毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「靖国」、大阪・十三の映画館は上映決める

<<   作成日時 : 2008/04/03 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止問題で、大阪市淀川区十三本町1丁目の映画館「第七芸術劇場」が5月に予定通り上映することを決めた。同館は地元商店主らが出資する96席の市民映画館。松村厚支配人は「見たい人がいるなら、それを提供するのが役目。映画館を議論の場にしてほしい」と話している。上映は同月10日から7日間の予定。

 「靖国」は、靖国神社に参拝する戦没者遺族や軍服姿の若者らをナレーションなしで撮影した中国人監督の作品。トラブルや嫌がらせを警戒した大阪、東京の5館が3月末までに相次いで上映中止を決めた。大阪で唯一の上映先となった第七芸術劇場には、中止しないよう求める電話やメールが相次いだという。

 社会派作品を多く扱ってきた松村支配人は「客観的に靖国をとらえている」と作品の感想を話し、「靖国がある東京はもう少し踏ん張ってほしかった」と話している。同館は経営難で99年に閉館したが、02年に地元商店主らが1口5万円を出資して再開した。
(asahi.com より)


映画館主は、こうでなくっちゃね!
それにしても、東京の映画館は情けない。

脅してくる人たちには腹が立ちますが、
すぐに脅しに負ける映画館には、もっと腹が立ちます。

上映を「自粛」した東京の映画館には、
自分たちが文化の担い手であるという自負が
まるでないんですね。

文化のない人間に映画館なんて経営してほしくないです。
お金儲けなら、もっと別の商売やったほうが儲かるでしょ。
どうぞとっととおやめくださいませ。

特に、「安全な上映環境を脅かされた」ことを、
すべて配給会社の責任にしている六本木シネマートには、
怒りを禁じえません。
http://www.cinemart.co.jp/theater/images/yasukuni.pdf

上記を読んでも、
納得どころか「卑怯」という二文字しか浮かばないです。
恥ずかしくないんでしょうか、こんなコメント出して、
株式会社エスピーオーは。

上記、第七芸術劇場の支配人の言葉

「靖国がある東京はもう少し踏ん張ってほしかった」

まったくそのとおりですよ。
情けないったらありゃあしない。

少しでも恥ずかしいと思うなら、きっちり「靖国」上映してほしいです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「靖国」の映画は知りませんでしたが、上映撤退とは情けないですね。中国人監督と言うことで、嫌がらせが増えたのではないでしょうか?これが日本人監督だったら、上映する映画館も増えたのでは?
もっと、広い心を持ってほしいです。右とか左とか二極化ではなく、まず「表現の自由」ありきですよね。
そういう意味で十三の「第七芸術劇場」根性見せましたね!パチパチ!!
kotan
2008/04/04 00:31
そうそう、中国人だからどうとか、右とか左とか、映画も見ない前からどうこう言うなんて、つまらないことだと思います。「江川紹子ジャーナル」というサイトで江川さんが「上映自粛は表現の自由の自殺行為」と書いていて、まったくその通りだと思いました。
十三の「第七芸術劇場」は、商店街が出資して復活させた市民劇場だそうで、市民の心意気、見せましたよね!
東京でも上映を希望する映画館も出てきたらしいので、うれしいニュースを期待したいと思います。
ぴむ
2008/04/04 09:26
中国じゃなくて韓国の監督だお
m9(^Д^)プギャーーーッ
m9(^Д^)
2008/09/15 16:13
m9(^Д^)さん、こんにちは。
李纓(リ・イン)監督は、広東省生まれの中国人ということです。
映画「靖国」は、日中韓の合同作品ですね。

ぴむ
2008/09/16 20:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「靖国」、大阪・十三の映画館は上映決める 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる