アカデミー賞は「ハートロッカー」ですか

きのうアカデミー賞の発表がありましたね。
「アバター」VS「ハートロッカー」の元夫婦対決は、
「ハートロッカー」の勝利に終わったようで。

「ハートロッカー」、アカデミー賞の前日に見に行ったんですよ。
シネコンの中でも比較的小さいスクリーンで上映されてましたが、
今週末からは拡大上映でしょうねー。

B0030E5NI2The Hurt Locker
Original Soundtrack
Lakeshore Records 2010-01-19

by G-Tools


2004年当時の、イラク戦争の爆発処理担当の
兵士たちの奮闘を描いています。

しかし、なんですなあ、
ひたすら爆発してるばっかりの映画でした。
これが作品賞で、いいのかアメリカ!?

イラク戦争の現場については、報道が規制されているのか、
テレビ報道等ぜんぜんされてこなかった気がしますから、
その現場をリアルに見せてくれたことは、
価値あることだとは思うものの。

主人公のジェームズ(ジェレミー・レナー) は
爆発物処理にかけては超人的な腕前の持ち主なわけですが、
言ってみれば爆弾オタクで、
危険な状況であればあるほど、
やってみたくってしょうがない。(笑)。

そういう一人のジャンキーの話だと思ってみれば
面白いのかもしれないけど、
そこまで人物描写も深くないし。

それに、アメリカ兵があんなにも
イラクの人たちに紳士的に接しているなんて、
ちょっとウソくさい気もするし。

テロリストと民間人の区別が全くつかない状況の中で、
爆弾を腹に巻いたイラク人が突然現れたら、
射殺して終わり、なんじゃないんかいな。実際問題として。

なあんか、リアルといいつつ、巧みにアメリカにとって、
都合のいい映画になっているような。
同じく侵略国の側から戦争の現場を描いた
戦場でワルツを
の深みに比べたら、ぜんぜん見劣りしてしまいます。

本当にアメリカ兵が紳士なら、
現在の紛争状態がすっかり終結した後も、
ずーと爆弾処理は続けてほしいもの。

なんかまだイラクには、アメリカの不発弾が
いっぱい残っているらしいですから。
非人道的なクラスター爆弾とか。
で、何の罪もない現地の子供が吹っ飛ばされちゃったりとか
するのかもしれません。
こっちの処理も、よろしくお願いしまーす!

この作品がアカデミー作品賞を受賞したってことで、
アメリカはイラク戦争を反省するところまでは
まだ全然いってないんだなあと思いました。

と、なんだか辛口批評になってしまいましたが、
リアルな戦争映画が好きな人は楽しめると思いますよ。
しかし、なんだかなあー。

「ハート・ロッカー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>


"アカデミー賞は「ハートロッカー」ですか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント