毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007年の映画ベストテン選びました

<<   作成日時 : 2008/01/04 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

さて、『キネマ旬報』読者のベストテンの選考ハガキを
先ほどやっと書き終わりました。
1月7日必着なので、ギリギリですー。

というわけで、私が選んだ外国映画ベストテンを大公開!

1.ツォツィ (いまや予告編を見ただけで涙涙です)

2.サン・ジャックへの道 (ロハスなメッセージがよかった)

3.善き人のためのソナタ (主人公の最後の一言にジーン)

4.パンズ・ラビリンス
(ブレードランナーおたくの監督が描いた
ダーク・ファンタジーにシビレました)

5.いのちの食べかた
(現代社会への「食」からの問題提起がタイムリー)

6.不都合な真実
(地球環境を考える上で貴重な教材です)

7.ブラック・ブック
(戦争の犠牲になるのは、いつも女性や子供だけれど、
たくましいのもやっぱり女性と子供!)

8.それでも生きる子供たちへ
(同上!)

9.モンゴリアン・ピンポン
(オープニングとエンディングがよければすべてヨシ!)

10.エレクション
(2が公開されなかったのがかえすがえすも残念!!)


こんな結果となりました。

ここでお断りしておきますが、本当は、
私の今年のブッちぎりの1位は、

ブレードランナー・ファイナルカット

なわけですが、キネ旬ベストテンの選考対象外だったのです。
ぐすん。なので番外ということで。

あと邦画については、10本選ぶことができなくて。
でも、特に面白かったベスト4本をあげておきますね。

1.水になった村 
(ジジババの笑顔が忘れられない。
山に帰れないハイジなんて悲しすぎるのに)

2.おそいひと
(衝撃度ナンバーワン。よく公開されたもんだ。)

3.愛の予感
(小林政広監督の映画はとても個性的で、
今後も興味が尽きません)

4.選挙(笑ってる場合じゃない日本の選挙の実態にトホホ)


あと、私にとって2007年・映画界の重大ニュースといえば

1.ブレードランナー ファイナルカット劇場公開&DVD発売

2.お蔵入り映画「スパルタの海」公開


これですかねー!!
両映画とも、突然の劇場公開に本当にビックリしました。
もちろん、同じビックリでも、
ブレードランナーの場合は「驚喜」で、
戸塚映画の場合は文字通りの「ビックリ!!」でしたけど。

ブレランに感涙。
ヨットスクールに失笑。
どちらも映画館で観客が一体となった
素晴らしい体験でした・・・。
(一緒にするな!!ってブレランファンに怒られそうですが)

さてさて、2008年はどんな年になりますかね?
まだ「映画初め」が済んでいない私ですが、
今年もなるべくたくさん映画見ます!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本インターネット映画大賞(2007年外国映画)
2007年の劇場公開映画からベストテンを選んでみました♪ ----------------------------------------------------------------- 【作品賞】 「世界最速のインディアン」  7点 「マリー・アントワネット」    1点 「ドリームガールズ」      1点 「ゴー ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2008/01/05 01:21
2007年映画総括(劇場)
2006年の記事を読み返したら年間44本だったって!2007年は何本なんだ?上半 ...続きを見る
Wilderlandwandar
2008/01/05 04:16
2007年映画総括(劇場)
2006年の記事を読み返したら年間44本だったって!2007年は何本なんだ?上半 ...続きを見る
Wilderlandwandar
2008/01/05 23:18

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
新年おめでとうございます
ベストテンそろいましたか。タイトルはだいたい知っているのですけど、結局見たのは「ブラック・ブック」だけです。これは衝撃的な映画でした。
なんかいつもぴむさんのブログを見て、満足してしまうんですよね。(笑)
というわけで、今年もよろしくです。
kotan
2008/01/04 23:38
kotanさん、今年もよろしくお願いします。
ブラックブックは衝撃的でしたね。エログロサスペンスの世界!?でも実はきっちり反戦映画だったような。
いろんな映画について、私の適当な感想文では語れないことばかりが多かったような気がします。
今年はkotanさんも、たくさん映画館で映画を見られる年になるといいですね。
ぴむ
2008/01/05 01:31
日本インターネット映画大賞へのご投票TBありがとうございました。
大変申し訳ありませんが、投票専用フォームにて作品のご採点をいただき
(作品賞の選出ルールをフォーマットでご確認ください)
http://www.movieawards.jp/blog/
改めてご投票いただきますようお願いいたします。
日本インターネット映画大賞事務局
URL
2008/01/12 15:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2007年の映画ベストテン選びました 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる