毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 119番の日/ M★A★S★H(マッシュ)(70・米)

<<   作成日時 : 2008/11/09 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

11月9日は「119番の日」。

電話番号119と11月9日の語呂合わせです。
自治省(総務省)消防庁が1987(昭和62)年に制定しました。
119番が誕生したのは1927(昭和2)年です。
この日から秋の火災予防運動が始まりました。


119番といえば救急車。
救急医療といえば、こんな映画を思い出してしまいました。

B000MR9B4Mマッシュ 特別編
ドナルド・サザーランド, エリオット・グールド, トム・スケリット, ロバート・デュバル, ロバート・アルトマン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-04-13

by G-Tools






ロバート・アルトマン監督の出世作にして、
カンヌ映画祭パルムドール受賞作。
MASHとは移動野戦病院の略称。
朝鮮戦争を舞台に、軍医たちの活躍と
部隊でのハチャメチャな日常を描きます。

ロバート・アルトマンの映画って、
インテリすぎてあまり好きになれないのですが、
この作品は愛しちゃいますねー。

第4077移動野戦病院に赴任してきた3人の軍医
ホークアイ(ドナルド・サザーランド)、デューク(トム・スケリット)、
トラッパー(エリオット・グールド)たち、
腕は立つけど、やることなすこと悪ふざけばかり。
軍規一点張りのカタブツ上官たちをコケにして、
こっぴどい悪戯でさんざんな目に合わせてしまいます。

ホークアイことドナルド・サザーランドの、
厭世観たっぷりのグレっぷりが、とてもカッコいいです。
トム・スケリットとエリオット・グールドはおとぼけ担当で、
みんないい味出してます。

軍隊を徹底的におちょくりたおす、
アルトマン流反戦コメディですね。
ベトナム戦争の真っ只中に、
こんな映画を製作・公開でき、
しかもゴールデングローブ賞まで与えてしまうアメリカって国は、
本当に懐が深いです。

数々の授賞歴が示すように、
この映画が数あるおバカ映画と一線を画すのが、
手術シーンのグロさとリアルさ。

血まみれの肉塊と化した兵士たちが次々と運び込まれてきては、
黙々と手術をこなす軍医たち。
戦争で傷つけては治し、治ったらまた戦い・・・って、
悪い冗談でもなければやってられませんよね。
そんな悲壮感と厭世観が、ホークアイたちを
悪ふざけへと駆り立てるのか・・・なんてね。

彼らがまたたいへん優秀な医師であるというのも、
戦争で才能が浪費されていく虚しさを感じさせます。
彼らの悪戯がエスカレートすればするほど、
戦争や軍隊のアホらしさが浮き彫りになっていく。
そんな秀作コメディなのでした。

そういえば日本でもこないだ、
酔って全裸でコンビニに入店した自衛隊員が逮捕されてましたが、
彼も軍隊なんてやってられなかったんでしょーか。
いやー、ホークアイたちの上をいきましたね。
自衛隊も珍事件いっぱいありそう。
日本の監督、誰か映画化しなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベトナム経済事情について
ベトナム投資信託を始める前にベトナムの経済情勢について学びましょう ...続きを見る
ベトナム投資信託
2009/07/29 11:25

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビで見たことがあるような気がします。朝鮮戦争だったとは!
当時は、朝鮮戦争というものがあったことさえ知りませんでした。
いまだに知らないことばかりです…。
ソナム
2008/11/09 20:18
ソナムさんこんにちは。
私もちゃんと見直すまでは、てっきりベトナム戦争の話だと思っていました。
朝鮮戦争のことを描いた映画って、あまりないと思います。韓国映画なら「ブラザーフッド」があったけど。
ぴむ
2008/11/09 20:55
いやー、大好きです!名作です!私はたしか中学生のときに深夜映画で見たのですが、何度もひっくり返りましたよ。「切れ者ピアス」、カッコよかったです。私も見直したくなりました。懐かしい作品を、ありがとうございました!
hoisam
URL
2008/11/09 22:36
hoisamさん、こんにちは。
この映画はほんとに愉快痛快でしたね。
「ホットリップス」なんてあだ名をつけられちゃった女性上官はほんとにお気の毒。今見るとまた感慨深いものがある映画だと思います。
ぴむ
2008/11/09 23:35
「ブラザーフッド」と「M★A★S★H」が同じ戦争を舞台にしているなんて思えません。
「BH」以来、激しい暴力シーンのある映画が辛くなりました。
戦争といっても、戦闘以外は日常生活ですから、当然と言えば当然ですが。
でも、米軍は帰るところがある軍隊ですからね…。
ソナム
2008/11/10 20:42
戦争の当事国と、よそからちょっかいを出しにきた国とでは、同じ戦争を描いても全然違うでしょうね。もっともマッシュは、朝鮮戦争にかこつけて実はベトナム戦争批判をしたかったという見方もあるようです。
逆に韓国はベトナムに派兵しているんですよね。「大統領の理髪師」にその描写があって、戦争に行く前と後とのある若者の描き方がすごく秀逸で・・・って、これもいつか記事にしないといけないです。
ぴむ
2008/11/11 20:54
韓国軍がベトナムでしたことは少し聞いています。どの国も、「子ども」には、自分たちがしてきたことを知らせたくないものなのですね。
「大統領の理髪師」が、そういう映画だということも初めて知りました。
ベトナムや湾岸などの帰還兵もいつか書きたいと思うテーマです。
ソナム
2008/11/13 21:30
大統領の理髪師は、韓国の軍事政権時代をドラマチックかつユーモラスに描いた秀作でした。政治によって庶民の生活がいかに変わってしまうのか、ということがよくわかりました。

よその国の戦争は関係ないよ、では済みませんよね。イラク戦争もそうですし・・・。
ぴむ
2008/11/14 15:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
119番の日/ M★A★S★H(マッシュ)(70・米) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる