「アバター」やっと見た

B002QVBX7Uアバター
ジェームズ・ホーナー サントラ
ワーナーミュージック・ジャパン 2009-12-23

by G-Tools



見るかどうか、ずっと迷ってたんですよね。

昨年末に予告編を見た時点では、

今までマンガやアニメや映画で100万回くらい
見たことあるようなストーリー+バリバリのCG映像なんて、
別に見たくもないなー私ゃ、
とか思っていたのですが、

観てきた人の「よかった!」っていう意見も多いし、
それじゃ見てみようかと。

そしたら今度は、2Dで見るか3Dで見るか、
それを迷うことに。

周囲の意見を総合すると、
2Dでいいと言う人と、3Dがいいという意見が真っ二つ・・・。
ああもう、なんて悩ましい映画なんだこれ(笑)。

で、悩むこと数ヶ月。(←悩みすぎ)。そして結論。


どうせなら最高の環境で見てやるう


というわけで思い切って、日本に4館しかないという、
IMAX シアターに行ってきました。

川崎の IMAX シアターは、
3日前からネットで予約しないと見れないという
盛況振りでした。
(いまどきそんな大混雑映画があるなんてスゴイ・・・
・・・E.T.以来なんでないの!?)

今回は字幕版を鑑賞・・・っつうことで、
IMAX シアターに入って席に着いたとたん、

スクリーンでかっ!!!

と思いました。
3Dメガネかける前から、すでにすごい迫力です。

で、本編の映画はどうだったかというと、


めちゃめちゃ映像が綺麗

いわゆる「飛び出してビックリ」系の3Dじゃないんですね。
奥行きがある・・・といっても、わざとらしい感じではなく、
すごく自然な感じなんです。

よく言われる「映画の中に入ったみたい」
というのは言い過ぎの感がなきにしもあらずですが、

かなり映画の世界に没入できました。
子供のころ、何もかも忘れて夢中になってテレビやアニメに見入ってた、
あのころの感覚に戻れる感じです。

そして、自分が今どこにいるのかわからないような、
ちょっと不思議な感覚にまでなりましたよー。
現実世界を忘れちゃうって言うと大げさですが、
没入しすぎてお茶飲むのとか忘れちゃう(笑)。
映画の中で主人公のジェイクがアバターの世界から戻ってくると、
自分もハッとわれに帰ってお茶飲んだりとかしてました(笑)。

特に惑星パンドラの夜のシーンなんて
めちゃめちゃファンタジックで綺麗でしたねー。
あのケサランパサランみたいなのが空間に舞っててさー。
ああー、現実の夜景より綺麗じゃん!!
とか思ってしまって、思わずうっとりです。
こりゃ、アバター鬱になる気持ちも少しわかる(笑)。

画像


そして、IMAX 3D劇場は、音響も素晴らしいです!
ものすごい臨場感。
ただ音がバカでかい、ってんじゃなくて、音も立体的でリアルなんですよね。

というわけで、すっごくよかったです!!
割引なしの 2200円払っても見る価値アリ!
そもそもジェームズ・キャメロン監督も、
最初から IMAX 3D 用にこの映画を作ったみたいですね。

キャメロン、SF 作品に戻って本領発揮って感じですね。
SF世界の構築にかけては、キャメロンは本当にうまいですよね。

今回の「アバター」は、ストーリー展開は平凡なものの、
シガニー・ウィーバーを初め、悪役キャラや
「強い女性キャラ」など、「エイリアン2」までの時代を
髣髴させる箇所がいろいろあって、なんだか懐かしい気分にもなりました。
あのころのキャメロン映画、好きだったなー。
「タイタニック」から嫌いになったけど(笑)。

いやーしかし、こんな驚きの映像体験はひさびさでした!
やっぱ3Dって、SFといちばん相性がいいですよね。
架空の世界に没入させたら勝ち!の世界ですからね。

次回はぜひ「エイリアン2」を3D化してくだされ!!
「タイタニック」はいいから!!(笑)。

あ、それともいつかは「ブレードランナー IMAX 3D」かなあ!?
いやーんどうしよう、もうこっちの世界に帰ってこれない(笑)。

「アバター 3D」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

"「アバター」やっと見た" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント