毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS スヌーピーの誕生日/ スヌーピーの大冒険(72・米)

<<   作成日時 : 2007/10/02 21:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1



10月2日は「スヌーピーの誕生日」。

1950(昭和25)年、チャールズ・シュルツ作の漫画
『ピーナッツ』がアメリカの新聞7紙で掲載を開始しました。
飼い主のチャーリー・ブラウンもこの日が誕生日となります。
ただし、スヌーピーが登場するのは2日後の10月4日号からです。


ピーナッツ初掲載と、スヌーピー初登場の四コマは、
下記スヌーピー公式サイトで見られます。
チャーリーもスヌーピーも、今とはちょっと違った姿ですね。
http://www.snoopy.co.jp/archives/timeline/index.html

1950年の連載開始から、2000年に作者のチャールズ・M・シュルツが
死去するまで(シュルツは1999年に健康を害して引退宣言)、
50年にわたって世界中を楽しませてきたピーナッツの歴史の中で、
今日は1972年のこの映画をとりあげてみます。

スヌーピーの大冒険スヌーピーの大冒険
チャド・ウエバー ロビン・コーン ステファン・シー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょうど近日、DVDが再発売されるみたいですね。
この映画では、スヌーピーにチャーリー・ブラウン以前の
飼い主がいた! という衝撃の事実が明らかになってマス。

日本でも劇場公開されました。
当時、親に観につれていってもらった記憶があります。
劇中で使われている歌が楽しくて、しばらく口ずさんでいたような。
前の飼い主に会いに行くスヌーピーの冒険が、
ミュージカル仕立てで進行します。

おっとここらで、映画鑑賞に必要な、スヌーピーの基礎知識!

スヌーピーは『ピーナッツ』というマンガの登場キャラです。
ピーナッツの主人公は、ほかでもないチャーリー・ブラウンで、
彼がスヌーピーの飼い主。

画像


スヌーピーと一緒に冒険の旅をする、
黄色い小鳥はウッドストック。
飛ぶのがヘタクソで、いつも迷走しながら飛んでます。
スヌーピーの大親友ですが、なんの鳥かは不明。
映画の中ではオウムと誤解されているようですが。

画像


チャーリー・ブラウンの友達、ルーシーとライナスは姉弟です。
かなりワガママで乱暴者のルーシーと、

画像






大きくなっても幼時の「安心毛布」が手放せないライナス。

画像






サリーはチャーリーの妹で、学校が大嫌い。

画像


ペパーミント・パティは、一見男の子みたいだけど、
れっきとした女の子で、ひそかにチャーリー・ブラウンのことが
好きみたい。

画像


シュローダーは、ベートーベンをこよなく愛する
インテリピアノ弾き少年。
ルーシーに一方的に片思いされて困惑してます。

画像


そしてわれらがスヌーピーは、
飼い主とは正反対の、ダンスからサーフィンまで、
器用になんでもこなす天才犬。
言葉は話せないけれど、タイプライターで手紙も書けるし、
二本足で歩く人間臭いヤツ(笑)。
犬小屋の屋根で寝るのがお気に入り。

画像


『ピーナッツ』には、他にもたくさんのキャラが登場しますが、
この映画に関しては、この辺の基本キャラをおさえておけば
大丈夫です。


さて、公開当時は確か、劇中歌も日本語訳されていたんですよね。
「イヌはお断り」の歌「NO DOG ALLOWED」も
「♪イヌはダメだ〜」って風に訳されて流れてました。
DVDでは、歌は全編英語のままです。これちと残念。

吹き替えも昔は、チャーリー・ブラウンが谷啓だったです。
味があってよかったんだけどなー。
(あ、でも谷啓だったのは、ウィキぺディアによると
NHKの初期テレビ版のみらしい。)

何をやってもダメなチャーリー・ブラウンと、
器用な天才犬スヌーピーは、やっぱ名コンビですよね。
この映画でも、スヌーピーはさっさと前の飼い主のもとに
旅立ってしまい、チャーリーは自分の何がいけなかったのかと
悩んでばかり。

ルーシーやライナスや、ほかのピーナッツの仲間たちも
スヌーピーがいないとさびしくて・・・と、
ちょっとホロっとさせる映画でもあります。


この劇場版スヌーピーは、大人も子供も楽しめる
楽しい作品になってますが、
コミックの『ピーナッツ』ってけっこう大人向けですね。

私も映画公開前後の1970年代、スヌーピー大好きでしたから
お小遣いでコミック買っては読んでましたが、
(今は角川書店から出ていますが、当時は鶴書房バージョンって
やつですね)
コミックの内容は、チャーリーやライナスが人生に悩んだり、
ルーシーが精神分析カウンセラーをやってたりとか
なかなかシュールです。
スヌーピーがしゃべってる言葉も、妙に文語調だったり。
(谷川俊太郎訳ですよね)
それがまた、味があってよいんですけどね。

A peanuts book featuring Snoopy (1)
チャールズ M.シュルツ 谷川 俊太郎 Charles M. Schulz
4047043877


スヌーピーは大人にとっても子供にとっても、
永遠にみんなのアイドルですね。
英語の勉強にもなるし、最近はヒーリング・ブックまで
出ているし。

スヌーピーのもっと気楽に (1)スヌーピーのもっと気楽に (1)
チャールズ M.シュルツ 谷川 俊太郎 Charles M. Schulz

by G-Tools


私も久々にDVDで映画を見直して、
かなり懐かしい気分に浸りましたですー。
いやし効果もあったかも。
みなさんもぜひどうぞ。


人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
Wham bam thank you, maツ誕m, my qeustoins are answered!
Biana
URL
2011/07/04 11:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スヌーピーの誕生日/ スヌーピーの大冒険(72・米) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる