バカヤローの日/バカヤロー! 私怒ってます(88・日)

2月28日は「バカヤローの日」。

1953(昭和28)年、時の首相・吉田茂が衆議院予算委員会で、
西村栄一議員の質問に対し興奮のあまり、「バカヤロー」と
発言しました。これがもとで内閣不信任案が提出・可決され、
この年の3月14日に衆議院が解散しました。
いわゆる「バカヤロー解散」です。


で、今日は「バカヤロー!」な映画を。

「バカヤロー! 私怒ってます」

画像


*2007年3月21日まで、Yahoo! 動画で無料配信中です*
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00027/v00868/


森田芳光総指揮・脚本によるオムニバス・コメディ。
平凡な人々が「バカヤロー!」と思わず叫び出すまでの
さまざまなエピソードをつづります。

公開当時、まあそこそこ面白いけど、わざわざ映画館に見に来る
ほどでもなかったかーと思った映画(笑)。
でも、全4話のうち第2話「遠くてフラれるなんて」は
今をときめく「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の
中島哲也監督作品だったりします。
ま、この映画はぜんぜん普通の演出でしたけど。

それにしても安田成美主演のこの第2話、バブルの匂いが
プンプンです。眉毛太くて前髪立てたあのファッション・・・。
只今上映中の「バブルへGO!!」をわざわざ見に行かなくても、
リアルバブルが味わえます。

話として一番面白いのは、タクシー運転手の第3話
運転する身になれ!」かな。
大地康雄がいい味出しているし、イッセー尾形成田三樹夫
客の役で出てきます。
イッセー尾形が大地康雄の運転手に、アヤセは2箇所あるぞ!
とイジワル言って惑わすのですが、小菅のほうの綾瀬と、
もう一箇所は「川崎のほう」っていうのはちょっと違うような。
あの新幹線の駅を作るかどうかで一瞬だけ話題に上った
神奈川県の綾瀬でしょう。「厚木のほう」ですよね。
まあ神奈川県に住んでいても、ほとんど存在を意識しないような
ところですけどね。電車通ってないし。(綾瀬の人ごめん)
ふつう都心から厚木のほうの綾瀬まで、
タクシーで行きませんって。(笑)(行った人ごめん)

第4話「英語がなんだ!」の小林薫もいいですね。
(奥さん役、室井滋だったんだ。)
英語コンプレックスのサラリーマンぶりがおかしいです。
それにしても英会話学校であんなに苦労していたのに、
セクハラ外国人に「バカヤロー!」とキレたとたん、

「Fuck You Asshole!!」

って、なんでスラングだけはやたらうまいの(爆)。
外人パブとか、ホテル屋上のガーデンパーティ接待とか、
この映画も背景にバブルが香ってきますね。

というわけで、20年後の今見ると時代を感じたり、
出ている役者もなかなか感慨深いものが。
ぜひ無料配信で見て笑ってください。

しかしなんといっても秀逸なのは、
RCサクセションが歌うエンディング・テーマ
サントワマミー」の日本語バージョンですね!
この歌は当時から強烈に印象に残ってます。
時々カラオケでも歌ってみたり。
(しかし「ただ意味なく ブチこむけれど~」とかの歌詞が
すごく恥(笑)。あっでも日本語歌詞ほんと秀逸です。)

ゴールデン☆ベスト RCサクセションゴールデン☆ベスト RCサクセション
RCサクセション 忌野清志郎 仲井戸麗市

by G-Tools


これ聴くためだけにでも観る価値ありです。
ちなみにこの映画、シリーズ4作まで続編も作られました。
それらは観てないのですが、どんなもんなんでしょうね~?



人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント