月光仮面の日~ドンファン(95・米)

2月24日は「月光仮面の日」。
1958(昭和33)年のこの日、ラジオ東京(TBS)で「月光仮面」の放映が開始されました。


♪月光仮面のおじさんは~♪
さすがに月光仮面の映画は見ていないので、
仮面のヒーローつながりということで「ドンファン」について語っちゃおう。

ドンファンドンファン
ジョニー・デップ ジェレミー・レヴィン マーロン・ブランド


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



デップファンの皆さん、お待たせいたしました!!

なんといってもデップが素敵! セクスィ~! エロ~~~い!!!
もう思う存分、鼻血の海で溺れてください!!
ああっ思い出すほどに、もう一度見たくなってきた・・・。
でもDVD持ってない! どうしよう!?
あかん、こうなったらもう、あるあるさんとこの探検隊呼んでこな!!!

・・・と思わず脳ミソが完全崩壊してしまうくらい、いいですジョニー・デップ。
当たり役でんがな。


マーロン・ブランドとジョニー・デップ

仮面に剣にマントまで身にまとい、
自分のことを愛の貴公子・ドンファンだと思い込んでいる青年(デップ)が、
彼の診察に当たった老精神科医(マーロン・ブランド)を始め、
周囲の人々に愛する気持ちを呼び覚ましてゆくお話。

マーロン・ブランド、えらい太っちゃいましたねえ。
彼はデップとはマブダチだったらしいですね。だからこの映画での共演が実現したとか。
そういえば、ブランドから訳のわからんダイエット食品を勧められたデップは断るわけにもいかず、
食べてみたけどあまりのマズさに大よわりだったなんていうトホホなエピソードが
ずいぶん前のスポーツ新聞に載ってました(笑)
さすがにデップも大御所には気を遣ってたのかもしれないっすね。


ロマンス病にかかっちゃえ

それにしても、自称ドンファンが熱く語る華麗な恋物語はとても魅力的なんです。
なんせ女性1500人斬りですよ。男性の皆さん、うらやましいでしょ!?
おかげで精神科医までドンファンの世界に少しずつハマってしまい、
「これは伝染性のロマンス病だ」なんて言い出す始末。

そして、倦怠期も通り越した奥さん(フェイ・ダナウェイ)への愛が少しずつよみがえり。
最後は二人、愛の島で手に手をとってロマンチックにワルツなんか踊っちゃったりして。
(あれあれ、そのエロス島には、妄想だったはずのドンファンの永遠の恋人、ドンナ・アナが・・・。)

ふふふ、こんなロマンス病ならかかってみたいですよね!


エンディング曲は

ラストシーンで流れるのは、ブライアン・アダムスの「Have you ever really loved a woman?」という曲です。
「君は本当に心から女性を愛したことがあるかい?」なんて、素敵な曲ですねえ。
ブライアン・アダムス、大ファンだったんですよ。コンサートには欠かさず行ったもんです。
ロック魂全開の彼は、とてもカッコよかったもんなー。
なんて私、好きな人多すぎですよね。切腹!

【今日の1曲】
Have You Ever Really Loved a WomanHave You Ever Really Loved a Woman
Bryan Adams

by G-Tools



私も鼻血の海で溺れた!という人はここをクリック

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

"月光仮面の日~ドンファン(95・米)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント