ごみゼロの日/ おさるのジョージ(06・米)

5月30日は「ごみゼロの日」。

関東地方知事会が1982(昭和57)年から実施、
各都道府県の環境美化推進協議会を中心に全国に広まっています。「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」の語呂合わせです。
ごみやたばこのポイ捨てはやめる、ごみはごみ箱に、
などマナーの実施を求めています。
 

ゴミを減らすための「3つのR」って知ってますか?
え、知らない?
じゃ、この映画のサントラを聴いてみてくださいな。

B000OI1FL6おさるのジョージ
アニメ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2007-06-14

by G-Tools


シング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージシング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージ
ジャック・ジョンソンandフレンズ ジャック・ジョンソン ガレット・ダットン

by G-Tools


このサントラの中に「The Three R's」という曲が
入っています。ゴミを減らすための
リデュース、リユース、リサイクル」の「3つのR」について、
子供にもわかりやすいように歌った曲です。
今日のテーマにぴったりだから、歌詞を載せておきますね。


The Three R's

Three it's a magic number
Yes it is, it's a magic number
Because two times three is six
And three times six is eighteen
And the eighteenth letter in the alphabet is R
We've got three R's we're going to talk about today

We've got to learn to
Reduce, Reuse, Recycle
Reduce, Reuse, Recycle
Reduce, Reuse, Recycle
Reduce, Reuse, Recycle

If you're going to the market to buy some juice
You've got to bring your own bags
and you learn to reduce your waste

And if your brother or your sister's got some cool clothes
You could try them on before you buy some more of those

Reuse, we've got to learn to reuse
And if the first two R's don't work out
And if you've got to make some trash
Don't throw it out
Recycle, we've got to learn to recycle,

We've got to learn to
Reduce, Reuse, Recycle
Reduce, Reuse, Recycle
Reduce, Reuse, Recycle
Reduce, Reuse, Recycle

Because three it's a magic number
Yes it is, it's a magic number
3, 3, 3
3, 6, 9, 12, 15, 18, 21, 24, 27, 30, 33, 36
33, 30, 27, 24, 21, 18, 15, 12, 9, 6, and
3, it's a magic number

(抄訳)

リデュース、リユース、リサイクル
ゴミを減らして、再利用、リサイクル
お店でジュースを買うときは、
自分のバッグを持っていってゴミを減らそう

もし、お姉さんやお兄さんがカッコいい洋服を持っていたら、
新しい服を買う前に、それを試してみよう

再利用することを学ぼう
最初の2つのRができなくて、
ゴミを出さなきゃいけないときは、
捨てないでリサイクルしなくちゃ



とまあ、そんな曲。
映画「おさるのジョージ」のサントラには、
そんな心優しい曲がいっぱい詰まってます。

音楽を手がけたのはジャック・ジョンソン。
映画の中でおさるのジョージは言葉を話さないので、
彼の歌の歌詞が、そのままジョージの心の声になっているのです。
だから非常に素朴でシンプルな歌詞だし、
曲の感じも平たく言ってしまえば「癒し系」、「なごみ系」。
だけどじっくり聴いてみると、深くて力強いメッセージが
込められているのが伝わってきます。

たとえば、映画冒頭でかかるこの映画の主題曲
「アップサイド・ダウン」。

世界をすべてひっくりかえしてしまいたい
そうすれば、いままで見えなかったものが見えてくる
地球は回って、毎日新しく生まれ変わってる
不可能なことなんて何もないさ
みんなで大地の歌を歌おうよ…


地球や生き物への愛、そして平和へのメッセージが
込められているようです。
歌詞つきで聴いているうちに、じわじわ感動してしまいました。

映画のほうは、CGアニメ全盛の中、あえて手書きセルアニメで製作されました。
原作はいわずと知れた有名絵本『ひとまねこざる』こと
キュリアス・ジョージですね。
絵本のタッチを活かすには、実写でもCGでもなくセルアニメ!
ということになったようです。

ところが、やはり今どきセルアニメはやっぱり流行らないのか、
興行成績はいまいちだったような。
せっかく製作のロン・ハワードが、絶滅寸前のセルアニメーターを全米から引っかき集めてきたというのに。

あとジョージのイメージが絵本と違うとか、
ストーリーが子供向けすぎるとか、いろいろ批判もあったようで。
でも私は、この素朴なアニメが大好きです。
CGアニメって、どこか無機的な感じがしてしまって。
まー私は、昔のなつかしアニメで育った世代ですからねえ。

それに絵本とタッチが違うとはいえ、
絵本で使われていない色は、いっさい使用していないそうです。
また、車など、機械的な小道具がわざと輪郭を丸くしてあったり、
独特なデフォルメが施してあるのも見ていて楽しいです。

ともあれ、小さいお子さんならきっと喜ぶアニメです。
で、そういうアニメが私はいちばん好きだな。
大きいお友達も、ぜひ一度ごらんください!

*しかしどうして、おさるにラテを飲ませたらいけなかったんだろう?


人気blogランキングへ

他の映画記事を探す!

【記念日と映画の366日リスト】

"ごみゼロの日/ おさるのジョージ(06・米)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント