マフィアの日/インファナル・アフェア2 無間序曲(03香港)

3月30日は「マフィアの日」。

1282年のこの日、フランス支配下のシチリアで、
フランス人の蛮行に対抗した「晩鐘事件」という暴動がありました。
この事件が「マフィア」という名前の由来になったそうです。

ん?どうして?と思った方はこちら

シチリアといえば「ゴッドファーザー」ですが、今日は
マフィアはマフィアでも香港マフィア、そして「ゴッドファーザー」をも彷彿とさせるこの映画。
来たる4月16日からは、「インファナル・アフェア3 終極無間」がいよいよ公開されることでもあるし、
おさらいがてら、いってみましょう!

インファナル・アフェア II 無間序曲インファナル・アフェア II 無間序曲
エディソン・チャン アンドリュー・ラウ アラン・マック


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


インファナル・アフェア公式ページ

インファナル・アフェア 無間道 の当ブログ過去記事


究極のオヤジ映画

いやーもうこの映画、渋いオヤジのオンパレード!!
ベテランオヤジたちが総力をあげて、主演の若手二人をサポートしておりますよ。

まず1作目からの登場組、マフィアのサム(エリック・ツァン)と
ウォン警部(アンソニー・ウォン)。
1作目では死闘を繰り広げる因縁の二人でしたが、
この作品の中ではとても親密に描かれています。

香港一の勢力を誇るマフィアを潰す、という点で、
弱小グループのボスだったサムとウォン警部は、
この頃は利害が一致していたのですね。
しかしやがてサムが大ボスになれば、
ウォン警部の標的は必然的にサムにシフトすることになる。
その運命と皮肉。

その当時、香港一のマフィアのボスにのし上がっていたのは
ハウ(フランシス・ン)であります。
暗殺された父の後を継ぎ、他のマフィアたちを抑えて大ボスの座に君臨したのでした。
知的でありながらも、その地位を守るためならば手段をいとわぬ非情な男。
それを見事に演じきったフランシスは、私の大好きな俳優であります。くーカッコいい!
この演技力と存在感…無間序曲は彼の映画といっても決して過言ではないのだ。
(それなのに宣伝ポスターもDVDパッケージも、扱いがちと小さすぎるぞ!!)

他にもウォン警部の相棒役の中国の俳優フージュンも、とってもナイスおやじ!
チョイ役だけど(でも考えてみたら重要な役)でロイ・チョンも出てるし。
オヤジばんざーい!!


香港返還という激動の時代

えーここらでちょいと真面目に。

ハウを倒してついに香港一のマフィアのボスの座についたサム。
しかしその代償として、最愛の女の命を犠牲にせざるを得なかった。
失ったものの大きさと、待ち構える輝かしい将来への希望と不安。
祝賀会の席で香港返還を祝う花火を眺めながら流したサムの涙は、
そのまま1997年当時の香港人の心情と重なっているのかもしれません。
私たち日本人には、なかなか理解しにくい返還への思い、
かいま見られたような気がしました。

そして、思いを寄せたサムの女・マリーの死を冷たく見届ける
ラウ(エディソン・チャン)の姿に、1作目のラウ(アンディ・ラウ)が重なるのですよね。
1作目で善人(警官)としての人生を選ぼうとするラウですが、
その本質は、自分の希望をかなえるためなら手段をいとわない男なのです。

登場人物すべての性格づけがしっかりとしており、
3作を通じて、各人が決してそれに矛盾しない行動をとるという劇作の優秀さ。
そのゆえにこのシリーズは、全3作を通じてクォリティが落ちることはなかったのです。

あー、「終極無間」の公開が待ち遠しい!!
香港で一度見たのですが、もちろん日本語字幕つきでまたしっかり見ますよ!


★↓記事が面白かったら、クリックしてください↓★
人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年04月07日 00:32
こんばんは!「3」もう観られたのですね!先日、前売りを買ったら、フィギアがついてきたんですが、アンディもトニーも全然似てなくて・・・・(笑)。
ぴむ
2005年04月07日 14:33
観たとはいっても、やはり英語字幕つらすぎ…。ちゃんと観たとは言いがたいんですよね。

でも、3では1のその後と、1のちょっと前のエピソードも盛り込まれているのでトニーも出てくるし満足満足。おっと、もうこれ以上は語りますまい。

おまけフィギュア、みんな似てないって言ってますね(笑)それのために前売り買うほどでもないかな。