毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS バイオリンの日/ 迷子の警察音楽隊(07・イスラエル=仏)

<<   作成日時 : 2009/08/28 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

8 月 28 日は「バイオリンの日」。

1880(明治13)年、東京・深川の楽器職人・松永定次郎が、
国産バイオリンの第一号を完成したのがこの日です。
バイオリンが中心的な楽器になったのはバロック時代の
イタリアでした。
そしてストラディバリをはじめ、バイオリン製作の名工が
次々に出現しました。


バイオリンをはじめ、いろんな楽器を演奏する音楽隊が
登場する映画を紹介しましょう。

2007年カンヌ国際映画祭で、「一目惚れ賞
という特別賞を獲得したこの音楽映画。
でもなんだか、ノリノリというよりはユルユル!?

迷子の警察音楽隊 [DVD]
迷子の警察音楽隊 [DVD]
おすすめ平均
stars淡々と展開される物語の中に、人種や宗教を越えた理解が垣間見れる
starsほのぼの Happy!
starsこういう作品にめぐり合えるから映画はやめられない
stars繊細な「愛」と「情」に満ちている。
stars助け、助けられる。優しさあふれる映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「あるとき、エジプトの警察音楽隊がイスラエルにやってきた。
覚えている人は少ない。別にどうってことなかった。」


そんなプロローグから始まるこの映画。
やって来たはいいものの、やる気のないプレイボーイ隊員の
おかげで、警察音楽隊は目的地を間違えてしまい、
ホテルもないような田舎町にたどり着いてしまいます。
音楽隊とはいえ、おまわりさんが迷子とは・・・。
いやあー、このユルユル感がたまらないです。

イスラエルとエジプトは、歴史的にいろいろありすぎて
きわめて仲がよろしくない隣国同士。
おかげで音楽隊の面々は、終始気まずい思いをするハメに・・・。

でも、たまたま立ち寄った食堂の気さくな美人おかみ!? が
音楽隊に一夜の宿を手配してくれます。
彼女のおかげで音楽隊メンバーは、
食堂常連客の各家庭に泊めてもらうことに。

そんなヘンテコリンないきさつの、
たった一夜の出来事を描いた映画です。
そんな気まずい一夜が、音楽や町の人々との
交流を通して、少しずつなごんでいきます。

カタブツの音楽隊長が、せっかく彼に好意的な美人おかみと
なかなか打ち解けないのに歯がゆくなったり、
例のプレイボーイ君が現地のオクテな青年に恋の手ほどきを
するのにニンマリしたり。
クスッとくるようなほんわかエピソード満載です。

そうやって個人的につき合ってみたら、
仲の悪い国っていっても、
別にみんな悪い人たちじゃないなー、というのも世の常。
国際交流にはまず個人交流ですね、やっぱり。

最後に音楽隊が演奏する、エジプトの伝統音楽を
アレンジした曲も印象的。
どこかのミュージシャンだかNGO団体だったかが、
「世界中の武器を楽器に変えよう」
っていう素敵なスローガンを
掲げてたんですが、
ほんと、音楽って本当に平和の象徴なんだな、と実感できる
ラストシーンでした。



人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです^^
素敵な映画ですね。
日本も昔、確か英軍と鉢合わせしたとき、どちらが始めたか知りませんが、「埴生の宿」を歌って合唱になって事なきだったと聞いたことがあります。
どんな状況にあっても互いに美しいものを尊重できることが平和への近道かも…。
ソナム
2009/08/29 15:07
ソナムさん、お元気でしたか。
素敵なエピソードありがとうございます。
歌や音楽って国境を越えますよね。
いろんな国の美しいものを見せてくれるのが、映画のいいところですよね。ハリウッド映画ばかりでなく、小さな国の映画ももっと見てみたいものです。
ぴむ
2009/08/30 13:01
こんな感じの映画って好きです。
とぼけているようで、やっぱ武器じゃなくて音楽でしょう!っていうノリがいいですよね。イスラエルが、こんな映画を作るっていうのは意外でした。
ソナムさんの「埴生の宿」の話は、小説「ビルマの竪琴」の中に出てくる感動的なシーンですよね。
kotan
2009/09/01 17:37
そうそう埴生の宿といえばビルマの竪琴でしたね。私の世代では「小学生必読の書」だったビルマの竪琴、なぜか私、読んでないんですよね。映画も見そびれてしまって。それなのになぜか、ビルマの竪琴というと真っ先に中井貴一のお坊さんが思い浮かんでしまいます!?

そういえば「二十四の瞳」も、小豆島まで行ったことあるくせに読んだことがなくて、最近やっと高峰秀子の映画版で見て、いまさらながらに感動しました…。もっと早く読んどけ、って感じです。
私、そういう本がけっこう多いです。いかんなあ勉強不足。名画もまだまだ見てないのがいっぱいあります(汗)。



ぴむ
2009/09/02 10:52
昼間はまだ暑いですね〜こちらは蚊が多くて閉口します。(昼間から刺すなよ!)
ビルマの竪琴、中井貴一さんの印象強いですよね。戦争中でもこういう人もいたんだと思うと救われます。
小豆島はいいなあ〜私もこの島に行ってからあらためて「二十四の瞳」を読んだんですけど、感動しましたね〜高峰秀子の映画もよかったです。なんか最近、昔の映画のほうが力があるというのか、個性的で光っているような気がするんです。年取ったのかしらね?
kotan
2009/09/02 12:22
ここ数日涼しいですが、また暑さが戻ってくるとか。
「最近の映画は面白くないねえ」なんて、私もつい言いそうになります。淀川長治さんは、「いつの時代も、今やっている映画がいちばん面白い」が持論だったそうですが、それでもやっぱり、昔の映画のほうが面白い気がしてなりません。ハリウッド映画なんて明らかにネタ切れだし、邦画にしても、深みを感じる映画が少なくなったように思います。役者の層も薄くなったような。でも面白い映画が皆無なわけじゃないから、一生懸命探して、見つかればまたここで報告したいと思います!

ぴむ
2009/09/02 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
バイオリンの日/ 迷子の警察音楽隊(07・イスラエル=仏) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる