毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンス・パーティーの日/ スウィーニー・トッド(07・米)

<<   作成日時 : 2008/01/28 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 10

1月28日は「ダンスパーティーの日」。

1883(明治16)年、明治政府が14万5000円をかけて建設した
迎賓館「鹿鳴館」が、この日にオープンしました。
煉瓦造りの2階建ての美しい建物は、
英国人ジョサイア・コンドルの建設によるもので、
外国貴賓の接待や社交の場として
毎夜のごとく舞踏会が開催されました。


今公開中のこの話題作にも、ダンスのシーンがでてきましたよ。
ジョニー・デップとヘレナ・ボナム・カーターが、
二人で踊るシーンがあります。
その後の展開が、たいへんですけどね・・・。

B0016OTUNCスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 ブックレット付プレミアム・ボックス (数量限定生産)
ジョニー・デップ, ヘレナ・ボナム=カーター, アラン・リックマン, ティモシー・スポール, ティム・バートン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-06-11

by G-Tools


ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビが、
前作「チャーリーとチョコレート工場」とは
うって変わって送り出した、
ミュージカル映画とは思えないスプラッター・ムービー!?
(まあ「チョコレート工場」もけっこう毒気タップリでは
ありましたけどね。)

この映画を見ちゃったら、
男性諸氏はもう当分、床屋にヒゲ剃りには行けないでしょー。
考えてみれば、床屋で剃刀の前に喉をさらけ出してるのって、
無防備な姿ですよね。


ジョニー・デップの歌と演技はなかなかのものでしたが、
悪役にも演技派、アラン・リックマンが配されているのも
うれしかったです。
出世作「ダイ・ハード」といい、
憎まれ役をやらせたら天下一品ですよね。

画像


デップが扮するスウィーニー・トッドは、恐ろしい復讐の鬼。
でもその風貌も性格も、ティム・バートン流に
デフォルメされたキャラになっています。
だから血まみれの連続殺人も、どこかブラック・ユーモアに
見えるんでしょうかね。
こういうの、私は嫌いじゃないですが、

でもやっぱり、バートン&デップの作品は、
第一作目の「シザーハンズ」がいちばんだったような。

ちなみにその他のバートン&デップ作品といえば、
「エド・ウッド」「コープス・ブライド」「チャーリーと
チョコレート工場」「スリーピー・ホロウ」でしたね。
独断と偏見で、順位をつけてみたならば、

1.シザーハンズ
2.エド・ウッド
3.コープス・ブライド
4.スウィーニー・トッド
5.チャーリーとチョコレート工場
6.スリーピー・ホロウ

私としては、こんな感じでしょうかね。

しかしこうして並べてみると、
6作まったく違うキャラを演じ分けてきた
ジョニー・デップってやっぱりすごいですね。
ジョニーもここまで人気者になってしまうと、
改めて「すごい」っていうのも、なんだか気が引けますけど。

しかし、騒がれないけど「演技がスゴイ」役者って、
けっこういるんですよね!
アラン・リックマンもそうですし、
ジェフ・ブリッジスなんかも、私はデニーロよりすごいと
思うんですけど、全然地味ですね。

そんな「地味な役者」についても、いつか語りたいものです。
実はジョニー・デップのことも、そんな風に語りたかった・・・。
デップがこんなにメジャーなハリウッド・セレブになるとは、
「クライ・ベイビー」や「シザーハンズ」を見ていたころは
思いもしなかったのですよ・・・。
てっきり彼は個性派でいくんだと思っていたんですけど、

時は流れて今は・・・なんだか寂しいわ・・・はあ・・・

・・・って、最後はグチかーい!
おあとがよろしいようで。


人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 第1位
上映スクリーン数: 400 オープニング土日興収: 4億円「チャーリーとチョコレ ...続きを見る
映画コンサルタント日記
2008/01/29 21:44
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  (SWEENEY TOD THE DEMON B...
日頃からミュージカルは苦手とか言ってますけど、流石にこれは見 ...続きを見る
Wilderlandwandar
2008/02/02 21:54
『シネトレ』公認!映画ブロガー募集のおしらせ
シネトレのスタッフよりも、映画を熱く語れる方、大募集です。 ...続きを見る
映画情報なら「シネトレ」…リニューアル期...
2008/02/04 16:59
「スウィーニー・トッド」飛び散る血飛沫にご用心
「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 」★★★☆血が大丈夫なら楽しめる ジョニー・デップ主演 ティム・バートン監督、2007年、アメリカ ...続きを見る
soramove
2008/02/08 08:14
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ジョニー・デップ主演) ...続きを見る
ひめの映画おぼえがき
2008/02/20 04:43
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 観てきました
 今週4本目、そして今年10本目はスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師でした。今年は映画館に行くペースが例年になくスローペースです。挽回できるのか?! ...続きを見る
よしなしごと
2008/02/26 10:29

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです^^  シザーハンズは映画を知らない私でも何か印象に残っていますし、ジョニーデップという名も刻まれていました。ホントに、パイレーツオブカリビアンに出る人と同一とは思えませんねー。ふつうはスターがスウィーニー役みたいなのをすれば、超話題作になるはずなのに、ジョニーさんだと、やっぱり、という感じなのが複雑^^;
私は「タップス」という映画のパンフレットを持っているのですが(見たかどうかさえ忘れた…)、若き日のショーン・ペンが好きでした。最近見たような…。
ソナムです
2008/01/29 19:22
私もシザー・ハンズがとても好きです。スリーピー・ホロウはいまいちかな。チョコレート工場は色彩が楽しかったですね。でもあのシザーのジョニデの暗い目がいいんですよね。
>実はジョニー・デップのことも、そんな風に語りたかった・・・。
ほんと、そうですよ。こんなにメジャーになろうとは!個性派で通してほしかったわ。器用過ぎる君がイケない!!
kotan
2008/01/29 20:03
ソナムさん、
「タップス」って懐かしいー!
トム・クルーズも出てませんでしたっけ???若いころのショーン・ペン、いいですよね。マドンナと結婚したころから、すっかりプッツンのレッテルを貼られてしまいましたけど!?最近のショーン・ペンは、シリアスな役もよいけれど、やっぱりプッツンなギタリストを演じた「ギター弾きの恋」がよかったと思います!
ぴむ
2008/01/29 21:47
kotanさん、
デップが酒飲んで暴れたり、「ウィノナ命」の刺青をしていたころが懐かしい!? そんな彼が、来日時に「空港お出迎え」されるほどのセレブになろうとはねえ。ちょっと前までは(ちょっとでもないか)、「ジョニー・デップが好き」といえば「誰それ?」だったのに、いまやメジャーすぎて言いづらい始末。
とほほのほ。好きなハリウッドスターはと聞かれたら、なんと答えていいのやら? いやジョニーほんとに好きなんだけど。
ぴむ
2008/01/29 21:58
「タップス」のあらすじを確認してきました^^(やっぱり見覚えがないです)12月にDVDが出てるんですね〜。 そして事件の発端はまさに「ダンスパーティ−の夜」! トム・クルーズはわき役で、そう言えば少しぽっちゃりクンのイメージがあります。主役はティモシ−・ハットンでした。ショーン・ペンって、マドンナと結婚したんですね〜、忘れてました。少しショックだったはずなのに。 1981年の映画だったのですね〜^^ もう26年も前…。 
ソナムです
2008/01/29 22:42
こんにちは。いやー、ほんとね、ジョニー・デップはインディーズやマニアックな世界のヒーローって感じだったのに、気付いたらトム・クルーズばりの超メジャースターに。。。びっくりですよね。妹の恋人とか出てたころ、こんなになるなんて誰も思ってなかった。日本でいえばオダジョー(?)みたいに、イケメンで影があって、でも超メジャーど真ん中じゃない個性派スター、だったのにネ。私ももちろんシザーハンズがダントツですよ。先日この映画見てきたので、またブログのほうで書きたいと思います(^^)。
hoisam
URL
2008/02/01 20:46
ソナムさん、お手数かけました!?
そっかー、「ダンス・パーティの日」の映画は「タップス」でもよかったんですね。
タップス、私もなぜか見たのかどうか記憶が定かでないんですよ。悲しいラストだったような?
ティモシー・ハットンってのも懐かしいですね。私わりと好きでしたけど。
やっぱり地味なところが(笑)。
しかしトム・クルーズがポッチャリ王子だったことだけは、よく覚えてます!(爆爆)
ぴむ
2008/02/01 21:27
hoisamさん、お仕事落ち着きましたか?
デップは、正統派ハンサムというよりは、ちょっとクセのある個性顔だと思いましたけどね。そういえば、ブラピのこともそう思ってました。テルマ&ルイーズに出てたころは。
スウィーニーご覧になったんですね。またそちらのブログへ遊びに行きまーす!
ぴむ
2008/02/01 21:33
ホント、トム・クルーズも、あそこまでビッグになるとは! ですね。 映画に詳しくないのでよくわからないですけど、一世を風靡した「ブラピ」より人気があるのでは?  今はやっぱりジョニーさんがダントツ?  ダニエル・ウーさんも見てみましたよ。  写真によるけど、映画の中で見たら、もっと似てるでしょうね。  でも、カンさんの方が厳しい目をしてる気がして好きです^^クールな人に惹かれます^◇^ ほほほ
ソナム
2008/02/02 11:26
たしかにシャープな感じといえば、ダニエル・ウーよりカン・ドンウォンですかね。なるほどー、クールな感じがタイプですか。今回のジョニデはクールを飛び越えちゃってましたが、次回はどんな役をやってくれるやら。
トムもブラピもジョニデも、人気ぶりは優劣つけがたいですね。いずれもビッグスター! 次世代のビッグスターは誰になるでしょうね。
ぴむ
2008/02/04 20:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ダンス・パーティーの日/ スウィーニー・トッド(07・米) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる