毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「母なる証明」

<<   作成日時 : 2009/11/02 20:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

4344413830母なる証明 (幻冬舎文庫)
幻冬舎 2009-10

by G-Tools


ウォンビン復帰第一作は、
殺人の追憶」、
グエムル」の
ポン・ジュノ監督最新作ということで、期待大でしたが、
やはり、一筋縄ではいかない衝撃作でした。

美形スターのウォンビンが、このような役柄に挑戦していたとは
思いも寄りませんでした。
軽い知的障害のあるらしい、ちょっと変わった青年を演じています。
視点も思考も感情も一つところにとどまることなく、
どんどん移ろっていってしまう、
つかみどころのない不思議な青年を
見事な説得力で演じていました。

そして「韓国の母」と言われるという、キム・ヘジャですね。
子供のためならどんなことでもする母親・・・
というと、先日見た「私の中のあなた」の
キャメロン・ディアスと、ちょっとカブりました。

こちらは白血病の娘を救うために、
遺伝子操作で臓器提供用の子供をもう一人作るという、
実際にあった話を映画化したものでした。

それから、キネ旬に「チェンジリング」と比較した評論もあって、
そうそう、これも強烈な母親像だったな、と。

この3本はまさに、「母性という狂気」を
描いているのかなと思いました。
母の愛は海より深く、でもときに狂気をはらむのだなあ。

「私の中のあなた」は、遺伝子操作や
臓器移植といった問題が、
結局は甘口のホームドラマに置き換えられていくことに
批判もあるかと思いますが、
最終的には「運命を受け入れることの大切さ」を描いていると思うので、
私は嫌いではないんですよね。

そしてこの「母なる証明」はというと・・・
「私の中のあなた」とは真逆に、
すごーくシビアな展開になっていきます。
「チェンジリング」より、ある意味厳しい・・・。

「殺人の追憶」に出てきたような田舎町で、
女子高生が殺害され、
そのとき現場近くにいたトジュン(ウォンビン)が
逮捕されてしまう。

純粋無垢な息子が殺人など犯すはずがない。
そう信じる母親(キム・ヘジャ)は、
世間から孤立していきながらも、
自ら真犯人を突き止めていくのですが・・・

母親の真犯人探しの過程は、
途切れ途切れに蘇るトジュンの記憶とも
あいまって、とてもスリリングで
サスペンスに満ちています。

そして、事件の鍵を握る人物を突き止めたとき、
そこからはもう、さらに息を呑む展開になっていきます・・・。

ラストシーンは、意見が分かれるでしょうね。
許せない、と思う人もいるかもしれません・・・。

「わが子を救いたい」という母親の究極のエゴ。
エゴではあっても、それはやはり美しい。
この映画も、「私の中のあなた」も、
そういってるような気がします。
やっぱり、母親賛歌と見ていいのだろうか、
と思います。

「母なる証明」の映画詳細、映画館情報はこちら >>






ウォン・ビン主演 母なる証明(マザー) OST
韓国

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

キネマ旬報 2009年 11/1号 [雑誌]
キネマ旬報社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ぴむさん、おひさです。<(_ _)>
母の愛情、海より深いですよね。そして深い愛情は人を縛ります。怖い面もありますよね。
でも子供に愛情を感じない親もいて、困った世の中です。そんな親をみると、やはり母性は本能ではないのかと思ってしまいます。
kotan
2009/11/04 16:41
kotanさん、こんばんは。
>困った世の中
虐待とか親子間殺人とか、いろいろ問題がありますね。こんな世の中だからこそ、ポン・ジュノ監督もあえて濃厚な親子の絆を描きたくなったのかもしれないですね。

しかし中国や韓国は、まだまだ日本より親子関係は崩れてないような気もします。儒教の国ってこともあるんでしょうけど、私の中国語の先生も、親子で殺人なんて信じられない、って言ってました。かつての日本もそうだったはずですけど・・・ヘンなところで先をいっちゃってるんでしょうか。
ぴむ
2009/11/04 20:31
すみません、こんなときだけコメント書いて。
 この映画、韓国で見たので、話が全く分かってませんでした。
 そういうお話だったのか、と改めて思いました。
でも、「母」の凄さは言葉が分からなくてもよく分かりました。
 母でない私には想像できない心情でしたが、ぴむさんの記事を読ませていただいて、少し分かりました。
 韓国のアジュンマたちは、他人の私にもすごく優しいです。
 彼女らは「母」なんですよね、と思います。
 ウォンビンさんを褒めてくださってありがとうございます^^;(私は母か?…)
ソナム
2009/11/04 22:48
ソナムさん、こんにちはー。
ふふふ、母心ですかー、わかるわかる。私も、ふと気づくとイケメンを見る目が母親目線になっているお年頃です(笑)。
ウォンビンさんは、今回、来日インタビューなどを見ていて、スターぶらない純朴な人柄なことを実感できました。
それゆえ、映画の中のウォンビンさんのヨダレ爆睡とか立ち○○○姿は、けっこうショッキングでしたよね・・・。
ぴむ
2009/11/05 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
「母なる証明」 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる