毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 少年保護デー/ツォツィ (05・南ア=英)

<<   作成日時 : 2007/04/17 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 8

4月17日は「少年保護デー」。

1952(昭和27)年に、「司法保護記念日」とともに
「更生保護記念日」に統合されました。
 

公開されたばかりのアフリカ映画を見てきました。
南アのスラムで暮らす不良少年の生活を描いています。
犯罪と暴力の日々の中に、思いがけない出会いが…。

B000TILW8Cツォツィ プレミアム・エディション(2枚組)
プレスリー・チュエニヤハエ.テリー・ベート ギャヴィン・フッド
Happinet(SB)(D) 2007-10-19

by G-Tools


公式サイト
http://www.tsotsi-movie.com/index.shtml


まずはオープニングから、迫力ある南アの音楽に圧倒されます。
商業的に洗練されたアメリカのヒップホップやラップとは
ぜんぜん違う、土着の響きと言ってもいいくらいの
荒削りで、でもお腹にズン! とくる音楽。
これでもうこの映画の世界に完全に引き込まれてしまいます。

この音楽、「クワイト」というのですね。
日本では初めて耳にする人も多いのでは。

そう、この映画は、アフリカ人によるアフリカの映画。
俳優もスタッフも、音楽も言葉も純正アフリカンです。
2006年度のアカデミー外国語映画賞受賞作。

ツォツィ(不良)というあだ名で呼ばれる少年
(プレスリー・チュエニヤハエ)が主人公です。
その昔、「ナイフみたいにとがっては 触るものみな傷つけた」
なんて歌がありましたが、まさにその通りの少年。

そしてそれからのストーリー展開もまさに、
「ギザギザハートの子守唄」!
お金持ちの黒人の車を盗んだところ、
その中には赤ちゃんが…。

拾った赤ちゃんに情が移って…なんてストーリーは、
映画でもマンガでもドラマでも小説でも、
いったいもう何万回出てきたシチュエーションか!
ってなもんですが、
それでも、感動してしまうのはなぜなんでしょう。

それはやっぱり、この映画のシチュエーションですよね。
愛を知らずに育った凶悪な少年が、赤ちゃんと出会って初めて
誰かにとって必要な人間になったっていう…。

スラムの過酷な生活を描いた前半部分は
暴力描写もやや激しく、暗いタッチで描かれるものの、
ツォツィが赤ちゃんと出会ってからは、
名シーン名セリフがいっぱいです。
鑑賞後の気分は決して暗くなく、温い気持ちになれます。

ラストシーンでは、後ろの席の女性が号泣でしたよ。
私も感動しました。

この映画のテーマは「償いと寛容」なのだそうです。
ツォツィに強盗・銃撃・誘拐の被害に合ってしまった両親も、
ツォツィに銃を突きつけられて赤ちゃんにお乳をやった
若い母親も、みんな素晴らしいハートの持ち主です。

最近、日本では刑の厳罰化とか、少年法改正だとか
そんな話ばっかり。
日本は経済的に豊かになって、心は貧しくなったのでしょうか?
恵まれない人たちを理解し見守る温かくて大きい心、
私たちもたしかに持っていたはずなのに。

いや、忘れてしまっただけかもしれませんね。
その大切なことを思い出させてくれる映画だと思います。
だから、たくさんの人に見てほしいなあ。
R-15なんて言わずにさ!
中学生よ、なんとかして映画館にもぐりこめ!(笑)

人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ツォツィ」映画感想
昨年のアカデミー外国語映画賞受賞作「ツォツィ」(原題:Tsotsi)を見てきまし ...続きを見る
Wilderlandwandar
2007/04/27 23:51
試写会にて「ツォツィ」観てきました。
 最近、Kさんに誘われて試写会に行くことが多くなりました。毎回お誘いくださいましてありがとうございます。>Kさん。で、今回はツォツィを見てきました。  場所は明日、君がいないと同じ渋谷の映画館横の試写室です。僕の中で通称「ブツブツ試写室」と呼んでいます。スクリーンの穴がブツブツと目立つからです。  まあ、そんな話は置いておいて。。。 ...続きを見る
よしなしごと
2007/05/03 11:40
ツォツィ 2007-23
「ツォツィ」を観てきました〜♪ ...続きを見る
観たよ〜ん〜
2007/05/13 07:12
ツォツィ
 予想を上回る感動作でした。  筋金入の不良(ツォツィ)だった主人公が、ふとしたことから乳児を誘拐してしまい、それをきっかけに人間愛に目覚めていく話です。  ストーリーに対する感動もさることながら、非 ...続きを見る
シネクリシェ
2007/06/11 03:05
映画『ツォツィ』
原題:Tsotsi これがアパルトヘイトのあった南アフリカのスラム街の現実なのか、世界一の格差社会といわれる国の現在なのか、まだ幼さの残る子供達の怖ろしい現実・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2008/03/10 00:34
【映画レビュー】ツォツィ
2005/イギリス・南アフリカ 監督: ギャヴィン・フッド 製作: ピーター・フダコウスキ 製作総指揮: ロビー・リトル 脚本: ギャヴィン・フッド 原作: アソル フガード 撮影: ランス・ギューワー 音楽: マーク・キリアン ポール・ヘプカー 出演: プレスリー・チュエニヤハエ テリー・フェト ケネス・ンコースィ モツスィ・マッハーノ ゼンゾ・ンゴーベ テリー・ペート ...続きを見る
Hisa-Bo's Walk
2008/05/05 11:59

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これ、ものすっごく早く観たいんです〜。一応うちの方でも来月やるようなんでホッとしてます。観てからまた感想書きにお邪魔します。
meihua
2007/04/18 21:57
公開されたら、ぜひ見てきてください!
とてもおすすめですー。待ち遠しいですよね。
私もまたmeihuaさんの感想を聞くのが楽しみです。
ぴむ
2007/04/19 00:17
やっと観ました〜。期待以上に素晴らしかったです。まず音楽にノックアウト喰らいました。サントラ買ってしまいましたよ^^;そんなとこでも、見事に術中にはまってしまいました。
正に「ナイフみたいに尖っては、触るもの皆傷つけた」少年が、赤ちゃんとの生活を通して、段々と心を取り戻す様に展開が読めていても無茶感動。中学生に是非観て欲しいです。R−15って何を基準に(勿論暴力シーンでしょうが。)してるんだろう?!そういう映画じゃないのに〜〜〜。じゃあ、そこをあっさり目にするか、カットしてでも(苦笑)見せてあげたいと思いました。そして、ツォツィのように大切な何かに気づいて欲しいです。
meihua
2007/06/10 07:03
meihuaさん、ご覧になったんですね♪
サントラはほんとに買う価値ありですよね。
あの音楽は、日本では希少価値でもあると思います。
素朴なストーリーなのに、ガツンときますよね。ほんと、子供たちにこそ見せたい!
でも、大人にも気づいてほしいことたくさんでした。「許す」という態度が、どれだけ少年の人生を変えるかということ。厳罰化ばかり言われる日本の青少年の未来が心配になります。

ぴむ
2007/06/10 13:14
そうですね。大人にも観て貰って許しや人を思う気持ちの大切さ知って貰わないと、何も変わらないですね。子供の前に、大人がしっかりしてなかったから、こんな恐ろしい世の中になってしまったわけですから。しかし、こんなに豊かな筈の国で、ツォツィ達よりも凶悪な青少年犯罪が増えていくのはなぜなんだろう?
meihua
2007/06/11 00:26
日本はこれでも、10代20代の犯罪が世界でも一番少ない国らしいです。なんだかんだいっても、いちおう教育は行き届いてるわけですもんね。しかし少年法厳罰化にしても赤ちゃんポストにしても、大人の責任能力や育児能力のなさを、すべて子供側にツケを回すようで勝手千万、私は許せないです! と、思わずちょっと怒りモードに入ってしまいました。
ぴむ
2007/06/11 21:57
ぴむさん、こんにちは!
見つけました。分かってみれば何故見つからなかったんだろうという感じです。
この映画のテーマは「償いと寛容」だったんですね。私は、ぴむさんがお怒りの少年法厳罰化とかも「そうしないとだめなんじゃないかな」と思ってたんですが、この映画を観ていかに自分が寛容さに欠けていたのか気づかされた気がします。自分を守ることだけが先に立ってしまい、相手を受け入れることが出来ていなかったり。反省しきりです。そういう意味でも、この映画を観て良かったなと思いました。ありがとうございました。
CD
2008/05/22 13:30
CDさん、見つけてくれてありがとうございます。
ほんとうにこの映画は、大切なことをたくさん教えてくれますよね。今でも思い出しただけで、泣けてきそうな映画です。

あんなにひどい目にあわされても、相手は子供なんだからと警官隊の銃からツォツィを守ってやろうとする父親の姿は、今の日本人がすっかり忘れてしまった姿勢のような気がして悲しいです。
寛容な社会こそ、平和で犯罪の少ない社会だと思います。愛のない厳しさは、その逆の結果しか産まないと思うのですがねえ。

ぴむ
2008/05/22 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
少年保護デー/ツォツィ (05・南ア=英) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる