毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 苗字の日/紙屋悦子の青春(06・日)

<<   作成日時 : 2006/09/19 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 5

9月19日は「苗字の日」。

1870(明治3)年、戸籍整理のため、太政官布告により一般市民も苗字を持つことが許されたのがこの日です。
しかし、市民は苗字がなくても不自由しないので、苗字を名乗ろうとはせず、
1875(明治8)年2月13日(苗字制定記念日)に、すべての国民が姓(苗字)を名乗ることが義務づけられました。


今日はひさびさに新作レビュー。
タイトルに苗字と名前が入っている、この映画です。

「紙屋悦子の青春」

画像


【公式サイト】
http://www.pal-ep.com/kamietsu/index.html

黒木和雄監督の遺作となったこの映画、全国順次公開中です。
私は岩波ホールで鑑賞しましたが、観客は年輩の人が中心で、
そのせいか鑑賞中のリアクションが大きくて、楽しく鑑賞できました。

「TOMORROW 明日」「美しい夏キリシマ」「父と暮らせば」の
戦争レクイエム三部作に続いて撮影されたこの映画も、
庶民の日常生活の中に、戦争が落とす影を淡々と描いています。

といっても決して暗い映画ではなく、
タイトルどおり「紙屋悦子」という一人の女性の青春を描いた映画でもあるのです。
二人の男性から思いを寄せられて胸をときめかせる、そんな心情を中心に描かれています。

「いちばん好きな人とは結婚できない」
…って、誰が言ったのだったかな?
そんな女性の青春を描いた、切ない作品なのです。

ヒロインの紙屋悦子を演じるのは原田知世。
私は久しく原田知世出演作品を見ていなかったのですが、
時をかける少女」のあの地獄のような棒読み(笑)からは信じられないほど、
上手な女優さんになっていたのですねえ。びっくり。

というのはこの映画、松田正隆作の戯曲の映画化ということで、
ワンカット(一つのシーンが長い)が多いんですね。
素人目に見ていても、役者さんセリフ覚えるの大変だったろうなーと思うくらい。
そのような中で、大変しっかりした演技を見せてくれます。

そう、役者さんの演技を堪能できる映画だったと思います。
悦子の兄役の小林薫は相変わらずうまいし、永与少尉役の永瀬正敏もよかった。
悦子と永与少尉のぎこちないお見合いのシーンでは、
客席から何度も大きな笑い声が起こってました。

そして、クライマックスシーンでは、すすり泣きの声がたくさん。
死ぬと分かっていて戦地に赴く人を、黙って送り出すしかなかった女性の悲しみ…。
映画が終わってエレベーターに乗り込んでからも、ずっと目頭を押さえていた年輩のご婦人には、
同じような青春の思い出があったのかも…なんて思いながら、映画館を後にしました。

平穏な毎日がずーっと続くと思える幸せ。
好きな人と結婚できる幸せ。
今ではすっかり当たり前のようで、つい忘れてしまいがちだけど、
かみしめていないといけませんね。

映画の中で何回か、悦子が遠くの波音に耳を澄ますシーンがあります。
そのとき耳に聞こえてきたのは、時代の変化を告げる波音だったんでしょうか。
それがいつまでも、平和を告げる穏やかな波音であることを祈らずにはいられないです。


人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クラ・シックアワー 9/20
『ATG映画とその時代(1)』 ...続きを見る
ChaChaのベランダーズ ! GoGo...
2006/09/20 22:45
「紙谷悦子の青春」こんな時代もあったという記憶を風化させない
「紙谷悦子の青春」★★★★★オススメ 原田知世、永瀬政敏主演 黒木和雄 監督、2006年 ...続きを見る
soramove
2006/10/01 09:22
id-672095-a
Blog Records:id-672095-aComments... ...続きを見る
id-672095-a
2006/10/30 09:31
id-672095-a
Blog Records:id-672095-aComments... ...続きを見る
id-672095-a
2006/10/30 09:34

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画は友と見に行こうと話していたところでした。
「父と暮らせば」の井上ひさしの脚本がよかったし、宮沢りえの演技を見ていい女優さんになったわと思いました。

>好きな人と結婚できる
のが女性の最大の幸せになるのかどうかは最近疑問符?ですが、平凡な幸せを誰でも味わえる権利は大切に守っていきたいものです。
kotan
2006/09/18 21:47
kotanさん、こんにちは。
>好きな人と結婚できる
のが女性の最大の幸せになるのかどうかは最近疑問符?

むむっ、ふ、深い・・・。

映画の最初と最後に出てくる、年老いた悦子夫妻の姿を見て、それでも悦子は幸せだったのかな、と思いました。それも戦争が終わったからこそですよね。
ぴむ
2006/09/18 22:58
ぴむさま、こんばんは♪
黒木監督、亡くなられたんですね・・・
ぴむさまの記事を拝見しなかったら、知らぬままでした。(笑)
先月、「父と暮らせば」観たばかりだったんですよね。
宮沢りえさんの「おとったん」、めちゃ可愛かった。
黒木監督と言えば、かつてのATG映画、「竜馬暗殺」、「祭りの準備」など。B級館で観たものです。
いやぁ、ATG映画について、書きたくなってきたよ。(笑)
ChaCha
2006/09/19 18:17
ChaChaさん、こんにちは。
黒木監督、脳梗塞で突然の死だったらしいです。ショックですよねえ。
私は最近の映画しか観たことなくて、お恥ずかしいのですが、追悼の意味も込めて過去作品も観ていきたいです!
ぴむ
2006/09/19 20:33
Youツ池e the one with the barins here. Iツ知 watching for your posts.
Seston
URL
2011/07/05 02:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
苗字の日/紙屋悦子の青春(06・日) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる