毎日が映画記念日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「100,000年後の安全」〜チェルノブイリ・デーによせて〜

<<   作成日時 : 2011/04/26 21:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は、1986年4月26日にチェルノブイリの原発事故が起きて
25年目に当たる記念日です。
当ブログでも、たびたびとりあげて、原発関連の映画について語ってきました。

そして、いまだに信じたくはないことですが、
日本でもチェルノブイリ級の原発事故が起きてしまった・・・。
そんな今年は、この映画の感想を書いてみたいと思います。

「100,000年後の安全」

映画『100,000年後の安全』

原子力発電所から出る、核廃棄物処理の問題を扱ったドキュメンタリー。
発電後に出る「使用済み核燃料」は、
放射能が消えて安全になるまで10万年かかるといわれています。

どこへ捨てるのさそんなもの。
燃やすわけにもいかないし。
巨大プールに沈めて温度管理するのも電気を食うし、
当然、人間が管理できる年月には限界があります。

そこでフィンランド政府は考えた。
500メートルの地下深く埋めてしまおうと。
それがオンカロの巨大トンネル。

映画のカメラは、現在工事中のトンネルの奥深くへと潜入していきます。
監督はコンセプチュアル・アーティストでもあるマイケル・マドセン。
どこかSFチックな地下トンネルの世界が、
怪しく姿を現します。

しかしこのトンネル、もし数万年後の人類が、
間違って掘り起こしてしまったらどうなるの?

→「ここは危険だ」「近づくな」という
メッセージを記した標識を立てておこう。

→いやいや、標識を立てたら、エジプトのピラミッドのように、
ますます人類の好奇心を掻き立ててしまう。
だからトンネルは埋めてしまって、何も残さない方がよい。

・・・などと、気の遠くなるような議論が、フィンランドの
原発関係者の間では、本気で交わされているのです。

こんな会話のナンセンスさ。
10万年後の未来に、現代人がメッセージを
確実に伝える方法なんてないじゃん!

そういえば日本でも地層処分とかいって、
原発事故が起きる前はテレビCMが流れてました。
「使用済み燃料は、地下深く埋めるので安全です!」って。
あ、あったよこれ。
http://www.youtube.com/watch?v=hSw42T2wwqg


日本で地層処分て、地震が起きたら地面が割れて、
核燃料がコンニチハしちゃうんじゃないのかよ!!
てもう、ツッコミどころ満載ですが、

それより何より、今福島で、
使用済み燃料棒がプールからコンニチハしちゃって、
放射性物質が出まくっているというこの事実・・・

あーもう、これ以上はコワくて語れないです!!
日本ではこれから、原子炉+プール内使用済み燃料棒の破損による
放射能汚染が、数ヶ月〜年単位でダラダラ続いていくのです。

この大量の放射能による被害は、
チェルノブイリのときと同じく、「地球被曝」となっていくのではないでしょうか。
放射能を消す技術は、人間にはありませんから、
放出された放射能は、空へ海へと拡散していくばかりです。


もうやめようぜ原発。
こんなことになってしまって、
壊れた自然はもう元に戻りません。
失われた日本の美しい国土の一部。
もう取り返しは、つきません。

世界中からすべての原発が、一刻も早くなくなることを願います。


原発なくても電力足りてるし


【映画関連記事】
「どうしても放射性廃棄物を捨てるなら、東京に」原子力の識者がなぜ反原発を掲げるのか、京都大学原子炉実験所・小出裕章助教に聞く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今となっては、原子力発電の安全神話を流すCM,しらじらしいですね。あんだけクリーンです。安全ですとアピッていたのは、けっきょく超危険の裏返しでした。
基本、原子力は人間の手に負えない代物です。都知事はそれでも原子力に頼るしかないって言ってましたが、人類は滅びても経済が大事っていう頭の構造のご仁ですから。もう老害っていうか先が短いからそんなことをいえるのか??
kotan
2011/04/27 22:21
kotanさん、
原発推進もさることながら、天罰発言をした血迷いジジイを都知事に選ぶとは、都民もほんとどうなってんでしょうね。国民の安全よりカネ。世の中のすべてがカネで動くようです。

本文中に貼った「原発なしでも電力足りてる」動画の講師、小出裕章先生は、原発反対の立場から原子力を研究している貴重な学者さんです。福岡伸一同様、とっても「心のある科学者」で、福岡氏とともにすっかりファンになりました。こちらの記事も、すごく示唆に富んでいますので興味あればのぞいてね。
http://www.webdice.jp/dice/detail/3034/
ぴむ
2011/04/28 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
「100,000年後の安全」〜チェルノブイリ・デーによせて〜 毎日が映画記念日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる