【独り言】ホリエモンで幸せになれないわけ

ライブドア対フジテレビのニッポン放送株争奪戦が話題になってますね。
皆さんは、どっちを応援しますか?
タブーをものともしない風雲児ホリエモンを応援する方も多いことと思います。

先ほど見たTVニュースのインタビューで、ホリエモンは言いました。
「ニッポン放送&フジテレビがライブドアと業務提携することで、みんなが幸せになれるはず、
なれないならその明確な理由を教えてほしい」って。

えーとね、明確かどうかはわからないけれど、私が考える「幸せになれない理由」。

ホリエモンのやることは、そこに「愛」がないから嫌なのよ。
たとえば今回の件だって、自分はフジテレビ&ニッポン放送がぜひとも欲しいんだとか、
業務提携できた暁には、バカマスコミの改革をやりたい!とか、
そういう情熱とか「愛」が感じられるのなら、私は大いに応援したい。

でもホリエモンは金儲けのことばかり。
そもそもホリエモンがライブドアを買収したときも、
自社名「エッジ」をあっさりと捨て、ネームバリューのある「ライブドア」に即社名変更した経緯が。
別にいいけどさ、自分の作った会社名「エッジ」に愛着はなかったのかい?

参考記事
ホリエモン=ロビンソン・クルーソー仮説

今回の件も、金儲けだけしたいんなら、わざわざ人の反感買わないでよそでやれば? 
と思います。

お金持ちと結婚しても、「愛」がなければ幸せじゃないよね。
ああ、お金があれば幸せになれると信じている人種に、そんなこと言っても無駄なのか・・・。

愛があればラブイズオッケー!
なんて思ってしまうのは、やっぱり私、映画の見すぎなんですかね。

映画の記事も読んでみる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

きぐるまん
2005年02月26日 19:21
ぴむさん
トラックバックありがとうございます。
さて、僕も堀江クンに愛があるかどうかわかりません。意外に、こっそりしかるべきところで囁いているのかも知れませんし(笑)。
ただ、少なくともニッポン放送株に関わるやりとりで言うと、権力を持つ者が身内の情を盾に世論を味方につけようとしているのですから、愛を持ち出して対抗するのは得策ではないでしょう。
それに正直なところ、今のフジの執行部に愛があるのかどうか(笑)。それなら堀江クンのような若い世代の人間が、今の閉塞的な日本の経済状況に風穴を開けてくれるのを見ている方が楽しいように思います。そのあたりのことは、ご存知かもしれませんが、僕よりも斉藤久典さんのブログ(http://blog.livedoor.jp/takahashikamekichi/archives/15053237.html)が的確に指摘してくれているようです。ご参考までに。
これからもよろしくどうぞ。僕も時折お邪魔して、ぴむさんのブログを楽しく読ませていただくことにします。
http://www.kigourmand.net
ぴむ
2005年02月26日 21:34
きぐるまんさん、コメントありがとうございます。
本記事についてる「ガ島通信」さんからのTB記事、たいへん勉強になりましたので
よかったらきぐるまんさんも読んでみてください。
ホリエモンがメディアを支配して何がやりたいのかということについて書いてあります。

私も、旧態依然としたジジイがのほほんと仕切っているフジテレビのあり方が
いいとは思いませんよ。でも、ホリエモンもなんだかなーって感じです。
「愛」っていうと語弊があるけれど、そこまでしてメディアを手に入れるなら、何かそこに金目当てだけではない、対象への情熱や希望、「志」などがあってほしいなと思います。

「夢」とか「志」を持たない男なんて、「いい男」とはいえないね。
お金持ちでも、私のタイプからいうと最低男だす。
(ミーハーなもんですぐ卑近なたとえになってしまい、すみません)
ぴむ
2005年02月27日 16:23
自己レスです。
ガ島通信さんのところにある下記の記事、
たいへん参考になりましたのでリンクはっときます。

「新聞・テレビを殺します」 ~ライブドアのメディア戦略」
http://www.egawashoko.com/menu4/contents/02_1_data_40.html
おもちゃ
2005年03月01日 20:17
ぴむさん、はじめまして。TBさせていただきましたm(_ _)m

 私はぴむさんと同じ意見です。堀江氏を擁護する人はどこまでフジテレビや日枝会長の事を知るのかが疑問です。書き込みを見る度に世代間代理戦争に導いたり、アンチ体制闘争に結びつけたがるのかがわからない。お寒い精神論と揶揄して、テクニカルなことに終始する事で、本質から目を反らされているような気がする。経済とて道義無き上で成り立つべきではないはず。法に触れない脱法が認められ、モラルが蔑ろにされる、これに危惧を抱けない世は異常である。彼の言葉は発すれば発する程、数多くの矛盾を産んでいる。夢や心抜きに彼に心髄するその気持ちがわからない。そうした者たちが彼に「騙される方が悪い。」と言い下されなければよいが。
 堀江氏を知れば知る程、その人間性に拒否反応をおこしてしまう。まだ何も知らなかった野球騒動からかなりイメージが変わってしまった。
ぴむ
2005年03月01日 21:47
おもちゃさん、コメント&TBありがとうございました。
ホリエモンが既成の枠を打ち破り、今までのやり方を見直すきっかけとなった、という点は評価されるべきかもしれないけれど、彼自身をヒーロー視するのはちょっと待って、って感じですね。

かといって他人が「バッシング」してみたところで、ホリエモンは意にも介さないことでしょう。一度自分で落ちるところまで落ちたら、いつか目を覚ますんじゃないですか。根っからの悪人とも思えないんですよね。

でも、そんな彼の「自己成長」のために、周囲を巻き込んで大迷惑かけるのはやめてほしいですね。傷つく人は大勢いるわけだし。第一つきあってらんないし。ねえ。
おかぽん
2005年03月10日 01:58
この問題は・・・個人的には、どっちに転ぼうが、視聴者にはたいしたよい影響があるものとは思えません。

ただ社員総会なんかで「ほりえもんには報道理念がない」などと断罪しておるかたがたのどこに、それほどの「理念」があるんだか。そっちも疑問ですわ。

ある意味、この問題、マスコミや投資家さんたちには大問題かもしれませんが、一般視聴者にとっては、結論として、どーでもいいお話で終わりそう。
それもまたつまらん話です、

トラバもはらせていただきました。リンクしている江川さんのHPにほりえもんの報道理念が掲載されてます。
ぴむ
2005年03月11日 00:29
おかぽんさん、こんにちは。
確かに株買うほどの金もない、私のようなただのテレビっ子には、
結局ニッポン放送が誰のものになろうと他人事のようですな。

今のマスコミは権力圧力にはめっぽう弱くて自主規制大好き、
スポンサーを儲けさせるブーム捏造だってお手のもの。
合成洗剤よりせっけんのほうが汚れがよく落ちるのに、
(↑私個人の実際使ってみての感想)
大手洗剤メーカーがスポンサーだとそんな情報は流せない。
テレビなんて限界だらけのメディア。
テレビなんてしょせんそんなもん。
インターネットと融合してみたところで、変わらないでしょう。
そのへん、ホリエモンはわかっとるのか?
おかぽん
2005年03月15日 22:32
こちらにもつらつらコメント残しちゃおうと。

「愛がなければ」とはその通り!
なんにしろ自分のやる仕事に愛なくしてよい仕事はできない!
それはほりえもんはもちろん、フジも同じく。

そしてブログも同じ。

うちの雨風呂は、ランキング&賞金システムなんてのがあって、向こうも読みもしないだろうし、こっちも読みたくもない、無関係なブログ運営してるやつからの・・・「面白いですね。読者登録させてください」という読者登録希望の多いこと・・・


「ブログにも愛がなければ、コメントにも愛がなければ」です。ちなみにこのコメントは馴染みブログpukunnyさんのコメントの受け売りですわ。

あんまり関係ないかもだが、なんでもランキングやらお金やらで動くのは、つまらん、ということでした。失礼。
ぴむ
2005年03月15日 23:48
おかぽんさん、こんにちは。
「コメントにも愛」そのとおりですね・・・。
私もブログ初心者なもんで、コメントなしで空TBだけたくさん打ったりしていましたが、やっぱりそれはまずいかなーと、つい最近反省(笑)
TB打つときは、どうしてTBしたのかとか、TBさせてもらった記事への感想とか
極力書くようにしようと思っています。
あ、でも、私自身は空TBでも別に嫌じゃないんですけどね。
TBしてもらえるだけでも嬉しいし。

愛がなければ! そうなんです!
ダメ映画をけなしてウケているサイトもあるみたいですが
私にはどうもできません(たまに悪口もいうけどさ(笑))
映画は愛を持って見よう! と淀川長治氏もおっしゃっていて
その通りだと思いまーす。