毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS ロックの日/ once ダブリンの街角で(06・アイルランド)

<<   作成日時 : 2008/01/08 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

1月8日は「ロックの日」。

1935(昭和10)年にエルヴィス・プレスリーが、
1947(昭和22)年にデビット・ボウイが生まれた日。


今年の映画第一弾は、遅ればせながら
こんな音楽映画を見てきました。
アイルランドのロックバンド、「ザ・フレイムス」の
リードボーカル、グレン・ハンサードが主演しています。

B0016XF4OWONCE ダブリンの街角で デラックス版
グレン・ハンサード, マルケタ・イルグロヴァ, ジョン・カーニー
ジェネオン エンタテインメント 2008-05-23

by G-Tools



アメリカでたった2館の上映から、
口コミで評判が評判を呼んで、ヒット作になったという
この作品。
主演の二人が来日してニュース番組で演奏していたのを
見たんですが、素敵な曲だったので気になっていたんですよね。


主演のグレン・ハンサード、「ザ・コミットメンツ」にも
ギタリストの役で出てたんだ!
やっぱりアイルランドは音楽の国なんでしょうか。

一昨年前に見た、「合唱ができるまで」というフランスの
ドキュメンタリー映画をちょっと思い出しました。
この「once」も「音楽ができるまで」のお話を、
ドキュメンタリー風の手法で描き出しています。

「合唱が〜」は完全なドキュメンタリーでしたが、
「once」のほうは実は違って、
架空のラブストーリーを軸に、話が進行していきます。

ストリートミュージシャンの男が、
チェコ移民の女性(マルケタ・イルグロヴァ)と出会い、
楽器店のピアノと彼のおんぼろギターで即興のセッション。
これがいきなり、とても素敵なコラボレーションなんですよね。
才能のある人っていいねえ・・・と、ため息の瞬間。

二人の関係が、今どきプラトニックなのもなんだかいいなあ。
ある異性とふと出会って、不思議と意気投合するけど
恋愛には踏み込めなくて。そんな関係が描かれています。

そんな関係は、凡人ならば思い出だけで終わるのですが(笑)、
音楽の才能豊かなこの映画の二人は、
ひとときの交流の間に、素敵な曲を産み出していったという
ワケで。
やっぱ才能のある人っていいね・・・。

ダブリンの街の風景が、ていねいに切り取られているのも
グッドです。
グラフトン・ストリートって、
あんな風にいろんなストリートミュージシャンが
毎日演奏しているのかな。
すごーく行ってみたくなります。

音楽を心から愛し、才能もある彼は、資金を集め、
録音スタジオを借り、グラフトン・ストリートから、
バンドをスカウトして、彼女とともにデモCDを作る。
あとは歌手デビューを目指し、ロンドンへ出て売り込むのみ。

そんな一人のプロミュージシャンができるまで、でした。
同じく音楽の才能があっても、彼女の進む道は
彼とは違ってしまったけれど、
それでも明るい未来を感じさせる、そんな余韻の残る作品でした。
そして、エンド・クレジットを見てやっと、
主演の二人に名前がなかったことに気づく私。
「guy meets girl」のお話だったのでした。

なに、この映画、アカデミー賞有力なんて話も出てるの?
それはちょっとほめすぎなような!?
いやいや悪い意味ではなくて
肩の力を抜いて観たほうが、きっと楽しめる作品だと
思うので。
CD一枚聴くような気分で、鑑賞してみてほしい
作品です。きっといい気分になれますよ。


人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ONCE ダブリンの街角で
2006年 アイルランド 2007年11月公開 評価:★★★★☆ 監督・脚本:ジ ...続きを見る
銀の森のゴブリン
2008/07/07 21:05
『ONCE ダブリンの街角で』
2007年のアカデミー歌曲賞も受賞している話題作、『ONCE ダブリンの街角で』をやっとDVDで鑑賞。 音楽の素晴らしさもまた身をもって感じたけれど、ストーリー自体はあまりに局所的で自分は馴染めなかったかなー。 ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2008/10/10 23:21
No.104 ONCE ダブリンの街角で
自分の夢とか別れた彼女の事とか、曲で表現 していました。耳をすましていると こんな風に別れたのかとか心象風景が見えてきた。 ...続きを見る
気ままな映画生活
2008/10/22 23:11

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぴむさん、こんにちは!お久しぶりです。
やっと観ましたが、すごく良かったです。
かなり心に染みわたりました。
ストーリーは全然違うけど、見終わった後の印象が「ローカル・ヒーロー」に似てるなーと思いました。何てことないストーリーだけど、ほのぼのとした気持ちにさせつつ、ちょっと考えさせられるというか、本当に大切な物を思い出しながら前向きになれるようなところが。
それと、服屋のオヤジの一言「ゴージャス!」とか思わず自分のギターを披露してしまう融資担当者とか語りたくなる小ネタの多さも。
いや〜いい作品でした。
CD
2009/09/01 14:28
CDさん、こんにちは。
「ローカル・ヒーロー」同様、この映画も大好きな一本になりました。雰囲気が似てるかもしれないですね。
ほのぼのエピソード&小ネタ満載なのもいいですよね。ほんと、えんえんと語りたくなっちゃいます。(笑)
レコーディングのシーンの和やかな雰囲気もいいですよね。「近くのおいしいブリトー屋」っていうのがすごく気になります。いやー、小ネタに走る走る・・・。
最後は安易なハッピーエンドにはならないけど、とてもさわやかなラストでしたね。うーん、やっぱりいいです!

ぴむ
2009/09/02 11:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロックの日/ once ダブリンの街角で(06・アイルランド) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる