毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS ハロウィン/ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(93・米)

<<   作成日時 : 2006/10/31 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

10月31日は「ハロウィン」。

キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭。
古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったとされています。
ケルト族の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。
これらから身を守る為に仮面をかぶり、魔除けのたき火をたきました。
これに因み、31日の夜、かぼちゃをくりぬいて作ったジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)にろうそくを立て、
魔女やお化けに仮装した子供達が「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねます。
家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりします。


今年あたりから、日本でもハロウィンがブームだとか。
お菓子屋さんか何かの陰謀でしょうかねえ…?
いやいや、この映画もハロウィン・ブームにひと役買っているかもしれませんよ。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ティム・バートン ヘンリー・セリック ダニー・エルフマン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


12年前の日本公開当時はさほど話題にもならず、
一部の劇場でひっそり上映されていたような気がしますが、
キャラクターがじわじわと人気を集めて、いまや大人気ですよね。
12年前は、このブラックなキャラたち、
絶対ディズニーの仲間には入れてもらえないんだろうなーと思ってました(笑)。
それがいまや、東京ディズニーランドのホーンテッドマンションも
9月頃から年末年始にかけては、ナイトメアー仕様になるのがすっかり恒例行事に。
感無量ですねー。

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/japanese/event/nightmare2006/index.html

この映画、原案とキャラクター設定をティム・バートンが手がけています。
監督はヘンリー・セリック。お間違いのなきよう。

ティム・バートンが描いた絵本がこの映画の原案です。
クリスマスに憧れるハロウィン・タウンのジャックが主人公のお話。

4939029069ティム・バートンナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ティム・バートン 永田 ミミ子
ビリケン出版 1999-10

by G-Tools


この絵本にはジャックと、幽霊犬のゼロと、サンタくらいしか登場せず、
きわめてシンプルなストーリーです。
映画化に当たって、サリーをはじめ様々なキャラが
バートン&スタッフの間で創造されていったんでしょうね。

この映画、キャラクターだけでなく、ストーリーもとってもユニーク。
ストップモーション・アニメの手法で描いたファンタジーでありながら、
レディメイドなおとぎ話の枠にはまらず、
独自のストーリー展開をするところがとっても斬新です。

祝日にはそれぞれの世界があり、サンタクロースはクリスマス・タウンに、
不気味な物の怪たちはハロウィン・タウンに住んでいる、なんて。
しかもあろうことか、ハロウィンのカボチャ大王ことジャック・スケリントンが
今年はクリスマスをやりたい、なんて言い出したものだから大変なことに!?

この映画のテーマって何なのかな。意外と難しいですよね。
私は、無理やりサンタになったジャックが人間たちのひんしゅくを買って、
ミサイルで打ち落とされてしまうシーンでなぜか涙してしまうのですが…。

やっぱり、餅は餅屋ってこと!?
でも、それだけじゃつまらないような…。

だって、地味で不気味なハロウィンが、
華やかなクリスマスに嫉妬するのもわかるような気がするし(笑)。
でも、ジャックやサリーたちのおかげで、日本人の私たちにもハロウィンってもののイメージが、
具体的につかめたように思います。

そしてこの映画、ミュージカルとしても優れていますよね。
ダニー・エルフマンの音楽のすばらしいこと。
思わずサントラも買っちゃいました。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ― オリジナル・サウンドトラックナイトメアー・ビフォア・クリスマス ― オリジナル・サウンドトラック
サントラ

by G-Tools


さて、そんな「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」が、今年は3D映画になって帰ってきましたよ。
先日ティム・バートンも来日して、宣伝してましたよね。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル 3D
【公式サイト】
http://www.movies.co.jp/nightmare/

東京、千葉、埼玉の3館のみの上映なのが残念ですが、
お近くならばぜひ体験されたし。
劇場で装着する3Dメガネは、お土産に持って帰れるんだとか。
(ちなみに3D技術の関係で、字幕なしの日本語吹き替え版のみの上映。
舞浜のシネマイクスピアリでは、字幕なし英語での上映あり)

私も近いうちに、飛び出すジャックやサリーたちに会って来たいと思います!
ちなみに私の一番好きなキャラは、ガイコツ犬のゼロと、あとジャックのクリスマス・プレゼントのアヒル人形。

画像


しかし虫男の断末魔のシーンは、立体で見たらちょっとエグそうだなあ!?
R指定でなくても大丈夫なのかしらん(笑)。


【2006年11月26日追記】

観てきました! 3D !!

まずは窓口でチケットを買うと、3Dメガネを一緒に渡してくれます。
これはお持ち帰りできるんですよ。

繰り返し見たお気に入りの映画を、またこうして劇場の大画面で見られるなんて感激。
わくわくしながら席に着きました。

本編開始前に、「3Dメガネをかけてください」のお知らせフィルムが出るので、
メガネを装着しました。
私のようなメガネっ子は、メガネの上に3Dメガネをかけなきゃからないので
ちと圧迫感がありますが、3Dメガネがプラスチック製でとても軽いので、
そんなに苦にはなりませんでした。

ちなみに3Dメガネをかけないでスクリーンを見ると、
二重三重にブレたような映像になっています。
これが3Dメガネをかけるとクリアに立体化。
あら不思議。

この3D撮影技術については、下記ブログに詳しいです。
3D用に、もう一度パペットを動かしてすべて撮影しなおしたなんて!!!

With D 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス特集」

さて、こうして3D化された「ナイトメア〜」はというと。
デジタル3D化ということで、映像がとてもクリアになっていました。
画面の端っこに映っていたような細かいキャラクターや小道具まで、
はっきり見ることができます。
何度も観ていても、「あれっ、こんなシーンあったっけ!?」と
思ってしまうくらい新鮮でした。

「飛び出し具合」は、いわゆる最初から3Dとして作られた映画に比べたら
それほどでもないような気がしましたが、
でも、ジャックがソリで夜空を飛翔するシーンなどは、
かなりファンタスティックでしたよ。

それに、パペットたちの質感もたまりません。
立体のお人形が、実際に目の前で動いているみたいに感じます。

本編約95分の上映でしたが、3D映画特有につきものの疲れや頭痛もなく、
快適に観られました。
昔新宿にあったアイマックスシアターなんて、
3D装置が重たいし、観終わった後けっこう目と頭が疲れましたけどね。

特別な上映設備が必要な関係で、首都圏3館のみの上映なのが残念ですが、
来年になってもかまわないから、順次全国展開されるといいなと思います。
この映像は、ファン必見だと思います!

*本編の前にPIXERの短編「ニックナック」(←リンク先で全編観られますよ)が、これも3D化されて上映されました。CGアニメと3Dって相性いいのね、と実感。

そして「ナイトメア〜」本編の中に、チラッと「ニックナック」に登場した
スノードームの雪だるまくんが登場したのは、3D化に当たってのILMのイタズラだったか、
10年前のオリジナル版でもそうだったのか、どうだったかしら!?

人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」
何故、今頃季節外れのクリスマスもの??って・・・・ それはそのーー、 9/10公開予定の「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン繋がり。 この作品は監督じゃなくて、原案・製作を担当してたらしいんだけど。 タイトル・ジャケット見てるだけでファンタジック。 まさにティム・バートン・ワールドって感じ。 1993年製作のファンタジー・ミュージカル・アニメ、76分もの。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2006/10/31 04:07
ちょっと通りますよ〜 mixi自動足あとソフト 〜
今話題のmixiで自動で足あとをつけることができます。自動足あと間隔の設定(秒数)やカウント数(自動足あと数の制限)の設定などができ、機能を最小限に抑えてあるため動作も軽いです。 ...続きを見る
ちょっと通りますよ〜 mixi自動足あと...
2006/10/31 21:54
【スティッチ スクリーンセイバー】いたづらスティッチが!!&ナイトメアビフォアクリスマス★
いたづらスティッチがパソコン画面でアニメーションで動きます★☆クリスマスと言えば、やっぱりナイトメアビフォアクリスマス〜♪ ...続きを見る
★スティッチ ラブ ブログ★
2006/12/06 21:05

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハロウィン/ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(93・米) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる