毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 焼肉の日/ 息もできない (08・韓)

<<   作成日時 : 2010/08/29 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

8 月 29 日は「焼肉の日」。

「やき(8)に(2)く(9)」の語呂合わせから、
全国焼肉協会が1993(平成5)年から実施しています。
各地社会への貢献と販売促進を目的とし、全国各地の加盟店が、
社会福祉施設などをお店に招待したり、出張バーベキューなどを実施しています。

いやー、毎日暑いですね。
今年のこの猛暑はどうなってんだ!
こんな暑い日に、焼肉の話題で恐縮です!
が、焼肉といえば韓国だ!
暑さに負けず、おすすめ韓国映画を紹介します!

「息もできない」

画像


公式サイト
http://www.bitters.co.jp/ikimodekinai/

3月にシネマライズで鑑賞したのですが、DVD まだ出ないのかな?
内外の評価も高いみたいですが、期待にたがわず、すごくいい映画でした!

「いい映画」というと、しみじみ感動するような映画を想像するかもしれませんが、
この映画は荒削りで斬新というか、心にグサッとくるというか、
そんな映画でした。涙するシーンももちろんあるのですが、
感傷というよりは、心に痛いんですよね・・・。
ともかく力のある映画です。

舞台はソウル。旅行に行ったことのある人なら、
見たことのある風景なんかも出てきます。
でも主人公が暮らすのは、そのソウルの中心にほど近いのに
都会の華やかさとは一線を隠した、貧しい人々の暮らす街なのです。

チンピラのサンフン(ヤン・イクチュン)と、
女子高生のヨニ(キム・コッピ)。
共に貧しさと暴力にさいなまれる境遇で暮らす二人が、
偶然に出会って、心を通わせていく。そんなお話なんですが、

このサンフンってヤツが、ともかく暴力的で。
相手が女性だろうと誰だろうと、すぐ殴るし。
暴力でしか自分を表現できない。そんなヤツなんです。

そんな怖い男に、物怖じもせず正面切って話ができるのが
日々、家庭内暴力にさいなまれているヨニ。
二人の初めての出会いのシーンは、とてもインパクト大で、
劇場では思わずあちこちから声が上がりましたね。
サンフンが吐いた唾が、たまたまヨニに、それから・・・
ちょっと衝撃的で、映画史上忘れられない出会いのシーンでしょう。

そんなある意味最悪な出会いをした二人が、
お互い共鳴するものを感じたのか、「友達以上恋人未満」な不思議な関係になり、
交流を深めていく様が、なんとも微笑ましかったりもするのですが、

サンフンの日常的な暴力が暴力を呼び、やがて悲劇が・・・。

主演のサンフンを演じているのは、監督のヤン・イクチュン自身。
すぐ暴力をふるう最低男のはずなのに、ずっと見ていると、
なんだか可愛く見えてくるような、不思議な魅力をたたえた主人公を
渾身の演技で演じています。

主人公が主人公だからして、暴力描写も多いのですが、
わりと品のある見せ方で、直接的な残虐シーンはほとんどないです。
キタノ映画みたいなのはどうも苦手な私も、ぜんぜん嫌悪感なく見られて、
描写がうまいと思いました。

夜の漢江のほとりでの、二人のシーンも、名シーンですよね。

画像


ほんと、新人監督が作ったとは思えない。
いや、新人監督だからこそ、こんなにもパワーのある映画が作れたのか。

貧困と忌まわしい家族のしがらみから逃れようとする二人の姿は、
韓国社会のある種の息苦しさを打ち破ろうとする若者の姿なのでしょうか。

日本社会にも息苦しいところはあると思いますが、
能天気な映画ばっかり作られているのはどういうことよ。
若者のエネルギーを爆発させたような、日本映画も見てみたいものです。



他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ぴむさん、久しぶりのブログ更新ですね。やはり暑さのせい?kotanも今日は勤務中に、暑さに負けドトールでアイスコーヒーを飲んでました。関西ではその昔レイコーって呼んでたんです、アイスコーヒーのこと。いまではそんな奴はいないと思うけど(笑)
「息もできない」は新聞の紹介で読んだだけですが、ヤバそうな映画だと思いました。この二人の視線がすでにグサッとくるよね。私は勝手にレオス・カラックス「ポンヌフの恋人」を思い浮かべたりしたんだけど、ずれているかしら?
私もキタノ映画はすきくなくて、キタノブルーって大したことないじゃんとか、ひりひりする暴力って、いまさら何の意味が?って斜めにとってしまうのよね。
kotan
2010/08/29 22:54
猛暑とサボリ心のせいで、更新が滞りがち!?
いけませんね。
「レイコー」って言ってました言ってました!
私も20代までは関西育ち。「お茶をしばく」とかも言ったよね・・・。

「息もできない」は、キタノ映画みたいに激しい暴力の映画かと思ったら、意外と品があって、主人公もなんだか可愛げがあって、笑えるシーンやしみじみするシーンも多かったです。
そして実は、「ポンヌフの恋人」、見ず嫌いで見てないんですー。
ぴむ
2010/08/30 19:56
いや〜連日暑いですね。雨乞いの踊りでもしたい気分です。
>「お茶をしばく」
ですかあ〜(笑)聞いたことないわ。(まだまだ修業が足りない私)
ぴむさんは「ポンヌフの恋人」、未経験者でしたか!いや〜意外です。あの映画は好き嫌いがはっきり分かれそう。私は好きの方ですが。見てるとせつない。人間って悲しい生き物だなあ〜とか、あの有名な花火のシーンも、悲しい花火だなあ〜とかどっぷりつかった記憶があります。ぴむさん今度、フランス映画シリーズお願いします!
kotan
2010/08/31 14:32
「ポンヌフの恋人」、見ず嫌いを返上して、今度機会があったら見てみますね。
フランス映画って、あまり得意じゃない方かも? 先日は古い映画で「シベールの日曜日」というのを見ましたが、これはとてもよかったです。戦争でトラウマを負った青年と、孤児の少女との交流を描いているのですが、二人が擬似とはいえ「恋愛関係」みたいになっていくのが、フランスらしいなあ〜と思いました。特に女の子が10歳くらいなのに、とってもオマセさんなのよね!
「タイタンの戦い」の監督がフランス人で、メデューサが上半身裸の色っぽいおねえちゃんになっていたのも「フランスやな〜」と思いました。(笑)いつかフランス映画特集もしたいですね。
ぴむ
2010/08/31 22:02
突然で申しわけありません。現在2010年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/20(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です @movieawards_jp
日本インターネット映画大賞
2010/12/19 10:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
焼肉の日/ 息もできない (08・韓) 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる