毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年に観た映画のベストテン 外国映画編(日本インターネット映画大賞に投票)

<<   作成日時 : 2009/01/06 22:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

日本インターネット映画大賞から投票依頼があったので、
フォーマットに従いトラックバックにて投票します。
えー去年は何が面白かったかな。
---------------------------------------


『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「イースタン・プロミス」    5点
  「Once ダブリンの街角で」   5点
  「4ヶ月、3週と2日」    3点
「僕らのミライヘ逆回転」 3点
  「エグザイル/絆」    3点
  「レッドクリフ Part1」   3点
  「やわらかい手」    3点
  「マイ・ブルーベリー・ナイツ」    2点
  「俺たちフィギュアスケーター」    1点
  「女工哀歌」    2点

【コメント】
基本的に「好きな映画」を選ぶんですが、「「4ヶ月、3週と2日」 はあまりにもインパクトが強かったので
上位に来てます。「女工哀歌」も衝撃ありましたね。時給7円ですよ7円。
個人的に特に偏愛しちゃったのは、「イースタン・プロミス」と「「Once ダブリンの街角で」と僕らのミライ〜」と
「エグザイル」ですかねー。「僕らのミライ」の「手作りリメイク映画」は、
いまだにYoutubeで「sweded」で検索して笑い転げています。
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のお洒落さんな感じもよかった。
「俺たちフィギュアスケーター」は、こういうのも1本は入れとかないと気がすまないタチなもので。


-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [デヴィッド・クローネンバーグ] (「イースタン・プロミス」)
【コメント】
完成度の高さに舌を巻きました。クローネンバーグの進化はまだまだ止まりません!


【主演男優賞】
   [ヴィゴ・モーテンセン] (「イースタン・プロミス」)
【コメント】
全裸の格闘シーンには、ただただド肝を抜かれました。男は鍛えてナンボよね!

【主演女優賞】
   [マリアンヌ・フェイスフル] (「やわらかい手」)
【コメント】
ミック・ジャガーの元カノとは知りませんでした。
こんなに味のある役を演じられる女優になったのも、
いろいろ苦労があったからかもしれませんね。

【助演男優賞】
   [フランシス・ン] (「エグザイル/絆」)
【コメント】
しばらく観ないうちに一段とセクシーにカッコよくなっていてビックリ!
映画自体も超カッコよい映画でした!

【助演女優賞】
   [マルケタ・イルグロヴァ] (「Once ダブリンの街角で」)
【コメント】
歌が素晴らしかったです。しかし、清純に見えて実は純な男心をもてあそんでいたのかも!?
うーん、したたかじゃ(笑)。

【新人賞】
   [特に思いつかない] (「        」)
【コメント】

【音楽賞】
  「Once ダブリンの街角で」
【コメント】
サントラ欲しくなる度ナンバーワン。
やっぱりダブリンは音楽の街だったんですねー。
行ってみたくてたまらなくなります。


-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [社会現「賞」] (「レッドクリフ Part1」)
  
【コメント】
三国志ブームになりましたよね。三国志関連の書籍も売れたとか。
おかげで無知だった私も三国志のイロハを勉強しました。
三国志キューピー欲しかったです。赤兎馬キューピーには笑ったなあ。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意します。
-----------------------------------------------------------------

日本映画部門はまた後日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ぴむさん、こんばんは!
予想通り、未見の映画がほとんどでした。(笑)
でも、イースタン・プロミスが最高評価!
これだけで十分納得。うれしいです。(笑)
「ツォツィ」もそうでしたが、ぴむさんの評価は気にしてます。
今年も特に「Once ダブリンの街角で」は気になりました。
それでは、また。
CD
2009/01/06 23:05
ぴむさん、今年もよろしくお願いします<(_ _)>
映画は全然見れてないのですが、いつも気になっています。
>イースタン・プロミス
ですか〜クローネンバーグ、発展途上ですね〜
φ(..)メモメモ
kotan
2009/01/07 10:39
CDさん、私の独断と偏見のベストテンを見ていただいて、ありがとうございます。果たして参考になるかどうかですが、「Once ダブリンの街角で」や「やわらかい手」なんかは、CDさんも気に入る映画ではないかな?と勝手に想像します。「僕らのミライへ逆回転」も、私ら世代の映画ファンなら思わず笑ってしまう小ネタが満載でおすすめです。

今年もCDさんのブログ、楽しみにしています。
ぴむ
2009/01/07 20:08
kotanさん、今年もよろしくお願いします。
イースタン・プロミスは、婦女子にも見どころ満載です、いろんな意味で!?

今年も面白い映画に出会いたいです。
kotanさんは素敵な音楽探しかな?
ぴむ
2009/01/07 20:10
先般は日本インターネット映画大賞への投票ありがとうございました。遅くなりましたが、作品賞ならびに各賞が決定しましたのでお知らせいたします。今後とも、日本インターネット映画大賞をよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞事務局
URL
2009/02/07 09:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008年に観た映画のベストテン 外国映画編(日本インターネット映画大賞に投票) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる