ダ・ヴィンチ・コードを読んだ。

今話題の本を、遅ればせながら読みました。
映画はまだ観てません。

面白かったけど、なんだかんだ言って結局暗号が簡単すぎです。
話の展開も、なんかもうツッコミどころが満載です。

でも体質的にツッコミどころ満載娯楽作品は嫌いではないので、
けっこう楽しめました。
本を片手にネットでルーブル美術館やダヴィンチの「最後の晩餐」の絵を
画像検索しながら、
「あー、そうなってるなってる」
なんてやるとかなり楽しかったです。気分はすっかり英仏旅行。

それに、キリスト教を巡るオトナの事情がいろいろわかったのも
興味深かったです。日本人て、なかなかその辺ピンときませんよね。

別にキリスト教徒でもないわたしたちが一般に抱いているイエス・キリストの
イメージってのも、かなりカトリック教会的解釈に偏っているんだということが、
改めてわかりました。

ここから先はちょっとネタバレになるかもしれませんが、
マグダラのマリアがイエスの妻だ、という説があるなんて全然知らなかったし。
「マグダラのマリア=娼婦」という知識しかありませんでした。

考えてみれば、イエスが実在の人物だったならば、
「人間イエス・キリスト」についての生活感あふれる詳細な記述や、
人間くさい人物伝があったっておかしくないわけです。

それらがいっさい影をひそめて、超人的な「神の子キリスト」伝説だけに
画一化されてしまったというのは、カトリック教会の勢力拡大と密接な関係が
あったわけですね。

この『ダ・ヴィンチ・コード』も、原作・映画ともに
ボイコット運動などさまざまな物議をかもしてますが、
この辺の「イエス・キリストにまつわるタブー」ってやつは、
日本における「皇室にまつわるタブー」と少し似ているような気もします。

両者とももその陰には、「絶大な権力」ってものが絡んでいるわけですね。

よく「宗教は戦争のタネ」みたいなことが言われますが、
宗教自体は何も悪いものではないのです。
それが権力や、宗派という名の派閥とからんでくると、
悪しき物に化けてしまうだけで。

そんなことも考えたりしました。

それに、芸術作品やあらゆるものに、この「タブー」を象徴として
こっそりまぎれこませる、ということも、とても面白いと思いました。
この知識が頭の片隅にあれば、キリスト教にまつわる作品や映画など、
もっと楽しめそうな気がします。

「ダ・ヴィンチ・コード」を一読すれば、
「パッション」や「ミッション」「最後の誘惑」などのキリスト教映画も、
これからは一味違う見方ができるかもね。

というわけで、キリスト教にまつわるトリビアがもりだくさんのこの小説。
完全な娯楽作品と割り切った上でなら、
読んでおいても損はないと思います。

…しかし、主人公がトム・ハンクスってのは、ちょっとイメージ違うなあ(笑)

ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(上)ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2006-03-10
売り上げランキング : 14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダ・ヴィンチ・コード(下)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント