川口浩叢林冒険王

画像
ワニか怪魚か!?
古代恐竜魚"ガーギラス"










何気なくテレビをつけてみたら、「水曜スペシャル・川口浩探検隊シリーズ」が
放映されているではないか。

藤岡弘、じゃないですよ。
今は亡きあの川口浩ですよ。
日本でも今ではDVDでしか見ることのできないこの貴重な番組が、
あろうことか台湾でテレビ放映されているとは…。

放映されていたのはこれ

B0006GAWPQ水曜スペシャル「川口浩 探検シリーズ」 川口浩探検隊『古代恐竜魚ガーギラス(前・後編)』
川口浩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


全編中国語字幕つき。
タイトル「川口浩探検隊シリーズ」は、
中国語では「川口浩叢林冒険王」となっていた…。

頭はワニそっくり、凶暴かつ危険な巨大魚ガーギラスを追って、
川口浩探検隊はメキシコのジャングルへと分け入った。

大自然の脅威にさらされた未開のジャングルには、
いったいどのような危険が潜んでいるか、予想もつかない!

その割には、ヒメアリクイやアホロートル、人なつこいカワウソなど、
やたら可愛いらしい動物ばかりが現れるのであった。

そんな中、群れをなして動物や人間を襲うという吸血コウモリが、
一匹だけテントに侵入してきたり、
タランチュラが背中に落っこちてきて、あわてて台本?!か何かではたき落としたり
(そんなことして刺されないのだろうか)、
イカダが十分瀑布よりもショボい滝から転落しそうになったりと、
突っ込みどころ満載の危機が隊員たちを襲うのだった。

そしていよいよジャングルの奥地の湖で、ガーギラスがその姿を現す!

…ここで後編へ続く。
えええ! と思ったら、後編もぶっ続けで放映されるようである。
台湾のテレビ恐るべし。

そして私も引き続き見入る。

凶暴な古代恐竜魚のために血塗られた湖。
(そのわりには警戒心ゼロのあのカワウソは一体)
エサをつけたワナを仕掛け、現地ガイドのアメリカ人が銛で狙う!

ついにワナにかかったガーギラスの正体とは!?


ペット屋によくいるただの「ガー」じゃん


おとなしいガーを黙々と何匹も銛で突いては、イカダに放り上げる現地ガイド。
おそらく今晩のおかずにでもするのであろう。

この番組を、台湾の人たちはどんな思いで見ているのだろうかと思ったら
なんだか涙が出てきた。

そして、やがてホテルに戻ってきた友人キャサリンに
「ここまで来てそんな番組見てる場合ちゃう!!」
と怒られる私なのであった。

"川口浩叢林冒険王" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント