バイキングの日/ パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド (07・米)

6月8日は「バイキングの日」。

バイキングは北欧出身の海賊の総称です。
793年のこの日、バイキングの活動が初めて記録に
現われました。
剣や斧で武装した彼らがイギリスのリンディスファーン修道院を
襲撃し、人々を驚かしたといいます。


海賊といえばやっぱり、今公開中のこの映画でしょうか。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ ワールド・エンド

画像


【公式サイト】
http://www.disney.co.jp/pirates/

実は私、1も2も観てないのに、映画の日だったから
ワールド・エンドを観に行ってしまいました。
いちおう大慌てで、公式サイトその他で、人間関係と
あらすじは押さえておいたんですけどね。

そんな風ににわか仕込みだったせいか、
あまり面白くなかったなー。
(って、半ば自己責任だとは思いつつ。)

でも、スパイダーマン3は、1と2をあまり真面目に
観ていなくてもわりと楽しめたんですけど、
なぜかこっちはぜんぜん面白くなくて、
途中でアクビが出てしまった…。

なにゆえに面白くないのか、自分なりに分析してみる。

・娯楽映画のわりには、人間関係がややこしすぎる。

・死んだ人がすぐ生き返ったりするので、なんかつまんない。

・キーラ・ナイトレイ演じる総督の娘エリザベスが、
「いかにも今流行の女子キャラ」で、
そんなわざとらしいフェミニズムは要らねえと思ってしまう。

・せっかくのアジアからのゲスト、チョウ・ユンファが、
作品半ばで死んでしまって、結局なんのために出てきたのか
よくわかんない。

・3時間はとにかく長え!!!


・・・とまあ、面白くないことばっかり言うのもアレなんで、
面白かった点も挙げてみる。

・ジョニー・デップの演技。
(でも今回は、バルボッサ役のジェフリー・ラッシュと、
あのキース・リチャーズのせいでちょっとかすんだ)

・キース・リチャーズは唯一、汚れメイクなしでも
そのまま海賊で通じると思った。

とまあ、いろいろ好き放題言ってしまいましたが、
いつか反省も込めて1作目をちゃんとDVDで観てみようと
思います。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちパイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち
ジョニー・デップ ゴア・ヴァービンスキー オーランド・ブルーム

by G-Tools



↑しかし「海賊映画は当たらない」というハリウッドの
一大ジンクスをこの作品はみごと打ち破ったわけで、
その点は評価できますね。
レニー・ハーリン監督の「カットスロート・アイランド」なんて、
見事ジンクスどおり悲惨なことになったのも
記憶に新しいですからねー。

さらに観てないで言うのもなんですが、
1作目って、オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイの
二人のラブストーリーと冒険が中心のお話で、
ジョニー・デップのジャック・スパロウは
あくまで狂言回し的な役柄だったのではないのでしょうか?

それがすっかり、スパロウがシリーズのヒーローに
なってしまったのは、
やっぱジョニデの役作りのお陰というか、大功績ですよね。

でもジョニデを観るなら、やっぱ他の作品のほうがいいな。
今日はなんだかネガティブで、どうもすみません。



人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年06月09日 13:57
あ~、これは、1と2を見てないと辛いですよね~。
私はばっちり復習してから行ったんですけど、3から見た人はイマイチだろうなぁって思いました。
1ではジャック・スパロウがすごく魅力的だし、娯楽映画!って感じなってますよ^^
2007年06月09日 21:40
私は1はTV、2はDVDで見ましたが、肩透かしでした。3は見る気も失せました。
>でもジョニデを観るなら、やっぱ他の作品のほうがいいな。
そうなんですよね。ぴむさんのその一語に尽きます。偶然マイブログの<イケメンコメントコーナー>?にジョニデの話題がのってますので覗いてくださいまし。
2007年06月10日 07:08
>今日はなんだかネガティブで、どうもすみません。
いやいや、そのお気持ちよ~く分かります。この映画を観て、どうポジティブに解釈せよと言うのでしょうか?!映像が凄いってくらい?!

「1」を全然期待せずに映画館で見たら面白かったんで(ジョニーが目茶笑かせてくれました。)シリーズ全部見ちゃいましたが、こうなると「1」で終わらせてくれていた方が良かったと、そう勝手なことを思いました。私などこの映画のジョニーを観た後、しばらく映画館にいけないくらいショックを受けましたから^^;
2007年06月10日 12:43
ひめさん、こんにちは。
1、2を見た人でも、直前のおさらいが必要!って感じですね。きちんと観ているファンの人にとっては、納得できる映画だったのかもしれません。私が見に行った映画館でも、熱心なファンらしき人が「3作の中でいちばん好き!」って言ってました。
ノレなかった自分を少し反省です。
2007年06月10日 12:56
kotanさんのブログ、ジョニデの話題が花開いてますねー。私も思わず、ちょっかいを出しに行ってしまいました。パイレーツのジョニデもいいんだけど、私は「ギルバート・グレイプ」みたいなフツーの青年のジョニデが好きだったりするもんだから。パイレーツでファンになった人には、ぜひほかの作品も見て欲しいですよね。
2007年06月10日 13:00
meihuaさんは、ショック大だったんですねー。だって3では、ジョニーがほかのキャラの陰にかすんじゃってましたもの。登場人物多すぎですよね。「1」では逆にジョニデが「ほかのキャラ」の一人だったからよかったんじゃないんですかねえ。それがヒーローに祭り上げられてしまうと、ちょっと違う気がします。1はディズニーのアトラクション映画と割り切ってみると、面白いかもしれませんね。今度ちゃんと見ようっと。