は映画史に残るキャラとなり、
最近はプレデターと戦うまでに(!?)
それはともかく、殺戮と繁殖のみを生存目的とするこのエイリアンは、史上最強&最悪の生物であることは間違いないでしょう。

そもそもの始まりは、宇宙輸送船ノストロモ号に乗り込んだ7人のメンバーが立ち寄った惑星で、
未知の宇宙生物のたくさんの卵を発見したことでした。
そこから突然1匹の幼虫が飛び出して、乗組員の一人ケイン(ジョン・ハート)の顔にはりつく…。
このシーン、ほんとにビックリしますね。心臓に悪いです…。

ところがこの幼虫、ほどなく死んで剥がれ落ちてしまい、ケインもぜんぜん無事。
やれやれ、ってんで、みんなで食事などしていると…。

…この次のシーンはほんとに衝撃的でしたねえ。
当時は観客もまだエイリアンの生態なんて知らないわけですから、まさかあんなことになるとは…。
しかし、幼虫(フェイス・ハガー)から変態をとげた赤ちゃんエイリアン、ちょっと可愛かったですよね。
あたりを見回してキー! とか鳴いちゃって。すぐ走ってどっか行っちゃいましたけど。

…あら、どっか行っちゃったら大変だわ!
というわけで、残りのメンバーは船内をエイリアン探索です。
電撃棒など持って気分はネズミ退治ですが、ブレット(ハリー・ディーン・スタントン)が発見したものは…。

あっという間に成長したエイリアンは、すでに強大な力を持っていたのでした。
一人また一人と犠牲になっていくノストロモ号乗組員。さあどうするどうなる…。

この映画に登場するエイリアンはたった一匹ですが、
生態がまったく未知数なのと、巧みに姿を隠し突如襲ってくるという手法の巧みさで、
姿ははっきりとは見えずとも、恐怖を盛りあげてくれるのでした。

さて、もうひとつこの映画を盛りあげてくれた大切な脇役は、ネコのジョーンズくん。

きゃー、エイリアンが出た!! …と思ったらネコだった、ってな具合に観客を驚かせる小道具の役割もするし、
追い詰められたリプリーがジョーンズを見つけて思わず微笑むシーンなどは、
なんともホッとさせてくれたりもします。

エイリアンとの最後の対決にリプリーが勝利できたのも、守るべきジョーンジィがいたからかもしれませんね。リプリーの精神的支えになっていたと思います。
だから「エイリアン2」でもしっかりジョーンズくんが出てきたときはうれしかったですね。
リプリーの孤独を唯一慰める存在。
しかしリプリーと共に57年後に蘇るなんて、もはや化け猫の域ですか(笑)。

というわけでジョーンズは、なんとも不思議な不死身猫なんですよね。
だから3作目で出てこないのが、どうも納得行かないなあ。

しかし考えてみれば輸送船に最初からネコを乗っけていくなんて、
最近話題のオフィス犬ならぬ会社猫ってことだったんでしょうか。
やっぱこの映画進んでるなあ(笑)。

あと、ノストロモ号のマザー・コンピューターが通称「おふくろ」(岡枝慎二訳)っていうのも良かったな。
リプリーが自爆装置を解除後も「あと○秒で爆発します」と死のアナウンスを続ける非情な「おふくろ」。
あそこはやっぱり「マザー!」じゃなくて「おふくろさん!」ですよね。
リプリーの絶望感が胸に迫るセリフだったのでした。

というわけでこの映画も↓

★この映画は、公式映画検定「見るべき100本」に指定されています★
映画検定公式テキストブック映画検定公式テキストブック
キネマ旬報映画総合研究所

by G-Tools



人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『エイリアン』この映画を見て!
第116回『エイリアン』「宇宙での悲鳴は誰にも聞こえない・・・」  今回紹介する映画はSFホラーの古典的名作『エイリアン』です。この作品はシリーズ化され4作制作され、『エイリアンvsプレデター』という番外編まで制作されました。エイリアンシリーズの特徴は作品ごとに監督が交代しており、どの作品も監督の個性が反映されたものに ...続きを見る
オン・ザ・ブリッジ
2006/10/01 21:46

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!
タイトルと全く関係無いコメントですがお許し下さいませ(汗
たくさんの情報が詰まっているブログなんですね。
私もブログ初心者として見習わなければ!
また遊びに来ます!

ayako
URL
2006/09/13 00:39
こんにちは! もう〜、思い出しちゃいましたよ。怖いシーンの数々を。私たち(笑)、中学生でしたよねえ確か。多感な青少年にはきつい映画でした。私は画面が直視できず。。思い出しますシガニーの脱げそうなぎりぎりパンツ、ハアハア言う息づかい(って別の映画と誤解されそう)、忘れられません。ギーガーは天才ですよね。確かギーガーの国際的ファンクラブがあって、昔知人がそれに入ってました。そうそう、今日岡枝先生の本を買ったんです。うれしい偶然ですね。
hoisam
URL
2006/09/14 17:33
ayakoさん、コメントありがとうございます!ブログでもよろしくお願いいたします。ayakoさんのクリスタル・コラージュのブログ開設おめでとうございます。素敵な作品が見られそうで、楽しみにしています。
ぴむ
2006/09/14 20:01
hoisamさん、こんにちは!
私はリアルタイムでもし見る機会があったとしても、怖くて観にいけなかったと思います。シガニー・ウィーバーの下着姿は、あからさまにサービスショットとしか思えませんよね(笑)。
岡枝先生のどの本をお求めだったのかしら?気になります!
ぴむ
2006/09/14 20:16
エイリアン、もう20年以上経ってるんですか。今見ても古臭くは感じないでしょうね。
ほんとよくできてます。心臓に悪いわ。
シガニー・ウィーバーの存在がなんといっても画面を引き締めていますよね。

私もびむさんみたいに本格的ではないけど、ときどき映画評書いてます。こちらにもぜひ遊びに来てくださいね。
kotan
2006/09/14 20:25
kotanさん、コメントありがとうございます。エイリアンは今になってよーく観るとちょっとチャチかったりするんですが、そんなことよりやっぱり恐怖の盛り上げ方がうまかったですね。「エイリアン2」はほとんど前作の設定をなぞった形になっていましたが、「スーパーマン・リターンズ」といい、上手い手法だと思います。
kotanさんのブログにも遊びに行きますね。
ぴむ
2006/09/14 22:29
「スーパー字幕入門」です。早速拝読していますが、すばらしいです。
hoisam
2006/09/17 22:45
おおっ!ついに入手されたのですね。私も持ってます。この本にまとめられていることを、講義として岡枝先生から直接聞けたのが何よりもの思い出です。そういえば近日、スターウォーズの「初劇場公開版」DVDが出るらしいのですが、岡枝先生の字幕が当時の翻訳のままバッチリ収録されるそうです。ライトサーベルが光線剣、フォースが理力、ってやつですね。古い字幕がどんどんリニューアルされてしまう昨今、岡枝字幕よ映画の歴史として永遠に!ですー。
ぴむ
2006/09/17 23:30
ほんとですか!勉強のために買おうかな。あの「理力」は本当に名訳ですよね。すばらしいです。って私が言うのもおこがましいですが、永遠に不滅です。
hoisam
2006/09/18 15:58
調べてみたら「スターウォーズ」の劇場初公開版は、「リミテッド・エディション」という名前でエピ4、5、6が出ています。単品で買えます。私もほしくなってきた!!
ぴむ
2006/09/18 21:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宇宙の日/エイリアン(79・米) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる