衝撃作「4ヶ月、3週と2日」

映画「靖国」問題に怒っている間に、
観た映画のレビューがたまってしまいました。
ドンドンいってみましょう。

4ヶ月、3週と2日

画像


ルーマニア映画です。
2007年カンヌ国際映画祭パルムドール授賞。
ルームメートの違法中絶を手助けする
女子大生の1日を描いています。

中絶の過程をまるでドキュメンタリー映画のように
刻々と映し出していくというのは、
これまでにあってもおかしくなかったのに、
意外となかったドラマです。

それに、望まぬ妊娠をした女性本人の苦悩を描くのではなく、
彼女を助けるルームメイトの視線で描いているところも
また秀逸。
それどころか、妊娠した当の本人は、意外と
あっけらかんとしていたりするのです。

1987年のチャウシェスク政権下。
中絶は法律で禁止されていました。
労働力となる人口を増やすため、
女性は4人子供を生むまで中絶は許されず、
薬局で避妊具も販売されなくなったそうです。

んなこと言ったって、
欲望にまかせて女性を妊娠させる男性がこの世から
いなくなりでもしない限り、
中絶を必要とする女性だっていなくなりはしないわけで。

そんなこんなで妊娠してしまった女性は、
口コミで中絶医を紹介してもらい、
ホテルに部屋を取って、高いお金を払って
中絶の処置をしてもらうのです。

手術費をふっかけてくる違法中絶医の相手をするのも、
胎児の始末も、妊娠してしまったガビツァのために
すべて肩代わりしてあげたヒロイン・オティリア。
スクリーンには中絶手術の顛末がリアルに映し出され、
衝撃的なシーンの連続です。

「どうして友達のために、そこまでできるのだろうか」
これがこの映画のひとつのテーマかもしれません。

それは、もちろん友情からかもしれないし、
中絶を禁止し女性の権利と自由を奪った
国に対する怒りかもしれないし、
「明日はわが身」という気持ちだったかもしれない。
観る人それぞれだと思いますが、

オティリアの必死の姿は、
やっぱり何かと闘っているように見えました。
たった一人で。

この映画から、やはり中絶は罪深いことだという感じも
受ける一方で、
産むことを強要されては、女性の自由も権利もない、
ということも感じます。

妊娠・出産は男性に代わってもらうこともできないから、
苦しむのはいつだって女性。

でも、代われないからこそ、女性の苦悩が
男性にはピンとこないのも無理ないのかもしれませんね。
ガビツァを妊娠させた相手がまったく登場しないことといい、
能天気なオティリアの彼氏といい・・・。

そうですこの映画、男性にこそ観てほしいです。
できれば全国の中学・高校で上映してほしいくらいです。
しょうもない性教育よりも、よっぽど効果あると思いますよ。


*トラックバックは承認制になっています。
反映されるまで、しばらくお待ちください。*


*ウェブリブログより一部のブログにTBが
送れない場合があります。TB返せなかったらごめんなさい。*


「4ヶ月、3週と2日」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ソナム
2008年04月13日 11:11
さすがぴむさん^^「しょうもない性教育より…」。まったくです。中・高生なら、よく考えますよ。なかなか大胆な…と思いましたが、ホントに、そのアイディア、いいかもしれません。文部科学省、がんばれ!
奥さんの妊娠をきっかけにタバコをやめた、と自慢する男にムカついてきましたが、ホント、自分にふりかかってこないとわからない男に見せたいですね。
それでも、生まれた子どもにとっては、どういう人生のスタートでも、チャンスの始まりです。駅伝で「○分遅れでスタート!」でも、追いつき追い越して行くから面白い。
意志あるところ、手が必要なら差し出していきたい、と思う、今日この頃です。
2008年04月14日 21:04
あはは、またついつい偉そうなことを言っちゃいました…。
しかし、「足を踏まれたときの痛さは踏まれてみないとわからない」のが、人間の悲しい性かもしれませんね。でも、映画はそれをまるで自分の体験のようにわからせてくれる、素晴らしいメディアだと思います。
「奥さんのために禁煙」発言って、なんだかこの映画の中の能天気な彼氏に通じるものがありますよ。ソナムさんもぜひこの映画、観る機会があるといいのですが。ちょっと重い映画ですけど、女性なら誰しもが「うんうん!」ってうなずくところがあると思うし、モラルよりも何よりも、やっぱりヒロインを応援してしまいます。

2008年05月23日 01:24
トラックバックさせていただきました。
一言付け加えさせてもらうなら、治安が保たれた社会で、セックスするかどうかの最終的な決定権は女性にあることをお忘れなく。
そのあたりを「そんなこんな」と表現されてるのが残念でした。
(つっても受け入れる女性が悪い、とか言ってるわけではありません。念のため)
2008年05月27日 21:32
RRD ◇3MranranlYさん、返事が遅くなりすみません。
「治安が保たれた社会で、セックスするかどうかの最終的な決定権は女性にある」っていうのは、本当にそうかな???と思います。
もちろん多くの場合女性が決定できるはずですが、日本みたいに治安のいい国でも、やっぱりレイプなんてこともあるわけだし・・・。

それはさておき、この映画の妊娠してしまった子は、確かに誰とでもセックスするタイプに見えました。その結果妊娠したら、産めよ!ってことなんでしょうか。

私はそれでもやっぱり、妊娠させた男になんらかの責任はあると思うし、「お前が悪いんだから生めばいいじゃん」っていうのは、男性社会の態のいい責任回避だと思います。