電卓の日/ NINE (09・米)

3 月 20 日は「電卓の日」。

日本事務機械工業会が、1974(昭和 49)年のこの日に
日本の電卓生産数が世界一になったことを記念して制定しました。
1973 年、シャープが発売した世界初の液晶表示電卓
「エルシーメイト」の量産化が大きく貢献しました。


そんな「電卓の日」にちなんで、タイトルが数字の
この新作映画いってみましょうかあ。

画像


フェデリコ・フェリーニの名作「8 1/2」を、
「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が超豪華キャストで
ミュージカル映画化した作品です。

「8 1/2」は、しぶ~いマルチェロ・マストロヤンニが主演だったわけですが、
映画版の主人公・グイドはダニエル・デイ・ルイス、とくれば、
役に不足はないでしょう! ってことで、大いに期待。

「ギャング・オブ・ニューヨーク」、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」等、
シリアスな役柄が続いた D.D.ルイスが、ひさびさに
プレイボーイのダテ男役に戻ってきてくれて、私ゃうれしいっす~。
彼ももう50歳過ぎということで、年とったなとは思うものの。
ああ、「存在の耐えられない軽さ」のころが懐かしいっ!

女優陣も超豪華ですねー。
ペネロペ・クルスにマリオン・コティヤール、ケイト・ハドソン、
ファーギーらのセクシーさもさることながら、
ジュディ・デンチにソフィア・ローレンはさすがの存在感!

いや~それにしても、あの「8 1/2」がわかりやすくなって、
よかったよかった(笑)。
たまたま「8 1/2」も最近鑑賞したんですが、
かなり睡魔との闘いでしたからねー。
いやー、わからんわ、これは。

でもラストシーンは、「8 1/2」のほうが好きかな。
マストロヤンニの主人公グイドがテンパリまくったあげく、
開き直ってついにある種の悟りを開いちゃうところが、
よかったんですけどね。

ちなみに「8 1/2」は、「はっかにぶんのいち」と
当然のように私は読んでいましたが、
今どきの若者は分数をそんな風に読まないってえ?
「はちとにぶんのいち」なんでしょうか???
そんなの映画じゃねえー!!
(↑理不尽な怒り)

それはともかく映画版のタイトルは、グイド9歳の少年時代の原体験に、
よりスポットライトを当てて描いているので、「NINE」だということです。
それ以前に同タイトルで、80年代にはブロードウェイ・
ミュージカル化もされていますけどね。

しかし天才映画監督・グイドの身勝手さにはほとほとあきれるものの、
それでもモテてしまう理由もわかるのです。
まあ、ほっとけないですわな、ああいうタイプは(笑)。

しかしこの豪華キャスト陣、みんな歌も踊りも
こなしてしまうところがほんと、
ハリウッド俳優&イギリス舞台俳優の底の深さですねー。
どうせ見るなら、ぜひ映画館で観ておきたい一本です。

「NINE」の映画詳細、映画館情報はこちら >>


他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年04月01日 15:05
8 1/2、、たしかにようわからん映画だった。あのタイトルの意味は何?マストロヤンニが超もてまくりで、私もそりゃもてるだろうな~と。
この新作は、ほんときらきらと豪華のようですね。
D.Dルイス、「存在の耐えられない軽さ」、なつかしいっす。私の記憶の1ページには、妙にエロい映画だった、と記されていますが、そこがよかったのかしらん。(笑)
2010年04月01日 18:47
「存軽」って、そんなにエロいシーンはなかった気がするのですが、でもなぜか官能的なイメージがありますよね。DDルイス様そのものがエロだったのかしら~。ルイスと愛人のオトナな関係にちょっと憧れました。

8 1/2 って、フェリーニの8 1/2作目(と共同制作の1/2を含め)ていう意味らしいですよ。わりと業界楽屋オチな感じの映画だったような。私の苦手なタイプだ(苦笑)。