「スルース」 君に寄せる愛はジェラシー

予告編がやたら面白そうだったんで、
思わず見に行ってきました。

B001BAODCOスルース 【探偵】 [DVD]
マイケル・ケイン, ジュード・ロウ, ケネス・ブラナー
Happinet(SB)(D) 2008-09-26

by G-Tools


銀座の上映館には、
出演のマイケル・ケイン&ジュード・ロウ、
そして監督・ケネス・ブラナーの
3人のサイン色紙が飾ってありましたよ。

そしてこの映画の出演者は、
なんとこのマイケル・ケインと
ジュード・ロウの二人だけ!

なんですねー。
今まで観た映画の中で、
一番出演者が少ない映画かも!?

初老の人気小説家と、その妻の若い愛人。
この二人が、嫉妬の火花を散らします!

もとは舞台劇で、72年にも一度
映画化されているんですね。
そのときは若い愛人役だったマイケル・ケインが、
今度は老獪な夫役を演じています。
そして、ケネス・ブラナーの演出は
とてもスタイリッシュ。

人気作家の夫は、浪費家の妻にすっかり
愛想を尽かしているくせに、
若い男に妻を寝取られたという悔しさから、
彼を自宅に呼びつけて・・・

いやー修羅場だ修羅場(笑)。
女の嫉妬も怖いけど、
男の嫉妬もなかなかなものですネ。
夫と愛人、二人の確執にみちた会話のやり取りも、
思わずドロドロ系昼ドラのノリで見ちゃいます。

しかしそこは人気推理作家、
ただの修羅場じゃ終わりません。
彼は愛人の男にある「ゲーム」をもちかけますが、
そのゲームは意外な方向に・・・。

後半以降の展開は、72年版にもなかった解釈が
されている模様。
これ、ちょっと取ってつけたような
気がしないでもなかったかな。

面白かったけど、あまり深みはなかったような。
ジュード・ロウを「セクシー」と思えるかどうかで、
大きく評価は分かれそう!?

でも、90分でサクッとトリック映画に
ハマってみたい向きには、
楽しい映画だと思います。

しかし最近、ジュード・ロウよく出てますよねー。
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」も公開中だし。
子供もできて、今が働き盛りの
稼ぎ時なんでしょうか!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2008年03月24日 22:31
ジュード・ロウ、ハンサムさんですよね。でも私は彼の映画ほとんど見ていないわー
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」は、おもしろそうだけど、いかがなもんでしょう?
ぴむ
2008年03月25日 10:17
ブルーベリーナイツ、私もどうしようか迷ってるんですよ。できれば見たいですけどね。主演はノラ・ジョーンズだし音楽もよさそうですよね。
ジュード・ロウって、私は残念ながらあまりタイプではないんですが(笑)、なんでもこなす人ですよね。今が旬なのでしょうか?