東日本大震災や原発事故のことなど

お久しぶりです。
3月11日に、たいへんな地震と津波が日本を襲って、
私たちの平穏無事な日常は、
たった一日でひっくり返ってしまいました。

といっても、私は幸いにも直接の被害はなかったのですが、
ともかく原発事故が心配でたまりません。
というのは、「原発がコワい、放射能がコワイ」ということは、
映画にかこつけて、たびたびこのブログでも書いてきて、

「もし原発で大事故が起こったら大変だよ」
みたいなことも書いたりしたわけで、

けっこう語りつくしていたような気がします。
なので、その記事と映画たちを再び紹介しておきます。

「チャイナ・シンドローム」
「シルクウッド」
風が吹くとき
「ナージャの村」「アレクセイと泉」
アトミック・カフェ

原発事故は、決して福島県だけの人ごとではなく、
人類の存亡に関わることだと思っています。
自分の頭の上に放射能が降ってくるんだと思って、
原発の是非を考えないといけないと思います。

うちも計画停電あったけど、数時間停電したってどうってことありません。
原発の恐怖に震えるくらいなら、
みんなで少しずつ停電ガマンしたらいいと思います。
もう原発なんか要らないよ!!














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年03月24日 22:16
ぴむさん
ほんとご無事でよかったです。
私もこれらの映画の事を考えていました。再び紹介してくださり、助かります。ザ・デイ・アフターというのもありましたよね。邦画では「黒い雨」。「父と暮らせば」はその後ですけど。

日本人は電気使いすぎです。反省しなければ、この明るすぎる夜。
2011年03月25日 21:01
kotanさん、
「ザ・デイ・アフター」は見てなかったです。
公開当時国内では、「原爆はこんな程度のもんじゃない!」的な批判がけっこうあったような記憶があります。でも今改めて冷静に見てみたいです。
「黒い雨」は名作ですよね。田中好子の髪が抜けるシーンは本当に怖かった。放射能は何年も後にジワジワと人の命を奪っていきます。でも政府に言わせると「緩慢な死」=「すぐには健康に影響ありません」なんですよねー。ますます怖いですねー。

電気使いすぎ、本当です。
節電で照明が半分消えているショッピングモールが、
なんだかちょうどいい明るさな感じですね。
hikaru
2011年04月01日 22:53
目に見えることは人間の力で改善できるが、目に見えないことを解決しなければ、真の復興にはならない。そして、それ以上の惨劇を繰返さなければならなくなる。
私たちが、今、しなければいけないことは、『救世主スバル元首様』に、救いを求めることだ。
  もう、時間がない!!
http://www.kyuseishu.com/tanuma-tu-koku.html
Rapid Gigabitz
2011年04月03日 12:46
i like it �ソス�ソス�ソス�ソス�ソス{�ソス�ソスk�ソスミや原�ソス�ソス�ソス�ソス�ソスフのゑソス�ソスニなゑソス �ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソス�ソスf�ソス�ソスL�ソスO�ソス�ソス/�ソスE�ソスF�ソスu�ソス�ソス�ソスu�ソス�ソス�ソスO at once im your rss reader