金浦空港の人々

現地ガイドさんに連れられて金浦空港へ。
他の人の送迎の都合で、出発3時間も前に着いてしまった。

チェックインカウンターまで付き添ってくれたガイドさんが、

「ウォン安で旅行者は楽しいけれど、私たちは毎日為替レートを
見て心配しています」なんて漏らしてました。

そりゃそうですよね。自分の財産の対外的な価値がどんどん
下がっていくなんて…。
ウォン安って浮かれてばかりいてもいけないな、とちと反省。

出国ゲートをくぐってしまうと、中には小さな免税店しかない
ので、ここで時間をつぶしてから入ってください、とガイドさん。
集合時間が早まったのはあせったけど、ツアーだと
こういうことちゃんと教えてもらえるのがありがたいですね。

さてまだ時間はたっぷりあるので、金浦空港を探検。
1Fに降りると、なんと敷地の半分くらいは
デパートみたいなショッピングゾーンになっていて、
お土産から家電から服、雑貨までなんでもアリ。
旅行客だけでなく、現地の人も買い物に来てるみたいです。

しかも3Fには映画館まであるし、
幼稚園や託児所が集まっているゾーンもあり、
いわゆるお受験対策塾なのかしら!?
地元の親子でごった返してました。

ひと通り探検して、ベンチでコーヒー飲みながら休憩していると、
テレビのあるその休憩所には、どうみても旅行者には見えない、
たそがれた現地のおじさんたちが、
何人もテレビに釘づけなのでした。

そして、いちばん年上らしきおじさんが、
勝手にチャンネル変えてます。
さすが年功序列。
地下鉄でもみんな、年配の人には席譲ってたもんなあ。

それにしても、このおじさんたち何者?
映画「パリ空港の人々」を思い出してしまいました。

というわけで、韓国ソウルの2泊3日の旅は終了。
やり残したこともまだまだあるようで、
なんだか名残り惜しいです。また来よう。


そして、韓国で食べ損なった屋台スイーツ「ホットク」は、
先日、新大久保で食べてきました(笑)。

韓国の伝統なお菓子、ホットック(ホットク)[韓国食材]
コリアタウンキムチ亭
この秋、ホットックを楽しもう! ▲小倉味のホットック パラフルな韓国・食の世界 昔の甘さが懐かしい、


楽天市場 by ウェブリブログ


韓国スーパーでキンパ(韓国海苔巻き)も買いました。
まだまだ当分、韓国気分が抜けそうもないです。

(おわり)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ソナム
2009年03月25日 17:19
インチョンしか行ったことがないです。インチョンの2階はキラキラしていますが、1階は広い割に見るものは少ないです。本屋さんがいくつもあるのには驚きでした。ぜひ金浦も行ってみたいです。
2009年03月25日 21:19
インチョンのほうが大きいんですよね。
金浦は、どことなく「イトーヨーカドー」っぽいショッピングモールは充実していたけど、免税店は本当に小さかったです。でも、地元密着型空港、って感じがしました。